FC2ブログ

毎日更新!LuckyDuckyDiary

いらっしゃいませ。毎朝6時には更新します。さっくり読んでいってください。コメントくださった方はリンクさせてください、相互リンク歓迎、リンクがダメな方は連絡お願いします。

ちょっとすれ違い

夫と息子が、楽し気にプラモを作っているので、私もちょっと手伝ったりして。
今回、私がふと通りかかった、中古ゲーム屋のワゴンになぜか、プラモの箱が積んであった。

ガンダムのプラモ、180円?なんじゃそら。1/144という比率も、普通の…に見える。こういうプラモは新品を買うと、500円前後、安くても350円はする。箱の中身をチェックすると、中の袋は未開封!ってことは、新品だ。

これは、息子が喜びそうっ。というわけで、180円出して買って、その箱を写真に撮り、夫に「見てこれ、ワゴンセールにあったよ、180円」とラインしたら、「あ、それ、ほしい!」と夫からの返事。

 「大丈夫、買っといたから!」と送って、上機嫌の私。

 ちなみに、あとからわかったのだけど、これは「初代ガンダム」ではなくて、「ガンダムシード」というシリーズのガンダムで、色合いとか、細部が違うらしい。確かに、色が、白、赤、黄、青のガンダムじゃなくて、緑っぽかった。

 というわけで、家にある色だけでは、塗料が足りない。

 週末の朝に、時間が空いていそうな、夫と息子を誘ってみた。
 「駅前の文具店で、アクリル塗料見ない?」

 その日はいい天気で、かなり暖かい…じゃないな、むしろ「暑い」日で、夫の返事は、「えー、夕方もっと涼しくなってからの空き時間に行こうよ」であった。

 休日の夕方は、空き時間は私にとっては「空き」ではない。用事は、ないように見えても、「夕飯の支度」があるからだ。
 「何時ごろを想定してる?」
と聞くと、「4時ぐらい?15分かけて歩いて、1時間か、1時間半ぐらい見て、15分かけて帰ってくるぐらい」

 夕飯の用意をする時間に、もろ被り、ということだ。まあ、作り置きというのはあるけど、なるべく「出来立て」とかさ、そういうことも考えているわけだから。

 これの、外出後バージョンも結構、むっと来るんだよね。
 つまり、出かけて、結構疲れて帰る帰り道に、「ごはんは、テキトーなものでいいからさ、軽く食べて、ふろに入って寝ちまおうよ」というような発言がね。

 これは、夫と息子は、黙って待っていれば、ごはんが出てくるという感じなんだろうけど、さすがにいくら「軽く食べ」てといっても、ごはん、汁もの、メインとサブで2つぐらいは作らないと、「ごはんにお茶漬けノリ」というわけにも、いかないでしょうがよ。私一人ならそうしちゃうかもだけど、息子がいるとねえ。

 私はといえば、えーっと今から買い物に行っている時間はないから、冷蔵庫に、なにがあったっけ、あれとこれと、…冷凍庫にあるのと…なんて考えて、家に帰ったらすぐ、炊飯器をお急ぎ炊飯にして…とか、段取りを考えて…みたいな「すごく忙しいモード」に突入を余儀なくされるわけで。

 疲れているのは全員同じでも、そのあとのくつろげるまでの所要時間が違う。夕飯の片づけだってするわけだし。

 うちの夫は優しい人だと思う。でも、料理とか、家事をする人ではないので、このあたりのすれ違いは、埋めようがない感じ。

 この解決策は、2つ。1つは、だまって頑張って作ること。節約になるし、確かにバランスも悪くないものが食べられるし。
 もう1つは、「このくたびれた状態で作るのが嫌なので、外食して帰りましょう」と提案すること。

 彼は、何にも考えていないので、どっちでも気にしないだけなんだよね。
 外食する時のお金は出してくれる。文句を言われるわけでもないし、「おいしかったねえ」ってなって終わり。

 だから、これはムッってなっちゃいけないんだよ、多分。
 
 んーーーー。はっきりと、「夕飯の支度があるから、みんなで今、買い物に行きたい」といえばよかったんだろうなあ。なんとなく、言いそびれた。

 ムっとなった自分がおバカさんな気もするし、わかってくれてもいいのに、という気もする。
こういうのって、よその家ではどうしているんだろうなあ。聞いたこと、ないや。

Top

HOME

    思ったことを何でも書くゲーマーブログ。リンクはご自由にどうぞ。

    まこ

    Author:まこ
    どこをクリックしても一銭にもならない、ただの主婦の日記帳です。
    ゲーマーで、本好きで、クラフト好きです。

    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    この人とブロともになる