FC2ブログ

毎日更新!LuckyDuckyDiary

いらっしゃいませ。毎朝6時には更新します。さっくり読んでいってください。コメントくださった方はリンクさせてください、相互リンク歓迎、リンクがダメな方は連絡お願いします。

ファスナー付きは、飛躍だった。

お裁縫は、子供のころは苦手だった。学校で「家庭科」なんていうのをやらなきゃいけなかったころは、しょっちゅう居残りをする羽目になったものだ。
  不器用だったし、小うるさい家庭科の先生もちょっと同情してくれるぐらい、手が遅く、出来上がったものもお世辞にもいい出来とはいいがたかった。小さいころに、教えてもらったかぎ針編みや、棒針編みは、難しくなければ出来るが、縫物はもう、からっきし。
 
 これに変化が出たのは、子供が生まれてから。子供…というか、幼稚園。幼稚園の3年保育が始まる年の前の年に、「プレ幼稚園」といって、短時間子供を遊ばせてくれるというのがあって、それに出た年からだったと思う。

 スモックが必要、手提げ袋が必要、給食マットが必要…、お着換え袋が必要。
 そして、3歳ぐらいの時にはすでに本を読んでいた私と違って、息子は、全然文字なんか読んでくれなかった。ほかの子と同じものを持たせると、自分のものがぱっと見分けがつかない。

 雪深い地方で、子連れで買い物に出られる店が全員狭い範囲に限られるとなると、持ち物は、バラエティが減る。刺繍をするとか、目立つアップリケなどをしていただけると助かります…とか、そういう話になってしまって、私は、決心したのだった。「多分…人生で、一番、縫物が必要な時代が、今来たのだ」と。


 手芸屋さんで、「一番簡単な、スモックの型紙ください」「一番簡単な、袋の作り方が書いてある型紙セットください」と頼んで、作ってみたわけで。
 給食袋、手提げ袋、上靴袋クリア。スモックも、何とかクリア。直線ばっかりで、首は無理矢理にゴムで縮めるという、目からうろこの作り方だった。
 急がないで、ゆっくりやること。しっかり計って、しるしをしっかりつけること。ミシンは一番低速で、縫い目の長さを大きめにして縫うこと。アイロンを多用すること…。結局、「丁寧にゆっくりやりましょう」ということで、「時間内になんとか仕上げましょう」だった家庭科とは違いが出たらしく、どうにかこうにか…。という感じだった。

 給食マットも、多分、こういう風にしておけばいいかも?ぐらいのてさぐりで作ってみたりして、だんだん経験値が上がったころに、引っ越しして、幼稚園グッズは最初っから作り直し(規格が幼稚園ごとに全然違う)。回数をこなせば、だんだんうまくなる上に、入園した幼稚園は、前の幼稚園よりも、もっと手作り推奨だった。いや、あれは推奨、じゃないな。強制だ。

 バザーの時に、そういうのがうまいママさんたちに教えてもらいながら、エプロンや、なんとか袋ぐらいなら上手くいく、というところまでは行きついた。

 かんたんな服を縫ってみたり、かばんを作ってみたり、カバーを縫ってみたり。手提げ袋ぐらいなら、はいはい、しょーがないな、とその日のうちに作れるようになったのだから、これは子供のころから比べたらすごい進歩だ。

 それでもやっぱり手が出なかったのが、「ファスナーがついていて、裏地もついている袋」。
裏がどうでもいいのなら、ファスナーを中心にして、左右に布をぬいつけてから、ファスナーを開けて、コの字型に布を縫って裏返せば、外からは見かけがそれほど悪くないファスナー付き袋が縫えるんだけど…。

 それに裏地がついていて、中を開けても縫い代が見えない袋となるとお手上げ。

こういう動画を発見して、おお!と思って作成してみた。

接着芯がなかったので、貼らなかったけど、貼ったらきっともっと、ぴんとしたポーチが出来たかも。
ファスナーで、ほしい長さのものがなかったのもあって、ちょっと端がきれいじゃないけど、そんなこと、いい。
まず、構造と作り方が分かっただけでも、大進歩!

 うれしかったけど…でもこれが、うれしいことなんだな、ってことがわかってくれる人が我が家にはいないので、誰かに言いたくて書いたブログでした。

Top

HOME

    思ったことを何でも書くゲーマーブログ。リンクはご自由にどうぞ。

    まこ

    Author:まこ
    どこをクリックしても一銭にもならない、ただの主婦の日記帳です。
    ゲーマーで、本好きで、クラフト好きです。

    10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    この人とブロともになる