FC2ブログ

毎日更新!LuckyDuckyDiary

いらっしゃいませ。毎朝6時には更新します。さっくり読んでいってください。コメントくださった方はリンクさせてください、相互リンク歓迎、リンクがダメな方は連絡お願いします。

高慢と偏見

リンクさせてもらっているブログ、202日記は、日常のことに加えて、映画の紹介記事がたくさんある。過去記事にさかのぼって読むうち、【高慢と偏見という映画の記事】があった。

 面白そう…。私は、本が大好きなのだけれど、実は名作というのはあんまり読んでいない。テキトウに、目に付いた本を読んじゃったら、実は後で名作だと分かったというような読み方をしたもの以外は、「文学的名作」にあまりタッチしていないのは、娯楽小説を読んじゃったら、名作を読む時間が残らなかったからだ(言い訳)。

 実は私は短大で、「英米文学専攻」だったんだよ、これでも…。ところてん式に押し出されて卒業したため、これは課題図書、となったものしか読んでいないという体たらく。時間がある年頃に図書館で読んだ本は、英米文学とは何の関係もない本ばっかりであった。

 アメリカで学校に行っていた時は、「文学」の授業を一般教養でとる必要があったので取った。その時の先生が面白かったのは、「読書してレポートを書くときに、映画を見て書いたらばれる」という話だった。

 そう…。原作には、ないシーンというものが映画には入っていることが多い。特に、うんと短い短編小説とかだと、映画にするのに材料が足りないので、演出する。そのシーンがまた、感動的だったりするのだけれど、それを「小説を読んだレポート」で「このシーンがとても感動的でした、云々」とやったら、先生にはわかっちゃうからやめろ、という注意だったというわけ。

 その先生は、100冊ぐらいあるリストを私たちにくれて、この中から3冊選んで、読んでレポートをかけ、といった。そうか…この先生はこれ全部、覚えてるんだな…と思って、すごいなー、と思った。そりゃ私だって…。SFとファンタジーだったら100冊ぐらいかなり詳細に思い出せる。映画になったものに、「これは原作にはなかったよ」というシーンだって指摘できるものも多いから、それの分野違いといえばそこまでなんだけどさ…。

 というわけで、こんな年になっても、「世界の名作」が全然読めていないのだった。

 この映画のレビューがいい感じだったので、キンドルで、Jane Austen作品集を99セント出して買った。うむ…。ここは、がんばるべきであろう。なんたって全著作入って99セント、1つ読んだら元が取れる。ていうか、昔こういう全集が、親戚の家にあったのを思い出した。高そうな本で、さわっちゃダメな感じがして、読ませてもらわなかったが、今、100円で、全著作買えるのばっかり。
  名作がどうして、名作といわれるようになったのかが、私にもわかるといいなあ。

 ふっと思いついてネットで、昔親戚の家にあってうらやましかった、「講談社少年少女文学全集」を調べてみたら、もう著作権切れになってそうなのばっかり。…私これ、全部手に入れられるんじゃないか?まあ、日本語訳はだめかもしれないけど、英語ならさ?
 自分の「少年少女文学全集」を、キンドルにグループにして、入れようかな…と思ったら楽しくなった。

 日本語、ないかな(笑)。英語って時間がかかるんだよね…

Top

HOME

    思ったことを何でも書くゲーマーブログ。リンクはご自由にどうぞ。

    まこ

    Author:まこ
    どこをクリックしても一銭にもならない、ただの主婦の日記帳です。
    ゲーマーで、本好きで、クラフト好きです。

    01 | 2017/02 | 03
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 - - - -

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    この人とブロともになる