FC2ブログ

毎日更新!LuckyDuckyDiary

いらっしゃいませ。毎朝6時には更新します。さっくり読んでいってください。コメントくださった方はリンクさせてください、相互リンク歓迎、リンクがダメな方は連絡お願いします。

カプリコの思い出

カプリコというグリコのチョコレート、みなさん覚えていらっしゃるだろうか。
覚えている…というか、現在も販売されているので、お店で見かけることも多いと思う。
正式名称は、「ジャイアントカプリコ」。小さいのがパックになったのも、ある。

でも、これは案外、大人になったら食べないチョコな気がする。

昔…。私が田舎の子供だった頃、これを、オヤツに出すおうちは、「お金持ち」だった。
ほとんどの子が兄弟姉妹がいた田舎のこと、これは1人に1つが基本のお菓子だから、不経済なのだ。
遊びに来たお友達の分まで頭数出すとなれば、袋入りのお菓子なら4人100円で済むところが、カプリコだと400円。

もちろん、貧乏だった私の家では出るはずのないお菓子であった。
故に…最初に食べた時の衝撃はなかなかのもの。
一応、コーンに入ったアイスクリームには、経験があった。でも、エアインチョコ(という言葉は当時、なかったと思う)は初めてで、さらにコーンに入って、手に持って食べるチョコレートというのは、かなりの珍しさ。

私はそのイチゴのカプリコを少しずつかじりながら、世の中には、おいしいおやつがあるものだ…と、おばーちゃんちで出る芋けんぴや、鈴カステラとの違いをかみしめたのだった。
ちなみに、当時は、「チョコレートをたくさん食べると鼻血が出る」といわれており、板チョコでさえも、子供にはたくさん食べると体に悪いという風潮があった。現に、当時伯父には、パチンコでとった特大の板チョコレートを丸ごと何枚も食べて鼻血を出した、というエピソードがあったらしい。本当かどうかはわからないが、当時のチョコレート、一体なにが入っていたのだろう。


そのあと、「ぬーぼー」「霧の浮き船」なんていうエアインチョコレートもあったけれど、この分野、そういえばあまり競合商品がない気がする。今は、霧の浮き船のほか、「ぷくぷくたい」という最中入りチョコレート、あれが確かエアインチョコだ(結構おいしい。どっちかと言えば駄菓子系の味だが、実は好き)
 カプリコは、大人になって、1人暮らしをした時、心ゆくまで食べて、なおかつ子供がもっと小さい頃は、オヤツに「ミニカプリコ」を出して、自分が好きなヨーグルト味だけ自分で食べて、残りは息子に食べさせたりとか…で、もう十分食べたな、と思っていたのだけど、今回、「カプリコのあたま」という商品をみかけて、つい買ってしまった。

 これはつまり、イチゴカプリコの、てっぺんだけをひと口サイズにした商品のようだ。
 
ジャイアントカプリコは、上の方こそ「XX味」とかいてあるパッケージの通り、たとえば、イチゴとか、ヨーグルトとか、カスタードプリン(確か、期間限定にこんなのがあったと思う)とか、メロン、京都に旅行すると抹茶味とか…そういう特殊な味だったりするのだけれど、途中から、普通のミルクチョコレート味になってしまう。
 いつも、最後まで上の方と同じ味ならいいのに…と思っていたので、なるほど、ここだけ食べたいのは、私だけじゃなかったんだなあ、と思った。
 
 イチゴカプリコが好きなら、すごくいいと思う。確かにおいしかった…
おいしかったけど、やっぱり、カプリコはコーンに入っているのがいいなあ…という気もした。

 カプリコの、いいところは多分、あのコーンにあると思う。コーンだけ食べてもおいしくないけど、でも…。
 久しぶりに、ジャイアントカプリコ、買って食べようかな。

もしかして「カプリコの頭」は、カプリコの試供品なのかもしれない。

Top

HOME

    思ったことを何でも書くゲーマーブログ。リンクはご自由にどうぞ。

    まこ

    Author:まこ
    どこをクリックしても一銭にもならない、ただの主婦の日記帳です。
    ゲーマーで、本好きで、クラフト好きです。

    04 | 2017/05 | 06
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    この人とブロともになる