FC2ブログ

毎日更新!LuckyDuckyDiary

いらっしゃいませ。毎朝6時には更新します。さっくり読んでいってください。コメントくださった方はリンクさせてください、相互リンク歓迎、リンクがダメな方は連絡お願いします。

ピンボールソフトリスト

3D Flipper  300000個ゲームが入っているというバンドルに入っていたけど、動かなかった。
3D pinball express 酷評されていたが、これも動かず。残念、どんなのか見たかったのに。
3D ultra pinball (original) 日本に所持。ちょっとだけ遊べるデモ版の入ったCDがあったので遊んだ。今となっては地味だが、発売当時はすごいと思った。

3D ultra pinball creep night 日本にある。Pinball Madness3に入っていた。多分シリーズの中で一番人気。
3D ultra pinball nascar  日本にある。レースカーがテーマになったものは多い。日本でも買える一枚。
3D ultra pinball Lost continent 日本にあるはず。これは恐竜がテーマ。ただしギミックがシリーズ内では少な目

3D ultra pinball Thrill ride 日本にあるけど動いた試しがない。再挑戦。遊園地テーマ。
Addiction pinball かなり面白いんだけど、CDなしで動くようにならなかった。Steamで半分だけ販売「Worm Pinball」
Absolute pinball DOSバージョン。DOSBOXでなんとか…。2Dで。明るめのデザイン。

Angel Egg 100秒遊べるデモ版。ネットでダウンロード可。割と名作。
Balls of steel パッチと、ローダーをネットで見つけて、動かすのに成功。かなりいい。Pinball Madness2にも入っているとか。
Chrystal Caliburn 100秒遊べるデモ版。ネットでダウンロード可。ipad版「Chrystal Caliburn II」あり。

Devils Island pinball これも、インストール出来た。割といい感じだった。1200x1600に対応。ギミック豊富。
Epic pinball DOS版。DOSBOXで動かせる。なつかしくて愛用。ただしコツをつかむまではボールがすごく落ちる。
Extreme pinball これもDOSBOXで。廉価版で、昔売ってた気がする…。日本の100均のかも?2D見下ろし平均値。

Fairy Tower  100秒遊べるデモ版。ネットでダウンロード可。画面暗め。
Full Tilt! pinball ウィンドウズ95のおまけピンボールの豪華版?が入っている。Pinball Madness1に収録。
Full Tilt!2 pinball 日本に持ってる。2なのに、なんとなく1の方がいい気がするという目立たないソフト。

Golden Logres 100秒遊べるデモ版。ネットでダウンロード可。アーサー王伝説のテーマ。PS版あり。
Hyper 3D pinball これも、PC版は多分もってないんだけど、PS版があったはず。
Jinni Zeala100秒遊べるデモ版。ネットダウンロード可、Love PsychedelicoのCDの初版に付録になっている別版あり。

Loony Labyrinth100秒遊べるデモ版。ネットでダウンロード可。
Mad daeadarus100秒遊べるデモ版。ネットでダウンロード可。Loony Labyrinthの続編と言われている。
Mega pinball VivaMediaというところのゲームのメガバンドルCDに入っていた。ボールの動きがしょぼい。いまいちだった。
Microsoft Pinball Aracde 安くて動かせる可能性が高くて、実機っぽいが、これはピンボールじゃないよねというものも。

Monster fair 100秒遊べるデモ版。ダウンロード出来る。ギミックが多い。イージーモードあり。
Pinball Dreams iPad版も買ったし、GB版所持。多分日本にも持ってるはずだけど。GOGで購入。DOSBOX使用。
Pinball fantasies GOGで買った。これはアメリカのPSP版ダウンロードを持っていた。DOSBOX使用 ipad版所持。
Pinball Illusions GOGで購入。Fantasy, Dreams, Fantasies, illusions3本セットで10ドル。DosBox使用。

Pinball Madness2000 基本デモ版の寄せ集め。フリーウェアのものもあった。今買う価値はあまりないと思う。
Platinum pinball 10本入っている。違う題名で売られていることがあって混乱しがち。Pinball Madness3に入っている。
Pro pinball Big Race 日本にあるはず。GOGで今のシステムで動くようにしてあるらしい。CD版はCDなしで動かないのがね。
Pro pinball Fantastic Journey 日本にあるのに、つい、買った。これはCDなしで(音楽抜き)動くようにするパッチをネットで発見。

Pro pinball Time Shock 日本にあるはず…だけど、豪華に作り直したiPad版所持。Steamで豪華版販売があるらしい。
Pro pinball the web 日本に持ってるはずだけど買った。テーブルが途中でひっくり返るのでびっくりする。
Pure pinball 2.0 GOGで購入。カメラワークが忙しくてちょっと疲れる。これは日本で前のバージョンのCD買った。

The Tomb プラチナピンボール、と銘打っていることがあって混乱。ピラミッドっぽいテーマ。
Slam Tilt pinball キーがプリセットで、左右シフトか、左右オプションキーしか使えないという…。英語キーボード必須。
Star Trek Pinball 面白そうだったんだけどなあ…。動かなかった。要再挑戦

Tristan pinball 日本にあるはずだけど…どこへやったかなあ。iPad版あり。
Ultimate pinball Gold テーブル数は多いけど、最初から見飽きた感じに見えるぐらいありきたりの2D。
Williams Pinball collection 実機のシミュ…なんだけど、今買うならPinball Arcadeに同じ台が。ボールの動きは軽め。

こうやって見るとかなり持ってるなあ…。あと、買おうかどうしようか迷っているのが、下のリスト。
Dirt track racing
Kiss pinball
Austin Powers pinball
上の3本は、作った会社が同じで、Devils Island pinballと同じ会社…らしく、動かし方が似ているらしい。ということは、うまく動かせる可能性が高い…んだけど、オースティンパワーズねえ…?

Dream pinball 3D これはDS版を持っている。疑似3Dとはいえ、使い古されたテーマというか「持ってたかも?」と思わせるぐらい、特徴がなさすぎ。でも、これ、割と…新しいんだよね。多分何もしなくても動くだろうし。安いし。気になる。

forgotten island pinball Pinball Madness4に入っているはずだったのに、その1枚が入ってなかったという…。単独で買うかな。ただし、日本で持っていたか、はっきりしないんだよね、これ…。
Jungle pinball Disney ディズニーのライオンキングのキャラものらしい。
リロアンドスティッチのものもあるようなんだけど、レビューで、使ったらウィンドウズ再インストールになったというレビューを見て、やめたほうがいいかな…と思っている。


毎日毎日、動くかどうか試していたら、なんだか見飽きてきたというか遊び飽きてきたというか…。評判がいいソフトは、なぜ評判がいいのか、比べてみると確かに、わかる。
リトルウィング社のもの、それからBalls of steel、Devils island、Addiction Pinball、それからProPinballシリーズは、確かに、いいと思う。でもなつかしさ補正がかかっていないなら、他はなあ…。3Dultraシリーズは、ピンボール風アクションで、シミュレーションぽくはない。今リストを数えたら40本超えたものね。iPhoneやiPad用、ゲーム機のものを加えたら、50本ではきかないとおもう。

集めるのは、ちょっと休んで、遊ぶ方に専念しようかしら。パソコンのパワーが出ているからなのか、それとももともとこういう速度なのか、びゅんびゅんボールが飛ぶのがあるんだよね…。すぐ落ちるというか。後しばらく遊んでなかったので下手になってる。ソフトの挙動になれるのも大事…。久しぶりに95のおまけピンボールやったら、全然点数が取れなかった。

カナダの留学生の事件に思うこと

外国に留学。これを、魅力的だと思う人は、いつでも何人かいる。アメリカとか、カナダとか、フランスとか、イギリスとか、イタリアとか。そういう国へ行って、日本とは全然違う環境で生活して、例えばフランスのパリとか、イギリスのロンドンとか、まあ…なんていうか、ドラマに出てくるような…。そういう「外国の素敵な街で」暮らすのが素敵に思えるというのは、わかる。

 私だって、留学というのには、「いいな」と思ったことがあったし、まあ夫の仕事の都合とはいえ、やることになったからね…。一応あれは「アメリカ留学の夢がかなった」と言ってしまっていいことなんだと思うけど。

 まず…。外国に、「お友達と二人で」とか留学する人ってあんまり聞かない。つまり、「友達はいない」状態からスタート。そして、英語が「最初からぺっらぺら」という人は、あんまりいない。まあ、「ある程度はいける」と思って、留学スタート、のっけから聞こえないし、スラングがわからないし、ジョークに笑えないし…という状態になる人はかなり、いると思う。

 寂しくなるんだよね…。自分が言えることのグレードが落ちる。たどたどしい中学生みたいになっちゃうのよ。気の利いたことが言えないし、ウィットにとんだジョークなんて出しようもないし、まず、相手の言葉の裏が読めない。ほのめかしていることなんか、「あ、そうかも」と思っても確信が持てないし、大体ニュアンスが読めない。

 これはつまり、本を読み、会話をし、映像をみたり、音声を聞いたりして、自分の中にデータベースを作らないといけないわけだ。「子供っぽい」「洗練されている」「教養高い」「下品な」…そういう会話パターン。たとえば、日本人の成人女性なら、駅で話されている会話をランダムにピックアップして聞かせたら、「上品そうな老夫婦」とか、「高校生(多分結構いい学校)」とか、「かなり偏差値の低い大学生」とか、「柄の悪い感じがする人」とか、「小学生以下の子供と親」とか、まあ、大体「どんな感じの人同士で話されている会話」だということがわかるはずだ。

 その会話が、どんな間柄で話されているか、例えば仕事関連、取引先、同僚、同級生、親しい、親しくない、恋人同士。そういうことが会話からわかる。あと、例えばナンパしてくる人。ナンパ慣れしているのか、誰にでも声かけそうか、そしてどのぐらい「あやしそうか」。

  もちろん、わからないこともある。けれども、長年の日本語能力のなせる技、割と「なんとなく嫌な感じ」というものはわかることが多い。この、データベース構築作業を、英語版で進めなきゃいけないんだけど…。これがね…。単語力の増強と、英語力、特に読解力の増強と、異文化への適応と一緒にやるのが、大変すぎるんだよね…。

 安らげる場所が、用意できるか…ということは、結構大切。もし、それが無理なら、まず、英語力の増強「だけ」に絞った方がいい。異文化への適応は「徐々にしみてくるのをまって」、あとは、寂しい…という気持ちを、抑えて、危険な環境に飛び込まないこと。必死で勉強する。単語、読書、ニュース映像、映画。単語のニュアンスを、言葉が使われるシチュエーションを詰め込む。

 そして、会話慣れには「学校が提供する」か、「教会」のような施設で提供されているグループ」に参加すること。誰か…特に男性と、二人きりにならない。少なくとも、しばらくはグループで会って、どんな人だかわかってから、二人で会うとき、グループで会うときの両方、出せる人にしておく方がいい。 趣味のグループでもいい。でも、個人じゃなくて、「グループ」。

 日本で、誘われたら、すぐ、二人っきりになれる場所に行く?男性で、あんまり1、2回しかあってない人と?多分、今回殺された女性も、絶対日本ではもっと警戒したと思う。昼間のファミレスや、カフェのような場所を絶対選んだと思う。英語だけで、会話出来て英語力がつくかも、と思い、そしてグループでだと一気に会話があちこちで起こるのが聞き取りづらいので、二人きりのほうが楽だからと二人きりを選んでしまったのではないか、と思う。

 そして、多分だけど…この犯人は、寂しいところにつけ込んだのではないかな、と思う。芝居がうまかったか、怪しげなニュアンスや、会話の整合性のなさを見抜けなかったか…。

 英会話は、やらなきゃうまくならない。これは留学していると、何度も言われる。間違えるし、恥ずかしいし、聞こえないし、恥ずかしがらなくていい、と言われてもなかなか開き直れない人は多い。日本人はそういうところがすごく、ある。そしてなんとかがんばって、一言口をはさんでみたとたん、みんながばっ!とこっちを向くんだよーーーーー。西洋人て、目を見て話す人が多いんだ…。あれになれるのに結構かかった。


 うまくなるには、どこかで英語…それも、たどたどしい、自分の言いたいことを半分も言えない英語に付き合ってもらわないといけない…と思うと、手伝ってくれる人が、すっごーーーーくいい人に見えちゃう。きっと…彼女もそうだったんだろうな、と思う。
 いい発音を聞き、現地の人とやったほうが、うまくいく…と思ったんだろうなあ…。わかる、わかるけど…。

 そばに、いてあげたかった。そんなに焦らなくていいんだよ、まずは、グループでね?留学生同士でいいんだよ、と言ってあげたかったなあ…。二人きりになるの、危ないからダメだよ、と言ってあげたかった。まだ若いのに…。たまには、日本語で話して、思っていることが全部言える環境を作ってあげたかった…かなわないことだけど、そう思う。「みんなそうだよ、間違うのよ、私なんかめっちゃめちゃよ、いいのよ、それで。留学で覚えて帰るのはね、「間違ったって、なんでも言えた方が、間違わないで黙ってるよりまし」ってことなのよ」…と、言ってあげたかったなあ、と思う。

 みんな、安全に気を配って。そこは、日本じゃない。カナダって、いいところだと思うよ?思うけど、犯罪率は、日本の何倍だっけ。アメリカよりは低いのよ?でも、カナダも確か数倍…3倍ぐらいあったはずだ。国土が広いので、人目がないところが多い。町の中でも。絶対、絶対、日本と同じじゃない。銃だって、アメリカより少ないけど、結構ある。

 知らない人「しか」いない。これが留学のスタート地点。だから「知らない人についていかない」という子供のときのルールを適用したら誰にもついていけないんだけど、最初はそれでいいと思う。学校で会う人と。学校内で。それから、学校の外でグループで。1対1の会話がしたいのなら、まず昼に、人目のある、パブリックスペースで。

 すぐ、二人きりになれる環境に誘う異性には注意。車には乗せてもらわない。「みんなで、集まりましょうよ」を渋る人は、大体危険。「恋人同士」になる…のならば、日本よりも警戒気味に。寂しい思いをしている日本人は、「人を信じやすいのでだましやすい」という評判は、20年前から、聞いたぐらい、「あり」。ということは、それを知っている外国人男性も多いということ。

 まあ柔道とか合気道とかの段がある…というぐらい護身術に自信があるならともかく、日本にいるときより、ずっと、ずっと警戒しなくてはならないのが、外国…と覚えておいた方がいい。叫んだ距離に、誰もいない…というぐらい広いということは、あるからね…。

 日本人であるということは、留学をした年齢になるまで、「とても安全な環境で暮らしている」癖がついている。
だから…。それは覚えて、学んでいかなくてはならない。「安全そうに見えても、気を付けないと怖いところもある」と。いやなことに聞こえるかもしれない。「そんな、いい人ばっかりなのに、疑うなんて」と。でも、これが、外国の現実。アメリカも、カナダも、日本より危ない。もちろん、日本だって、危ないところもあるけどね。でも、日本と同じつもりで行動すると、危なさ倍増ってこと。

 私は渡米から帰るたび、しばらく自分の行動が変なのに気づくものね。
大きい荷物を持っているとき、警戒気味になるし、財布を出すときに警戒するし、荷物を横にでなく、足の間に置く癖があったり。人込みで、カバンを前に回したりするのも。ちなみに、5年以上滞在して帰ってきて、しばらくしたとき、ショッピングセンターで、(タイヤのだと思うけど)破裂音聞いて、しゃがんだことあったものね(笑)。膝ついて、音のした方向に注意を払って、出口…。と思ってから、はっ!と気が付いたよ。ここ、日本じゃん…。銃なわけないよ…


 どんな人だったのか、想像がつく。まじめで、一生懸命な女の子だったんだろうなあ…。がんばって、早く英語が話せるようになるには、なるべく英会話の機会を、と思ったんだろうね…。「たのしかったらいーんですー」というような留学生も見たことあるけど、そういう子たちとは違って…。 はあ…。犯人は、わかってるからよかったけど、こういう殺人につながるケースだけじゃなくて、ナンパされたみたいな話なら、もっと多いと思う。

 みんな、安全に、日本に帰ってほしい。留学は、楽しいし、有意義なことだというのは、わかる。けれども…。英語力と、身の安全は引き換えにしてはいけない。 

Top

HOME

    思ったことを何でも書くゲーマーブログ。リンクはご自由にどうぞ。

    まこ

    Author:まこ
    どこをクリックしても一銭にもならない、ただの主婦の日記帳です。
    ゲーマーで、本好きで、クラフト好きです。

    09 | 2016/10 | 11
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    この人とブロともになる