FC2ブログ

毎日更新!LuckyDuckyDiary

いらっしゃいませ。毎朝6時には更新します。さっくり読んでいってください。コメントくださった方はリンクさせてください、相互リンク歓迎、リンクがダメな方は連絡お願いします。

姉の色、妹の色

足跡をたどって訪問させてもらったブログで、【あかあお話】という記事があって、思い出すことがあった。

 姉妹で育って、お揃いの服を買う時、色違いを買って、そしてお姉さんだから、と「お姉さんっぽい色」が自分のになる話。

私の場合は、立場がお姉さんではなくて、妹だったので、赤とピンクがあったらピンク、黄色と青なら黄色、ピンクと水色ならピンクのが自分のになることが多かった。赤とベージュなら、赤が自分の。ピンクと白ならなぜかピンク…。オレンジと黄色ならオレンジ。なんとなくこの法則がお分かりだろうか。

 そう…。間違いなく暖色系が多くなる。まあ、大体において、お揃いでおばあちゃんが買ってくれた…としても、姉が着ている方の服は、おさがりで回ってくるのだから、両方手に入る…ということもあるのだが、バッグや、帽子のリボンなどはそういうわけにもいかないものも多く、よそに回されてしまうこともあったから、「よそいき」の服は大抵が、赤、ピンク、オレンジ…まあ、そっち系だ。

 水色のワンピース、ベージュのジャケット。せめて白なら許せるのに、なぜそこでピンクか!!
…そう、どっちかといえば男の子っぽかった私は、ピンクが嫌いだった。ピンクというと、突然間違いなく、女の子「らしい」色になってしまう。それがなんとなく嫌だった。女の子らしくしなさい、といわれているようで。

 大体、「最初は女の子が良かったけれど、2番目は絶対男の子だと思ったのに」なんて言われて育ったら、自分の性別というのはちょっと、うっとおしくなってしまったりするものなのだ。そんなものに取り換えがきくわけでもないのにね。

 水色がうらやましかった私なのだが、同じ色にうんざりしていたのは姉も同じだったようで、姉はピンクが着たかったらしい。そんなわけで、私は大人になって自分で服を買うようになったら、スーツやワンピースはベージュや、グリーンや、ブルー系が多くなり、姉はピンクやオレンジ、赤を選んでいるのに、後から気づいた。

 ピンクが実は、種類によっては似合う…とわかったのは、20代も後半になってからだったな…。

 青のギンガムチェック、特に紺のやつが、とっても好きなのは、多分紺のギンガムチェックのワンピースが着たかったことがあるからかなあ…なんてね。

白いサンダル、ギンガムのワンピース、それから、麦わら帽子。5歳ぐらいだっただろうか。
セミの鳴き声と、日差しの白さ、そして膝の怪我の跡。
あれはどこだったんだろう、芝生のある、白い柵の公園。

 遠い夏…。小さな望みは口に出されないまま、とけて消えてしまったと思っていたのに、こうして、どこから飛んできたのかよくわからないシャボン玉みたいに、ふっと目の前にひらめく。

 そんなときもあったんだな…。ちょっといいな、と思う。自分が、昔と、芯のところは変わっていないことがわかるから。
私は、ずっとこうやって年月を重ねてきたけれど、やっぱり自分のまんまなのだ…と思うのが、なんとなく、好きだ。

Top

HOME

    思ったことを何でも書くゲーマーブログ。リンクはご自由にどうぞ。

    まこ

    Author:まこ
    どこをクリックしても一銭にもならない、ただの主婦の日記帳です。
    ゲーマーで、本好きで、クラフト好きです。

    12 | 2017/01 | 02
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    この人とブロともになる