FC2ブログ

毎日更新!LuckyDuckyDiary

いらっしゃいませ。毎朝6時には更新します。さっくり読んでいってください。コメントくださった方はリンクさせてください、相互リンク歓迎、リンクがダメな方は連絡お願いします。

一目ゴム編みの謎

出来なかったら、どうしよう。
こういうことを考えると、あまり新しいことには手が出したくならないものだ。
子供のころから、案外こういうタイプだった。

私は、小さいころに棒針編みとか、かぎ針編みをちょこっと、教わっていたのだが、とても基本的なことしか知らない。
つまり、棒針編みでいくと、「一般的な作り目」「表目」「裏目」「2目1度」「伏せ止め」ぐらいしか知らない。
でも、これでもなんとか、なっちまうのが編み物のすごいところといえば、すごいところ…。

セーターのすそが、微妙に伸びづらい。首がぎりぎりね、とか。袖口が手を洗うとき濡れるけど、まくれない(きついから)。つまり、「一般的な作り目」とか、「伏せ止め」しか出来ないとそうなるわけだ。

でも、ゴム編み止めとか、ゴム編み用の作り目とかは、「むずかしそう、やったことない」。しょうがないので、私はかなり太い針を2本使って「指でかける一般的な作り目」でゴム編みスタート、ゴム編みで終了の時は、編んだ針より2号以上太い針で伏せ止めをすることで、この不便を回避していた。
メリヤス編みでロールするタイプのものが編み物の本に出てきた時はうれしかった。セーターの首がリブになってない、なんていう本は、昔はなかったものね。

 大体、昔の…今から20年とか、30年とか前の本だと、「そんなもの、ほとんど説明してない」本だってたくさんあった。そういうことは「できるもの」または「できる人がそのあたりにいるもの」だという前提の下、編む方向が裾方向から肩に向かってそのままゴム編みスタートで編むのか、別糸で作って、本体を編み終わってからゴム編みをくっつけるのか…ということはわかっても、その程度。
 わかんないことがあったら、お母さんに、おばあちゃんに聞けばいいでしょ的、説明の省き方だった。
そうなんだよね…編み物って、隣でやってもらうと、すぐわかるようなことでも、言葉と、イラストだけで説明されていると、全然わからないことがある。
 
最近は動画があるから、ましだけどさ。

 今年は、久しぶりに編み物をやってみることにしたので、私は市民だよりで見た図書館の交換会に出かけた。
 これはなにかというと、市の図書館で、要らない本をみんなで持ち寄って、みんなで持ち帰りましょうという企画。
 私も、もうこれはいらないな、という手芸本を一山持ち込み、そういう本を物色して持って帰ってきた。

「チャレンジニット 男が編む!2冊目」。
 …という本を発見。お?これ1冊目私もってるぞ?

なんていうのか「編み物を全然知らない人に説明している」本で、なんていうのか、説明がわかりやすいというか、うまいというのか…。たとえば、表編みと、裏編みが出来るようになって、そのあと、右上二目一度が、「左の針から右の針に1目移動させて、次の1目を編み、さっき移動させた1目をかぶせる」という説明に、写真が4枚も。

 本を見たら昭和58年ってものすごい古い本だったけど、編み物なんて何十年も基本は同じのはずよね…。

見ていると、「一目ゴム編みの作り目」の説明も乗っている。
 「一目ゴム編み止め」も。セーターを編むのにチャレンジしているのが全部男性!そりゃ、そういう題名の本なんだものね。そして全員、初めて編んでみた人。
出来そうな気がしてきたので、その本をもらって帰ってきた。

 家に帰って、適当なアクリル毛糸でまずゴム編みを編んで、違う色の糸を針にとって、この本の説明をみて「一目ゴム編み止め」をやってみた。
…出来てるかも…。
 多分、糸の通り方が絵と同じになっていると思う。

 覚えられるか…といわれると微妙だけど、このイラスト見ながらやったら、たぶんOK!

 つぎは、一目ゴム編みの作り目。
別糸の鎖から、拾い目をして、これが1段目、2段目は裏目を編んで、3段目は表目を編む?

…これはフツーのメリヤス編み…ではないの? 

3段編んでからが本番らしい。 
青文字は引用:
写真のように針をいれて
この糸 (”半目のシンカーループ”という名前)を左針にかける
今かけた糸に裏目1目を編む。なぜそうするかは、やっていくうちにわかってくるからネ。

…だって。こんな本、みたことなーい!
シンカーループを拾って、表目、次に左針の目を裏編み…の繰り返し。

やってみたら、ちゃんと出来た。針から外して、伸ばしてみたら、この作り目、すごい伸びるし、みかけもきれいだし…。
今度からゴム編みからスタートする時は全部これにする!!と思ったぐらいきれいだった。

 手持ちの編み物の本の、ゴム編みの作り目の説明(今まで読み飛ばしていたところ)を何種類か読むと、引きあげて編むとか、交互に編む目と滑らせる目があるとか、袋編みを編むとか????となって、わからないのもあったけれども、基礎本に同じことをやっているようだというのもあったので、多分説明の仕方によって、私がわかりやすいかどうか、ということなんだろうな。

 2目ゴム編みの作り方も、このチャレンジニットの本にあって、ちゃんとわかった。
 目を入れ替えながら編む、とかやらなくていいの。普通に、さっき見た一目ゴム編みの編み方とそっくりだった。
 
 この本、他のも買う。1冊目も買う。ネットって便利ね、アマゾンもね!
 
 4は買えた。楽しみだ。(手元にあるのは2)

ちなみに、この本を書いた人は橋本治さんらしい。
 えーっと「桃尻語」とかで(当時の)ギャル語で古典を訳した人だよね、読んだことあるぞ。
 この日本語のわかりやすさは、さすが文筆業。

なんていうか、ものすごい編みこみセーターの写真が載ってる…。
 着物の柄みたいなの。この人、作家をやる前か、後かは知らないけど、編み物を本格的にする人だったらしい。

 編みこみも、やったことないんだよね…。出来るようになるといいんだけど。
 今年は、ちょっとチャレンジしてみるかな。北欧っぽい柄の手袋とかが編みたい。ミトンでいいから。

 シンカーループなんて聞いたこともなかったけれども、そういうのはネットで調べたら、出てくる。
 問題は、「わからないことが、なになのか」すらわからないところにあって、検索しようにも、検索語がわからない状態。
 ちょっととっかかりがわかれば、それなりに調べようもあるというものだ。
 
でも、この作り目がどう呼ばれているのか、わからなかった。
 ブログに貼ろうと思ったのになあ。
【ここのサイト】の下半分のほうの作り目と多分同じだと思う…けどこれはただ単に、「別鎖を使うゴム編みの作り目」と呼ばれているのか…。

 えー。ねえ、これ、、全然難しくなかった気がする!一往復袋編みを編むとか、指でかけるのがこう…一般的なのと違うのとか、全然わからなかったのにー。
 私が読んだ本には、この作り目のやり方が載ってなかっただけだったりする?
 
またはこの本の説明がすっごくよかったか、どっちかだ。もっと早く、やってみればよかったなあ…。

何はともあれ、これで「一目ゴム編み」の謎は、解けたのがうれしい。

Top

HOME

    思ったことを何でも書くゲーマーブログ。リンクはご自由にどうぞ。

    まこ

    Author:まこ
    どこをクリックしても一銭にもならない、ただの主婦の日記帳です。
    ゲーマーで、本好きで、クラフト好きです。

    10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    この人とブロともになる