FC2ブログ

毎日更新!LuckyDuckyDiary

いらっしゃいませ。毎朝6時には更新します。さっくり読んでいってください。コメントくださった方はリンクさせてください、相互リンク歓迎、リンクがダメな方は連絡お願いします。

簡単、手抜きプリン(リベンジ編)

前回作って、息子には"'s grainy"と渋い顔をされたプリン。
「ぶつぶつしている」のをこう表現するらしい。つまり"It is grany", grainというのは穀物の粒みたいな「粒」のことを指すので、こうなるんだろうな。

夫がいうには、「そのカップ、かわいいけど、前はこう、もっと平べったい大きいので作ってなかった?」って。うーん。
長期渡米の時は、私はプリンを耐熱ガラスのパウンドケーキ型で作っていた。アメリカは卵と牛乳と砂糖が安い。牛乳を1リットル、卵を10個入れたプリンはかなり大きい。パウンドケーキのようにスライスして食するのである。

さすがに、20代の頃ならともかく、今そんな食べ方をしたら絶対、むくむくと体重増加するのは目に見えているので、プリンは卵3つ、牛乳300mlぐらいで作ることにしている。

多分まだ2000年になっていない頃、ネットで見かけたレシピでつくったんだけど、多分レシピの出所は【プリンワールド】だったはず。

でも、私が覚えているレシピとは違っているので、もう当時のレシピはないのかも。

当時のレシピは、卵1個に牛乳100ml、グラニュー糖大さじ1杯。私は、4グラムちょっと切るぐらいの角砂糖を家で使っていたので、それを4つ。

卵はどのサイズでも別に困ったことはないけど、大体高いので大きいのを買わないから、Mサイズで。白身も黄身も全部使う。
黄身を多めに入れるレシピもあるみたいだけど、どうせあとで濾したとき、ざるに白身が残っちゃうので最初から分けなくてもOK。

卵と、砂糖を混ぜる。泡だて器はめんどうなので出さない。大き目のフォークで混ぜちゃってるけど、問題は出たことがない。
ただ、「泡立てない」と書いてあるレシピは多いので、あんまり長時間力強く混ぜない方がいいと思う。なんとなく混ざってればいい。

牛乳を鍋で温める。鍋の周りに、泡がずらっとならんできたーー。というぐらいでとめる。
牛乳が盛り上がってきて、もしかしてこれは沸騰したんじゃ!…となった人は、火をとめて、ちょっとぐるぐるまぜて、微妙にさますといいかも。私はめんどうなので、ぐつぐつしたのでなきゃ、そのまま使う。

砂糖入り卵液を、牛乳の鍋に投入、すかさず混ぜる。
薄黄色の、卵液になるはず。ここで、黄身の色をした、濃い黄色の点々が浮いている、というあなたもそのまま気にせず、さっきのフォークでぐるぐるしておけばそれっぽくまざります。

漉す。茶こしはちょっと小さいかな?金網のざる、味噌こしなどを使用。
めんどうだけど、この工程は、省くとかなり、おいしくなくなるのでがんばりましょう。コーヒーフィルターだと、すっごい時間がかかるのでお勧めしません。
ここで、黄身のつぶとか、白身のかたまりとかが、こされて網に残ります。もったいない…ような気がするけど、均一に薄黄色の液体が大体落ちたな、と思ったらそこで終了させること。
 ここで、プリン液の温度が、下がっているとスが入りやすくなるのは経験済み。

今回、蒸すときに、「フライパン用蒸しプレート」というのを利用。フライパンに水を入れて、この足つきの穴あき網みたいなのを中にいれて、沸騰させる。沸騰したら、一度火を止めて、プレートの上にハンドタオルをおいて、注ぎ分けたプリンを置く。今回は耐熱ガラスのケーキ型を発掘して利用。これでないと、高さがありすぎでフライパンのふたがしまらなかった。うちでは、これを大型グラタンを焼くときに使ったりする。

モロゾフのプリンカップは使用したかったのだけれども、今回、どーしても私は、「うまく出来たプリン」が食べたかったので、失敗するなら1回成功したのを食べてからだな!ということになった。

15分、コンロの一番弱火のところを使って蒸す。これがね?前回失敗したときは、「強火力」のところの一番弱火、でやったと思うので、今回は、一番小さい火口の、一番弱火にしてみた。

15分加熱したところで、ナイフをプリンにさしてみた。
 ナイフにプリンがつく…ということはまだだな…。
もう15分加熱すると、今度は大丈夫。

冷却。 あったかいプリンって、なんかだめだ。やっぱり冷たくないと…。

底にちょっとだけ、スが入っていたが、今回はそれほど気にならず、普通に食べられた。
…というわけで、成功。

次回は、蒸しプレートなしで、タオルを厚手のにして、モロゾフで作ってみるかな…。

材料費を考えると、200円以下で、400ml分ぐらいはあると思うから、やっぱり市販の、こういう味がするのより、安い。
まあ、一番安いプリンより、高いけど、そういうのは味が違うものね。
バニラビーンズ?生クリーム?わはは、全部ない。バニラエッセンスさえはいってない。入ってないけどこれで十分。

一度、もっと甘いのを作ったことがあって、夫に、「バニラエッセンス、入れすぎだったりしない?」とコメントされたのだが、バニラエッセンスは一滴たりとも、入っていなかったということがあったなあ。
 単に甘すぎだっただけ。でも、夫には、内緒にしておいた。

カラメルソースすら省いてるから…。ちなみに、上のリンクのサイトのカラメルの作り方には覚えがあった。
プリン…。やっぱり、おいしいよね。タンパク質たっぷりで、元気が出る気がする。

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
昨日の記事をアップしてから、やっぱり多いのは断然帽子だな!と思って、夕飯が終わってから、帽子をベッドに並べてみた。
よく見たら、子供の帽子が1つ、まぎれていた。かぶれるところがすごい。うちの息子、頭大きいからな…

でもやっぱり子供用、帽子のつばが、そういえば小さい。それとそっくりな帽子があるので、たぶんこれと間違えたんだね。
冬用帽子、リバーシブルでこげ茶色とベージュ。形が似ているこげ茶色の1つ、ベージュの1つを断捨離決定。
要はこの帽子2つの役割はリバーシブル帽子で出来るはず。

黒い帽子のうち、1つは、もっと髪が長かったときのもの。髪が短いと似合わない帽子だな、これ…。
他のはそうでもないのに、なぜこれはダメなのか、わからないけどしっくりこないので捨て。

白い夏用、薄汚れていたので、昨日の記事を書く前に洗ったんだけど、乾いたら縮んでいた。キツイ。
うーむ、余計なお世話だったか…。断捨離に「なってしまった」。割と使い勝手よかったのに…。

ツイードのキャスケット。かぶってみたら、微妙に若作り…。帽子が5角形だというのもあるんだろうな。
…買ったの、何年前だ?子供が幼稚園ぐらいってことは、5年前ぐらいまでは出番が多かったけど、最近かぶってない。
これは、安売り好きの私にはめずらしく、帽子屋さんで買ったものだったはずだ。
買ったのは多分、20年…ぐら…いまえ…かな?いや、もっと前かもしれない…。

長年使ったけど、多分これは、ながーーーい賞味期限が、切れた、って感じだな。高かっただけのことはあった。
今度はツイードはベレーにしようかな。今度は六角形か八角形にしよう。

6個、断捨離。うむ…帽子は夏5、毛糸の4、冬2の11個になった。
アルパカ毛糸で、ベレー編むつもりだったんだけど、編んだのは既に4つ。まあ、作る楽しみというものもあるので、これはこれでいいか。

Top

HOME

    思ったことを何でも書くゲーマーブログ。リンクはご自由にどうぞ。

    まこ

    Author:まこ
    どこをクリックしても一銭にもならない、ただの主婦の日記帳です。
    ゲーマーで、本好きで、クラフト好きです。

    04 | 2017/05 | 06
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    この人とブロともになる