FC2ブログ

毎日更新!LuckyDuckyDiary

いらっしゃいませ。毎朝6時には更新します。さっくり読んでいってください。コメントくださった方はリンクさせてください、相互リンク歓迎、リンクがダメな方は連絡お願いします。

夏休みの工作

夏休みの宿題で、鉛筆と紙を使ってやるものはまだ、マシだ。コツコツやる必要はあるものの、あれはかかるのは時間だけ。作業系が多いので、そのうち終わるし、1日のうち、いつだって出来る。

問題は、「自由研究」。研究という名前がついているものの、息子の小学校では工作とか、手芸系統のものを出してもいいことになっている。研究っぽい「調べもの学習」でもいいのだけれども、息子は正直、あんまりそういうのを一人でやらせておいてもどうにかなるタイプではない。

 大体、じゃあ、「世界で一番大きいなんとかは!」みたいな、それがわかったところでどうやって研究にまとめるのだ…というような単発のアイディアは出る。が、なんていうか…それを宿題として提出できるところまでまとめるのは一人では無理。

工作は、じゃあ一人でどうにかなるのか?というと、「こういうことををやるものがあったらいいと思う」というところまでは、アイディアが出るのだが、それをどうやって形にするか…ということは、すごく現実味がないというか、物理法則から言って無理。というようなことになって、これも一人で提出できる宿題になるか…というとまず、無理。

小学生男子の頭の中って、結構バカかも、と思う瞬間だ。高学年になっても相変わらず。

そんな、絵に描いた餅みたいな楽しいアイディアは、普段考えているには楽しくても、効率よく宿題を済ませようとなると…というわけで、お母さんはおせっかいを焼きたくなるわけだ。

本棚でも作っとく?という提案に、じゃあそうするよ、となったので、高さと幅が何センチ、と決めておいてから、ホームセンターへ。
昔は夏休みになると、本棚や、マガジンラックが作れるとか、模型の水車小屋(なぜ水車?)が出来るとか、そういうキットがあったものなのだけれど…と探したけれども、全然見つからず。さすが少子化だ。

 板を選んで、ホームセンターの作業場のレンタルの電気のこぎりで切って帰ってきて、定規と鉛筆で穴の位置を決めて、私の電動ドリルで穴あけ作業、のち電動ドライバーでネジを締めたらあっという間。

 全作業1時間もかからなかった。よし、終わり!と思ったら、息子が色を塗りたいと言い出した。
 それも、スプレーペイントで。えええ?どこで塗るのよ…。
 でも、親としてはやったことないから、やってみたい、と言われると弱いんだよね…。

しょうがない、ホームセンターの工具レンタル室でサンダーを借りて、表面を整える。
さすが、手でやるより早い。初めて使ったけど、結構いい。掃除した時間まで入れても30分以下。

マンションの玄関前の個別スペースに、ごみ袋を切り開いて養生テープで貼り、スプレーペイント(それも黒)を塗ることに。
だから!斜め下に向けて塗れってば!!壁にも一応ビニール貼ってるけど、見当違いのほうへ向けない!!とがみがみ言いながら塗らせた。

一番小さいスプレーペイントで塗れるかと思ったのに(面積を計算したら余裕のはずだった)足りなくなって、息子はもう一度買い物に行くことに。

 そして塗った後も、塗料がないほうのガスを使い切り、残ったほうはビニール袋の中で中身を出し切って、両方に穴をあけてという作業は私がやった…ああ面倒くさかった!!!

 塗りムラもあるけど…ちょっとはみ出たところが玄関先に薄黒く残ったけど…。

やれやれ、終わった。息子も、スプレーがこんなに飛び散って面倒だということはわかった模様。
スプレーが余ったら、ステンシルをやらせてくれと(息子はこの言葉を知らなかった。でも、紙を乗せた上からスプレーして、その紙をどけて、とか言っていた)言っていたのだが、勘弁してもらった。

 それは、水彩絵の具と、網と歯ブラシでやろう、と提案したが、「シューってやりたかった」のだそうで断られたけど。

趣味で、模型とかを室内でスプレーペイントで塗っている人はどうしているんだろうねえ。

Top

HOME

    思ったことを何でも書くゲーマーブログ。リンクはご自由にどうぞ。

    まこ

    Author:まこ
    どこをクリックしても一銭にもならない、ただの主婦の日記帳です。
    ゲーマーで、本好きで、クラフト好きです。

    06 | 2017/07 | 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    この人とブロともになる