FC2ブログ

毎日更新!LuckyDuckyDiary

いらっしゃいませ。毎朝6時には更新します。さっくり読んでいってください。コメントくださった方はリンクさせてください、相互リンク歓迎、リンクがダメな方は連絡お願いします。

俺化、完成か。

ずーっと「僕」といっていた息子だが、最近「オレ」が混ざってきているのに気づいていた。

段々頻度が増え、お友達が一緒の時はたいてい「俺」となっていたので、多分、このあたりで「俺化」が完成したと思う。

もっと小さいころ、例えば幼稚園ぐらいから、オレ、と言っている子はいたので、いつになったら、言い換えるんだろうなあと思っていたのだけれども、ついにきたかー。
甥の兄弟のうち、兄の方は、幼稚園ぐらいからオレ、といっていたし、その弟も、お兄ちゃんの真似をして、まだ舌が回らない頃から、「おりぇ」と言っていたぐらいだった。別に教えたわけでもないのだが、うちの息子はずーっと「ボク」と言っていた、この違い、どこから出るんだろう。

 英語では、全部「I」だ。これはとてもすっきりしている。
 ボク、あたし、俺、ワシ、私。全部「I」。だから英語圏で暮らしていると、こういうことをあんまり意識しない。
 日本に来て、水商売の女性に入りびたり、日本語の勉強をちゃんとしていなかったアメリカ人が、かなり話せるようになってから、日本語の先生に、ちゃんと勉強しないと、と言われて、「でもしゃべれるようになったから」と言ったら、日本語を話している相手は、キャバクラの女性だろう、と指摘されて、さすが、日本語の先生、わかっちゃうんだ?とびっくりしたという笑い話はあるが、「えーー?そうなんですかー?ワタシ、そういうの好きなんですー」と話すのは、大概若い女の子であって、これを男性がやったら、かなりヘンテコ…というのは、日本人ならすぐわかっても、Oh, really? I like itだったら、性別は字に書けば不明だから、日本語に詳しくなければ、引っかかると思う。

 日本語のアニメが大好き…という外国人は多い。自分の言葉に翻訳されたものを見るだけでなく、日本語でも見てしまうという猛者もいる。翻訳は遅いし、合っていないこともあるのは、日本語化された外国映画とかと同じ。ニュアンスが変わってしまうのがいやだから、と頑張る人が多い。そういう人が日本についに留学なり仕事なりでやってきて、日本語を駆使…すると、アニメで覚えたんだね、ということがわかっちゃったりする。

 魔法少女系の可愛いアニメが好きだ、とかそういうことも。なぜならその男性は、えらくかわいい口調でしゃべったから。
 絶叫系の指示が多い戦争もののアニメが好きだったりすると、そういう口調もうつったりして、「殲滅」とか、「迎撃」とか日常に使わない言葉がやたらに多かったりして。

 アメリカに長く暮らすと、そういう日本好きに遭遇する機会もあったのだが、主語と語尾の性別と年齢における変化の付け方の説明には、大概苦労した。英語には、そういうコンセプトがあんまりない。一応、ティーンなら使う、というようなJargonと言われるものは存在するのだが、(いうなれば、業界用語のような)日本では、割ときっちりした発表や、先生の講義にも、ある程度「男女差」があるということ、日常会話には、もっとはっきりと年齢とか、立場の上下によって変わってくること…を説明すると、大概の人は頭を抱えた。これは気を付けて勉強しないと、わかりにくい。

 男性だと、フォーマルな場では「私」、カジュアルな場では「僕」で、まず間違いはない。同年代の男性ばかりなら、「俺」でも。
 女性だと、全部「私」で通していいが、特に丁寧な時は「わたくし」ということ。
というと、なぜ女性だけ、1個でいいのだ、と言われたが、説明出来なかった。

 「俺」は「僕」より、乱暴というか、ワイルドな感じが足されること、「私」は男性が使うとフォーマル用であること、「わたくし」となるともう一段丁寧になること。それに年齢別の規定があって、ティーンぐらいまでなら、フォーマルでも「僕は」と言ってしまって良くて、「私は」を要求される機会は少ないこと。と説明しながら、これは、無意識にやっているけれど、意外と細分化されているのだな、と思った覚えがある。

 アニメの主人公が、誰の前で、「俺は」というか、見ると分かるよ?という話もしたけれど、どこでも「俺」というキャラが多いらしく(ワンピースのルフィとか)これはアニメでは学べないようだった。
 ドラゴンボールで、「オラ」というのは、「田舎者」というニュアンスが足されることも教えたら「へーーー。」という感じだったけど。
途中で亀仙人が、「オッス」という悟空をごつんとやって、「おはようございます」と言いなおさせるシーンで、こういうふうに、挨拶にも、「身内むけと対外向け」で違っていて、丁寧なのが…という説明ぐらいまでくると、日本語、ムズカシイ…と言われた。

 そんなわけで、うちの息子は、ワイルドなティーンに向けて、準備中らしい。
 アメリカではこの年齢のことを、tweenというのだって。between(~の間に)と、teen(13から、19の年齢をこういう。単語にteenというのが付く年齢のこと)という単語から派生していて、子供時代と、ティーンエイジのちょうど間ぐらいだから、こう呼ぶらしい。大体、9歳ぐらいから、14歳ぐらい。14歳はfourteenなんだから、ティーンだよね、と思うのだが、割と遅咲きのティーンは、14ぐらいでもかなり子供なので、こういう定義になっているらしい。

寝ぼけているときに声をかけると、まだ「ボク」なのがかわいい。
 

Top

HOME

    思ったことを何でも書くゲーマーブログ。リンクはご自由にどうぞ。

    まこ

    Author:まこ
    どこをクリックしても一銭にもならない、ただの主婦の日記帳です。
    ゲーマーで、本好きで、クラフト好きです。

    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    この人とブロともになる