FC2ブログ

毎日更新!LuckyDuckyDiary

いらっしゃいませ。毎朝6時には更新します。さっくり読んでいってください。コメントくださった方はリンクさせてください、相互リンク歓迎、リンクがダメな方は連絡お願いします。

ポケモンと年月

ポケモンの記事を書いてから、私はまた、ポケモンをそろえようかな、と思い始めた。

ここ数年、渡米時期が結構長く、そうなると日本のポケモン、特にポケモンセンターのプレゼントとか、映画のとかが受け取れなくなる。アメリカのポケモンセンターはニューヨークのぐらいしかないし、プレゼントが日本より少ない。ポケモンムービーを映画館でやっているのなんて、2、3年いても見たことなかった(近くの映画館に来たことがない)。

コレクションというのは、ひとつ残らず集めているうちは、熱意が続くものなのだけれども、いくつか抜けるとがっくり…という感じになって、なんだか、もういいや…という気分になって、例えば去年とか、一昨年とかの映画のポケモンがいない。(今年のはいる)

 ディアンシー、フーパ、マギアナ…とかこのあたり。うーむ…。
マギアナは、ガオーレディスクという物体が必要らしいが、つまりそれがあれば、今でも取れるらしいので多分難易度が低め。

実は心当たりがあった。近所の、リサイクルショップで、こういうおもちゃっぽいものを、テキトーな箱に放り込んで売っている場所がある。ポケモントレッタなんか、ここで何度か幼稚園児だった息子に買ってやったものだ。

 ガオーレディスクというのは、つまりポケモントレッタの進化版みたいなものだということもわかったし…というわけで行ってみた。
 残念、知識のある店員さんがどこかにいるらしく、安くはなかったが、マギアナのディスクは1枚だけでちゃんとビニール袋に包装されて、売られていた。200円。

 ま、いいだろう。昔は1200円の前売り券買って、ポケモン2匹分で帰ってきていた時代もあったから、1匹600円に比べれば、200円なら出してもいい。

 というわけで、マギアナを持っていない人には、貸してあげられるようになった(笑)。妖怪ウォッチのメダルは、一度読み込んだら、内蔵チップにその情報が書き込まれてしまい、再利用出来ないらしいのだけれど、このガオーレディスクは「画像」なのでそういう問題はない。…ネットで調べたら多分画像出たよね、うん。でも、このディスクがほしかったので、いいや。

  OARS、買ってないんだけど…。1本買うかな…。北米版は、あるんだけど、日本版は1本もないし。となるとルビーか。
 新しいソフトを買う、と思ったらなんだか楽しくなってきた。
  カートリッジ版の中古でいい。どこかに、確か、ポケモンスタンプラリーのポスターもあったし、貼って…多分ネットにある、ポケモンのリスト印刷して…。
 
新しくヴァーチャルコンソールのシルバーもダウンロードして…。

 ポケモンのバーコードを調べる、このディスク、子供が小さかったら、喜んだだろうし買っただろうな。
 トレッタなんか、ともかく喜んだし、ポケモンのシールがついているポケモンパンだって、私のためなのか、息子のためなのか、わからないぐらいだった。
 でも…今、ゲーム内の珍しいポケモンはまだ喜ぶけど、ガオーレディスクは、もうあんまりいらないだろうな。

 私がポケモンを始めてから、20年以上。その間に、甥が2人、姪が1人、ポケモンを始めて、はまって、抜けている。
どの子もみんな、ポケモンパンのシールが大好きだったし、ポケモンの服も着たし、ポケセンで買ったグッズも喜んだし、ポケモンカードもそりゃあもう、1袋買ってやるだけでニコニコしてくれたものだ。
 誕生日に構築済みデッキなんか、買ってやったら、大喜びしたっけ。
 おばちゃん、XXってポケモン、持ってる?というのも、出してやったらすごく喜んで、私は何度か新規プレイに戻って、レアなのをためて置いたりした。(子供が出来る前で暇だった)

 うちの息子も、ポケモンおもちゃは、もういらないんだな…。と思ったら、さびしいなあ。年月というのは、意識していなくても経っていくものなんだね…。
 大人になってから始めたからなあ…。私はたぶん、ポケモンをまだまだ卒業しない気がする。

ガオーレディスク、そういや、今年の映画のにもあったはずよね?と思って、子供を映画に連れて行ってくれた夫に聞いたら、「あ、いるんだったの?ごめん、すぐ捨てちゃったよ」だって。まあねー。ゴミになるもんねえ、わかるよ…わかるけど。

 ネットで調べたら特別な帽子をかぶったピカチュウだったらしい。まあ…図鑑に差がないなら、いいか…。

 

ポケモン転送

このブログにリンクさせてもらっているライトさんのブログ、【バリっと!でんきポケモンズ!】で、ダイヤモンドパールのポケモンを、中古ソフトを買ってそろえる話を読んでから、私のポケモンたちも、新しいソフトに持ってくるべきかなあ…という気分になってきた。

 ダイヤモンド2本、パール1本、プラチナ2本(1本は北米版)、ハートゴールド、ソウルシルバー各1本、ブラックホワイト1本ずつ、ブラックホワイト2も1本ずつ。ついでにXのカートリッジ版が1本、XとYのダウンロード版がなぜか1本ずつ(なぜXが2本か)。

…うん。いっぱいあるのよ。ポケモンバンクに普通にアクセス可能なXYとサンムーンはいいとして、問題はDS世代の転送。ブラックホワイト2の「ポケシフター」というのを使うことになっている。
 DS本体(3DSでなくても、DSiとかでいい)をもう1台用意し、そっちに古いソフトを差して、ポケシフターのミニゲームで6匹ずつ、捕まえないとダメという…。誰だ、こんな面倒臭いこと考えたの!

ボックスごと30匹ずつ転送させてくれればいいのに!アクションゲームは苦手だってば…。

6匹つかまえるのを5回やると、1箱分、ということになって、これを「ポケムーバー」でポケモンバンクに箱ごと転送。
1箱ずつしか送れないってのもどうかと思うよ…。

30匹ためて、送って、ポケモンバンクを立ち上げて、転送ボックスからポケモン移動、また BW2に戻って5回やってためて移動…。10箱ぐらい転送したところで今日はやめておいた。コツコツやろう。

 パールとダイヤモンドと、プラチナ、なんと、2本目のダイヤをのぞいてポケモン図鑑が完成していた。いっぱいいるわー。500匹ずついるわけだからね…全部は転送しないけど。

IDを見ていると、GBA版のルビサファ、エメラルド、ファイアレッドリーフグリーンのポケモンがかなりいる。
ルビーはイチゴ、サファイヤはベリー、エメラルドはメロン、とか色で主人公の名前をつけているのがあったり、見慣れないIDだったりすると、多分中古で買ったときに、残っていたデータのポケモンだったっけ…とか、甥のIDのポケモンがあったりして。今年甥はもう社会人だ。GBAは、確かどのソフトも2本ずつあったはずで、データクリアして遊びなおしたのもあったはずだから、相当ID(とポケモン)がある。

やたらとセレビィがいるのは、ポケモンコロシアムのセレビィディスク産だな、とか。
ゲームキューブのポケモンコロシアムは、正直任天堂の大ファンの私でもちょっとかばえないぐらい、面白くなかったのだが、このゲームでしか手に入らないポケモンというのが当時あったので遊んだし、秋葉原のゲーム屋さんへセレビィディスクを探しに出かけて買ったり。クリア済みセーブデータ1つにつき、48匹のセレビィがGBAに配れるという画期的なディスクだった。(今でも持っている)

 ヌオーのやたらレベルの高いのなんか、「100人抜き記念リボン」なんていうのを持っていたりして、そうだよねえ、ヌオーなんて、滅多に使わないけど、コロシアムでは手に入るポケモンが限られているから使ったんだっけ…それにしては「バトルやま」のホウオウが見当たらないってことは、もしかしてまだとってなかったかな…?とか、昔を振り返る。

 ポケモンコロシアム、ダブルバトルカードeというカードもあったのだが、ゲーム不人気、カードも不人気で結局手に入れられず、そのカードを使わないと手に入らないモンスターが何匹かいたっけね、とか(特殊技を覚えている)。

もう、だれにも共感してもらえないこの、ポケモンの無駄な知識よ…。

 ミュウなんか、サンムーンとXY全部に配っても余るほどいた。デオキシスも、シェイミも…。息子に見せたら喜ぶかなあ。
そりゃそうだよね…ゲームボーイアドバンスから、ずーっと遊んでためてきたんだもの、イベントにも当時子供もいないのに参加したし、30代だったのにコロコロコミック買ったし(ポケモンプレゼントがあるときに)、映画のポケモンも、息子が赤ちゃんの時なんか、映画見ないのに切符買って、ポケモンだけ取って帰ってきてたし!

 試合にでると記念にくれるポケモンは、対戦が嫌いなのでいないけれど、そのほかのポケモンはかなりの確率でいる。
まあ、マクドナルドで配っていた「サトシのピカチュウ」なんかもう、埋もれちゃってどれがその子かわからないけど。
 ポケモン牧場にも、まだ1000匹ぐらいいるんだよね…。

 ポケモン牧場でもらったロコン、ポケモンレンジャーでもらった卵からかえったマナフィ(卵のためだけにソフト買った)、ヒトカゲ、フシギダネ、ゼニガメ…は名前が、「パンちゃん」?あ。これはポケモンパンのキャンペーンのだ…。

 このマッスグマは、ルビサファの「きのみ問題」の時の色違いの子だ!とか、このチルットは、「みねうち」を覚えている…ってことは、ゲームキューブのポケモンボックスの…ということは隣のエネコは、「ねこにこばん」つき、その横のジグザグマの名前は「シンソク」、そうなるよねえ。懐かしいな、こんなところにいたのねえ。

 ゲームキューブのポケモンボックスにも、1000匹…じゃすまないな、データいくつかあったものね…。たしか、「タナバタ」のジラーチが入っていた。

 ポケモンバンクは3000匹おいておけるそうだけれど、珍しくないものは、カートリッジ側に置いておいたほうがよさそう。多すぎだ。
このブログを読んでいる人の中でポケモンを遊んでいる人は多分、数人。皆さんのところには、どんな子がいますか。

ふなっしー VS DRAGONS  攻略

ふなっしー&ドラゴンズ、1000円以下で購入した3DSソフトで、マッチ3、時間制限なしで遊べるので、よく言えばまったりと、何も考えないでゲームしたいときにおすすめ、悪く言えば冗長で、スリルに欠ける。

このゲーム、一応30秒ぐらいチュートリアルがある。が、それだけでは、絶対足りない。

大変マイナーなゲームなので、攻略がそれほど見つかるとも思えない。プレイし終わったので、ちょっと攻略を。

タイルの種類は、赤、緑、青、黄、紫。

隣り合った2つのタイルを入れ替えて、縦、または横に3つ以上並ぶと消える。(基本動作)

4つ消しをすると、「リンゴ」タイルが出る。(各色あり。消した色によって決まる)
   リンゴタイルは、各色のタイルと同じ扱いで、同じ色を3つ揃えると、消える。リンゴは一列消しをする(縦、横2種類、最初に出したときの4つ消しの列の方向によって決まる)

T型、またはL型で5つを消すと、「モモ」タイルが出る(各色)。
   モモタイルを同じ色のタイルと合わせて3つ以上並べると消せる。モモは、周りの8タイルを消す。

一列5個並びで消すと、「ふなっしー」が出る。
   ふなっしーは、どの色のタイルとも入れ替えが出来て、入れ替えたタイルと同じ種類のタイルを盤面から全消しにする。

ハートは、1つをクリックで取れて、ふなっしーの体力が回復。
楯は、1つをクリックで取れて、敵1ターン分のダメージを受けなくなる。

;…ここまではいい。大体チュートリアルでこのぐらいまではわかる。

チュートリアルではわからなかったのは、下記のルール。

リンゴは、2つ並ぶと色は無関係でリンゴ同士で入れ替えが出来る。その場合、入れ替えた位置で、縦横一列消し(十文字に消える)。

モモとリンゴも、並ぶと色にかかわらず入れ替えが出来る。この場合は、桃を中心に、縦に3列、横に3列の大量消し。

モモ2つでどの色でも入れ替えも可能。この場合は6マスx6マスが消える(と思う。すぐ上から降ってきてしまうので確認しづらい)。

ふなっしーとモモ、ふなっしーとリンゴも入れ替えが出来る。この場合は、ふなっしーと入れ替えたリンゴ(モモ)の色のタイルが、全部、入れ替えたリンゴ(モモ)と同じタイルになって、その瞬間に全部発動する。

ふなっしーとふなっしーを入れ替えると、盤面全消し。

楯は、いつでもとって、(ふなっしーの横にマークが出る)次に敵の攻撃ターンがくるまで、おいておけるが、2つ重ねて取っても、1つしかカウントしない。つまり、あと3ターンで攻撃の敵と、5ターンで攻撃の敵がいるとき、2枚盾をとっても、3ターン後の敵の攻撃が終わったときには、楯はなくなっているので次に攻撃されたときにはダメージが入ってしまう。

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
とりあえず、このゲームは、ステージ1の1-10、それからステージ2の1-10、ステージ3の1-10…と各1-10をやったあと、次はまた最初のステージに戻って、新しく選べるようになっている11-20を自力で選ばなくてはならない。11-20が全部終わったらまた最初のステージの21-30を選んで、それが終わったらやっと、一番背後に控える「ボスステージ」に入れる。

ボスステージにも1-10、11-20、21-30があって、終わり。「中断データがありますが、続きをしますか」と聞かれるが、中断データというのはつまり「セーブデータ」のこと。このゲームは自動セーブで、どこでやめても、そのステージから後でプレイできる。
 中断データからプレイしない、を選ぶと、いきなり戻される。ボスステージとかでも、さっきの中断データ、まで戻るのではなく、いきなり1まで戻るので注意。

 3dsの写真を撮るのに使う飾りフレームと、曲とか効果音が聞けるCDマークをパズル画面の一番下まで落として取る、というミッションもあるが、ちょっと気を付けないといけないのは絶対消えない固定ブロックの上にCDが載っている面(1つ)だけだった。

 モモとリンゴ、ふなっしーなどの特殊タイルが入れ替えが出来ることを気づかないでプレイした一周目は、かなりゲームオーバーになったが、ゲームオーバーになったら、もう一度、を選んでおけば、その1つ前の面からプレイできる。ペナルティなし、そのうち、クリアできる安心設計。

 一応、火は水に弱い、とか属性もあるみたいなのだけれども、連鎖なしで、3つずつ消しているとなかなか勝てない。
 3連鎖ぐらい…でもそれほど効果がない敵も。10連鎖ぐらいするとさすがに目に見えて効果が出るが、その場合はやっぱり大量消しが必要。3つ消し同時に2種類よりは、4つ消しを狙ってリンゴを出すほうが戦略としてはいい。(そのあたりがパネポンとは違うところ)
 モモorリンゴとふなっしー、またはリンゴとモモを入れ替えると、処理落ちするぐらい大量消しになる。
 大量消しになっている間に、4つ消し、5つ消しになった分のリンゴとモモがまず、上から降ってくるので、2段階に大量消しになって、これでクリア…ということが多いので、まず、リンゴとモモを出せるだけ出して、隣同士に配置するようにすると、敵が強い面でもなんとかなることが多い。処理落ちでエラーが起こって、ゲームがフリーズしたこともあったが、全クリアまでのうち1回しか起こらなかったので、この方法で解いてしまって問題ないと思う。(途中まで解いた中断データはエラーで終了しても残っていた)

 一周した時点で、ドラゴン図鑑に載っていないドラゴンは5匹だった。「実はまだ見ていないドラゴンが5種類隠れていたのだ。探してね!」なんていわれてしまったが、どこを探せと…。しょうがないので、2周目をやったら、ステージ1つごとに1匹追加されたらしく、全ステージ解いたらそろったけど、敵がどんな格好しているかなんて覚えてないって…という程度。

 カメラのフレーム、曲、ドラゴン図鑑なども、全部そろったからと言って、何がどうというわけでもないので、そろわなかったけど2周やる気が出ない人はそのままでも別に大丈夫。

 時間制限がないので、ゆっくり解くのに最適、カジュアルゲームの極み。
モモとリンゴを合わせて消す大量消しが楽しいので、コツが分かれば短時間で解けてしまうゲームだけれども、ZOOOよりゆっくりとけるのと、だれでも最後までクリアさせてくれるところが、優しい。

 1回目は特殊タイルを入れ替えるというのを使わなかった。知らずに縛りプレイになっていたので、これはこれで…。
それでも一応最後まで行けたのだから、かなりゲームとしては甘いほうだと思う。

 必殺技の名前が、面白かった。最初でぶはっってなったけど、ネタバレはしないことにしておく。
ふなっしーというキャラを存在は知っていても、セリフとかを知っているわけではなかったので、へー、と流行りが廃った今頃、感心したぐらいだ。面白かった。

秋葉原再訪

なかなか買いづらいのが違う国のソフト。特に3DSは自分の国のものしか動かないという縛りがあるので本体もその国のものを揃えなくてはならないから、買う人はとても少ない。

ただし1世代戻ってDS版のカートリッジとなるとどこの国のでも動くので、ポケモンの国際孵化(特に色違いのポケモンが出やすいとか)のために、時々買う人がある。
あとは、北米版、またはヨーロッパ版にしかないようなゲームカートリッジも、時々出回る。

カジュアルパズルゲームとして、廉価版ばかり出しているシリーズの一本として出たパズルクエストは、廉価版には滅多にない大ヒットで、PSP、XBOX、パソコン版、iOS、そしてDS版と、かなりのマルチ展開になった。

私は最初DS版をゲット。一度クリアして、2度目の途中でものを売るとフリーズ必須というバグに遭い、PSP版をゲット。ボタンで遊ぶのがなんとなくしっくりこず、タッチパネル版でということでiOS版をゲット、そしてそこまでいったところで、北米版DS版にはバグがないという話を知った。

そのころ、確かドラクエの9のすれ違いが盛り上がっていたころで、しょっちゅう外出にDSを持ち歩いていた私は、秋葉原まで行って、英語版を買ったのだった。ただし、もったいないのでどのバージョンも一応1回ずつ意地でクリアした。

DS版は 数回クリアまでいったので、遊びきったか、というとたしかにそうなんだけど、やっぱり時々遊びたくなるんだなあ…。
ちなみに、これの続編に、何本か似たようなゲームが出ているのだけれども(これは北米版で、アメリカに旅行に行ったとき買った)続編はプレイ感がそれほどでもなかったのと、絵が好みではなかったことでそれほど遊ばなかった。

北米版のe-shopにはパズルクエストのダウンロード版があるので、ダウンロードしてあるけれど、日本のショップにはないし、この間もブログの記事にしたけれど、ソフトがケースごとなくなってしまったので、アメリカから買えないかアマゾンを見に行ったら、日本には送ってもらえないソフトだった。

こうなるとしょうがない、オークションか、秋葉原で運だめしかの2択。
ちなみに日本語版は叩き売られているし、「ルーンアイテムを売らない」というバグ回避方法もあるらしいので、興味のある人は試してほしい。カジュアルパズルゲームが好きなら、いいゲームだと思う。
ちょっと前に久しぶりに秋葉原へ行って、楽しかったので、もう一回行くことにした。といっても、前に洋ゲーを売っていて、私がしょっちゅう見に行っていたショップはつぶれたらしい。
でも日本で洋ゲーが買える可能性が一番高いのは、秋葉原だろうなあ…ということで、出かけて歩き回ってみることに。

数カ所、中古ゲーム店で覚えているところを回ってみたのだが、かなりの店が残っていない。
移転、縮小、統合…。フィギュアや、グッズを売っている店は増えているみたい。多分食べ物屋さんも増えている。
足繁く通っていたのは息子が生まれる前だからなあ。10年以上経っているのだから変わっているのも当然だよね。

部品屋さんへ寄って落ち着いてから、一番お店がたくさんある通りを歩いて、中古ゲームがおいてあると書いてある店を見つけるたびに入ってチェック。

ゲームボーイの専門店が出来ていた。箱説なしのゲームボーイカラー、2000円で買い取り?えらく高いな。家に2、3台あるけど。ゲームボーイカラーでそれなら、ゲームボーイライトとか、いくらなんだろう。

とか思いながらふらふら歩き回って、何軒目かに入ったお店で、目的のパズルクエスト北米版を発見。やっぱりあったー。当時話題になったし、タッチパネルとの相性もよく、問題になるのはバグだけだったからなあ。高いソフトでもなく、定価でも当時のレートで3000円切ったから、他のソフトよりたくさん出たのが勝因?

ついでに、他のもめぼしいソフトはないかな、と思ったけどそれほど好みのソフトはなかったので、秋葉原駅前のヨドバシまで戻って、ドラクエのすれ違いをしばらくやって帰ってきた。
相変わらずの混みようだった。

秋葉原で買い物をするのが趣味というのは、趣味にいれていいのかなあ。
他の街とは、かなり違う買い物ができるよね、秋葉原って。

ドラクエですれ違いをしてみる

ドラクエ9を遊んだときは、すれ違うと「宝の地図」がもらえて、かなり珍しい宝物や、めったに遭遇しないようなモンスターがバカスカ出てくるダンジョンの地図があるとか話題になった。だからすれ違いは大人気で、ヨドバシカメラには、わざわざ鳴り物入りでドラゴンクエストのすれ違いコーナーが用意してあったりした。

 もちろん私はそれに参加して何度かヨドバシカメラに出向き、結構いい地図をゲットした。

今回の11のすれ違い通信は、ミニゲームのキャラクターがやってくる。自分がゲーム内で見つけたミニゲームのキャラ、「ヨッチ族」を自分から送り出し、相手から受け取る…ということになっていて、色が、赤、黄、緑、青、紫、白、それからミックスカラーのものと、「メタル版」がいるらしい…ということはわかっていた。

 このヨッチを、グループにして、ゲーム内のダンジョンに探検に出すというのが、ミニゲームの内容。そのダンジョンで見つけてくるアイテムによって、勇者グループがちょっと、遊びに行けるダンジョンがある。

これがね?ヨッチが弱いの。ヨッチの体力を回復する手段はなく、ダンジョン内で襲われているヨッチを見守るだけ。全滅はいつも、「時間の問題」で、全滅場所から、新しいヨッチをつぎ込んで続投するか、時々通りかかるセーブポイントでセーブしておいて新しいヨッチグループを送り込むかの2択。

 なんていうか、ヨッチ使い捨てで、あんまり気分がよくない。
 ゲーム内でやたらたくさん沸くから、困りはしないのだけれども…。

 強いヨッチを「引き当てて」、VIP枠に登録しておけば、「また来てくれる」というのがあるらしいが、手元においておけるヨッチは50人。8人ずつ消費するとあっという間で、ダンジョンの難易度も、つまり「ヨッチをつぎ込みつつ少しずつ前線を進めていく」という方式にするしかないので、自力で捕まえたヨッチだけでは全然進まない。

 このゲームを作った会社が、珍しい柄のヨッチをローソンと、そしてスクエアエニックスのカフェで配る、というのがあった。場所によってはヨドバシでも配るそうだけど、スクエニのカフェ?あることすら知らんかったわっ!ということで、夫にお願いして、子供を頼んで、スクエニのカフェまで、つまり秋葉原まで遠征した。

 秋葉原のスクエニカフェの前で、無事、スクエニ配信のヨッチをゲット。…攻撃力、17だあ??よわっ。最近すれ違いで来るヨッチは攻撃力80オーバーのが来ることも多いのに、17ってどうよ。色柄がかわいかった。確かに赤白の水玉なんてみたことなかったからね…。ローソンのシンボルカラーなのか、水色と白のシマシマ柄の「ローソンッチ」も、受け取れた(これは電気屋街のローソンだった)これも、攻撃力が20とか。

…これはつまり、「かわいい枠」であって、戦闘には、役立たないのね…。
こんなのをパーティにいれたら瞬殺だってば。

でも、公式配信「じゃないヨッチ」、つまり、プレイヤーが配っているヨッチが取り放題状態にすれちがう。
そりゃそうだ、スクエニカフェの前に座った人、立っている人に、3DSを持っている人がものすごく多い。プレイヤーだらけなのだ。もちろん私もその一人であって。

15人ぐらいずつ、すれ違うたびにヨッチを厳選して、4、50人たまったらダンジョンに。
全滅>続投を数回繰り返して、戻る。
すれ違いヨッチがたまっているので、連れていく。

…というのをリピートして、半日かかって、最終レベルの10までクリア出来た。
多分、どうしてもそこで必要な宝箱は全部開けた。
もう、ヨッチが全滅するのがいやなので、ダンジョンにはもういかない。

みんなが配っているヨッチには、本当にいろんな色のがいた。
四角い模様がおなかについてるとか、ゼブラ柄(ただし、緑と黄色)とか、「すいか」なんて名前がついた上が赤、下が緑のとか、「白パンツ」と名前が付けられた、下半身が白で、上が青の子とか。

カフェは、知らなかったけど、「予約制」で、私が11時ぐらいについたら(何のことはない、秋葉原のヨドバシの1階にカフェはあった。見落としてたんだね)どの予約時間もいっぱいで、入れるとしたら、「夜の9時からあと」の、予約がいらない時間だけ、とか表示してあって、ひょえーってなった。人気あるんだ…

ちなみに、料理の写真とかみたら、かわいかったけど、お値段はかわいくなかった。
 カフェに座ってお茶…は無理だったけど、グッズ販売があって、カフェで飲食しない人も購入出来るみたいだったので、お店のところだけ見てきた。

 ほしい…けど、かわいいけど…断捨離を頑張っている身としては、というようなグッズが多い。

でも、せっかくここまで来たんだし、ドラクエ11発売記念だし、何か1つぐらい…と思ったらいいものがあった。
アメリカでは、これはめちゃくちゃポピュラー。Elongated Pennyと呼ばれていて、大概25セント貨2枚と、1ペニー銅貨1枚をいれると、25セントは回収され、1ペニーが機械にはさまれて刻印されるついでに延びて、この形になって落ちてくる…というもの。
博物館、資料館、美術館をはじめ、観光地という観光地にはこれがあるといってもいいぐらい。遊園地、例えばディズニーランドには、一体これ、何種類買えるだろう?というぐらいある。

 日本では、通貨を加工してはいけません、というルールがあるので1円玉とかでこう、というのは出来ないので、1ペニーと同じ大きさの金属がお金をいれると、機械に自動投入されて、出てくる。
 実はこれ、ポケモンセンターにもあるんだよね。昔子供にせがまれて買ったことがある。

 これは、スクエニカフェでは左のスライムが、「全体運が上がるお守り」、ロトの紋章だ。
 右の、ドラキーが、「勉強運が上がるお守り」ということで売っていた。ドラキーが読んでいるのは「さとりの書」なんだって。



 今回のドラクエは9よりいいと思うけど、すれ違いは、イマイチ?
 でも、この程度なら、「すれ違えなくても、大丈夫だし、惜しくない」ので、発売日から何年もたってクリアするプレイヤーとか、地方のプレイヤーとかでも、問題がないだろうし、これはこれでいいのかも。

 帰り際に、大急ぎでソフトクリームなんか食べて、秋葉原の部品屋へちょこっと寄って、通販だと送料がかかってしまうような部品をゲット。ヨドバシカメラのゲーム売り場も、見て帰ってきた。

 やっぱりドラクエは、発売直後から、三か月後ぐらいまでが、盛り上がるから、やっておいてよかった。自分のヨッチだけでは、クリアは大変すぎるからね…武器が「手持ちに入ったことのある武器から、ランダム」らしいので、たとえば、「ひのきのぼう」なんていうのを装備したヨッチが来ちゃうのね。

いいから、せめてそのランクなら、「どうのつるぎ」があるでしょうが!とか、Sランクでも、「なんとかの杖」みたいなのを装備していると、攻撃力は弱いんだよね(魔力のほうに作用する武器だから)。剣を、剣を持ってきて!杖はいいから!という感じ。

 だから、すれ違いで、みんなが放流してくれる強いヨッチをいっぱい借りられて助かった。
 秋葉原って、たまにいくと、すごくいい。昔は、もっとこう…食べ物屋さんも、牛丼、ラーメン、というようなものが多かったのに、ちょっとうろうろしてみただけでも、カフェとかも増えていて、ちょっとおしゃれになったかも?

 でも、中古ゲームやさんとか、部品屋さんとか、ジャンク屋さんとかは、減っている感じがする。
 また、面白い配信があるときには、行きたいなあ。

ソフト入れつき、3DSカバー

マッチ3ゲームというのは、アメリカのゲームサイトでは一大ジャンルを形成していて、すっごく本数がある。
その気になれば毎月、2、3本新作が遊べるのではというぐらいある。

このゲームの代表格は日本では「パズドラ」シリーズなのだけど…。パズドラは、自分の手持ちのドラゴン(ドラゴンじゃないのも多いけど)を育成するという要素もある。

これが面倒!ただ、ひたすら3つあわせて消したいだけなの…というときには、この育成要素がいらないんだな…。
ゲームボーイアドバンスには「ZOOO」というゲームがあって、これは一時DSでも大人気だったのだが、これは時間制限がある。

愛用しているゲームはスマホやPCのほうが元々強かったPopCapGamesのBejeweled3(北米版)のDSソフトで秋葉原の輸入ゲーム屋まで行って買った。クラシックモードは時間制限なし、ひたすら遊べるのだけれど、これも何年遊んだだろう。5年?もっとかな。飽きてきた。

日本のゲームで、マッチ3で3DSのもの、と検索すると出るのが、「くまもんボンバー」と「ふなっしー&ドラゴンズ」それから「モノクロブー&ベビーブー」…キャラ物ばっかりか!
1本、ジュエルマスターというのもあったが、残念これは持っているが、途中の面が解けず、挫折中だ。

くまもんと、ふなっしーは、キャラものソフトをよく作っているメーカーで、任天堂のe-shopにあったけど…ダウンロード版5000円越え。ドラクエと同じような値段、つまり廉価版ではなくて、フルプライス。

ちなみにモノクロブーはカートリッジ版しかなかったので中古で280円で購入したら、単にZOOOのキャラ違い版で、ZOOOの会社のクレジットがはいっていた。

くまもんも、ふなっしーも5000円分…。レビューを見ると、やっぱり「軽い」ゲームらしい。そうだよねえ。マッチ3ジャンル自体、軽く遊べるのが売りなんだから、そんなグラフィックグルグルの大長編なわけないよね。
2980円ならなあ…ダウンロード版買うんだけど、5000円越えはな…。

中古ソフト屋さんにいったら、2本とも、もちろん、モノクロブーも、ZOOOでさえも、影も形もない。最近は、中古屋でもメジャーなのしか置かなくなっている感じがする。そりゃそうだよね…。ネットで検索すれば、マイナーなゲームを通販で買える。あるのは、ポケモン系統、カービィ、マリオ、どうぶつの森…きっと、くまもんみたいなマイナーなソフトは、「買取しません」なのかもしれない。

結局通販で2本2000円ぐらい(送料こみ)でカートリッジ版ゲット。
これ、持ち歩けるようにしたいな…。と思ってカートリッジケースの小さいのでも買おうか、と見に行ったら、ヘンテコなもの発見。

カートリッジを入れるケースが、フタにくっついているケース!これと同じような商品が初代DSの時にもあって、愛用していた。ついに、3DSにも出た!思わず買った。高かった。1600円ぐらいした。ダウンロード版全盛期の今にも、よくぞ販売してくれました、と思う。というわけで、DSがポケモンバージョンになってしまった。
ついでに、本体で2DSLLという、新しい本体(3DSLLと大体同じで、3D画像を出す機能を省いただけ、従来の2DSをおりたたみにして、大きくしたもの)を見てきた。

これ…いいなあ…軽いし。オレンジのカラーリングも好みだ。実のところ、立体映像で遊ぶことは、まずないし、こういうのが出るとわかっていれば北米版2DSはあきらめてこれを待ったのになあ…。

 おこづかい、ためよう…。



ドラクエ11クリアネタバレなし感想

多分クリアしたと思う。このあいまいな記述はなぜかというと、終わった後にもいろいろあって、まだまだこれからか…という感じがするから。

しかし、ネタバレは嫌な人がいると困るので、書かないけど、終わったときの感想としては、シナリオ2本分はたっぷりあったな…ということ。ドラクエ1から、3、ファミコン版4ぐらいのころとは全く違うこのボリューム。
大体の流れとして、「仲間をあつめる」「アイテムを集める」「ボスを倒す」とまあ、こういう風になっているのがドラクエなんだけど、これが、大体こうなるだろうねえ?という予想はしていたつもりだった。

そりゃもうドラクエ遊んで20年になろうかという「れきせん」プレイヤーではあることだし、ほとんどのRPGというのは、都合ボスを倒せば終わりになっているから、よし、あとラストダンジョンを最後まで歩いて、ボスの前まで行ったら戦って終了だ、今晩で終りねっ。大体11時ぐらいには終わるだろうから、そうしたら寝よう!と思って、準備を整えた。

つまり、ボスの直前でHPとMPの全回復があるかどうか不明だったので、MPを自動回復する装備をするか、MP回復薬(店売りなし)をモンスターから盗んでためておいたのが足りるか確認、今の時点で手に入る材料で、なるべく強い武器防具アクセサリを購入、鍛冶で作成して、armed to the teeth と英語では表現するのだが、ガッチガチに武装して、スキルチェックと連携攻撃で大体の計画を練ってからボス戦に挑んだ。

ボス戦後、2時間たっても、私は起きていた。シナリオが、これで万々歳終了でなかったことだけは、書いておく。
えええ!!!こうなるの?マジで??これは見届けなければ!…と思って、つい…。(<こういう感じ)

予想外だったけど、大体一息入れるところまで行って、はあ…寝よう…。となったときには、今日は盛りだくさんだったなあ…と思った。
 9のシナリオよりは絶対、納得がいく終わり方だ。SF小説ではこういう展開はよく聞くが、まさか剣と魔法の中世的設定でこうくるとは。とてもうまく収束させてあった。
例えるとしたら、いろいろな要素がぎゅーーーーっっと詰めてある感じ。よくぞここまで、うまく入れ込んだなあ、まさかここまで入っているとはぱっと見にはわからなかったねえ、と感心した。

一つだけ、興ざめだったことがあるとすれば、メカっぽいモンスターに、ミサイル撃つのがいるところ。

 火を吹くとか、吹雪を吹くモンスターはいてもいいけど、ミサイルはないだろうよ…。大砲はあるけど、ハンドガンはない世界なのに。吐くならミサイルではなくて火の玉にしてほしい…こう、サイバーパンクっぽく。

まあ、ちょっとしたことだし、気になったのはそのぐらいで、あとは面白かった。実は7、8、9よりも11のほうがお気に入りだ。
6…よりもいいかな。一番好きな3より、凝ったところも多いし、これからドラクエを遊びたいときは3をやり直すのではなくて、これを最初からやってもいいかも、と思うぐらいには。

そして今回のドラクエは、クリア後要素がこれでもかというぐらいある。終わるのか、これ…。
クエストがまだ半分ぐらいそのままだし、鍛冶にも作ってないものが多い。大体この材料はどこで?というものが結構ある。複数のモンスターが落とすものは、ああ、これどこかで取ってた、とわかるのだけれども、一度も見たことも聞いたこともないものが、「これが必要です」というリストに出てくる。

絶対どのモンスターでも一度は「ぬすむ」が成功するように心がけて進んでいるので、相当数のものが、手に入っているはずなのに。ちなみに、今回は中ボス戦、ボス戦、イベント戦などのボスは、アイテムを持っていない。一応念のためにどのイベント戦でも一度は試したけど全員持っていなかった。ちなみにボスのお供は持っていることがあった。(呼び出されたザコも)ボスドロップでしかでないというアイテムがないのは、実はリセット祭りにならないので楽。

ドラクエゲーム内のミニゲーム(アクション系)で勝たないと手に入らないものが必要な鍛冶アイテムは、あきらめざるを得ないけれど、(私はそういうゲームが死ぬほど下手)それ以外は飽きるまでやる。

ちなみに、ドラクエ3にあった、すごろくはなかった。残念。小さいメダルは、なんとモンスターが落とす、またはモンスターから盗めるので、取り放題…とまではいかないが、かなり集めるのが楽。前までは「レミラーマ」は必須のじゅもんだったけれど、今は目的のモンスターが出るところへ行って盗みまくるという技が使える。

それと、レベル上げも、わざわざゲーム内に「試練」という、いうなれば「訓練場」みたいなのが用意してあって、ちょっと頑張ればガンガンレベルが上がること。はぐれメタルとかも狩りたいと思っていたのに、そんなことするまでもなく、今の私=ゆうしゃのレベルは、75。これだけあれば、めったなことでは死なない。

気が付いたら、余裕でボス戦に挑めるレベルに上がってました…って感じ。
死にまくったドラクエ1、2、それからはぐれメタルとメタルスライムをどくばりで刺しまくってレベル上げをした、3からあとのドラクエより、クリアは簡単だと思う。

ああ、ドラクエだった…。おいしかった。
クリア後に、余韻を楽しみつつ、世界を冒険する楽しみがいっぱいなのもいい。

そういえば、「最後の扉」のカギも手にはいったことだし…きっと、まだ宝箱が残っているよね。
まだまだ、あそべそうだ。

今日のドラクエ11音楽とシナリオ

私たちは、文章が似ている、または音楽が似ている…ということをどこで見分けているのだろう。
たとえば、ピアノソナタだの、ソナチネだのを集めた本なんか見ていると、モーツァルトそっくり…に作ったのがある。でも作曲家はモーツァルトじゃないの。

 ピアノの先生に言わせると、そういうスタイルがその時はやりだったのだけれど、やっぱりモーツァルトのだけは違う…ということになるのだけれど、私にはクラシックの知識がほとんどないから、正直10曲ぐらい弾かれて、その中にそっくりさんと本物のモーツァルトが混じっていても全然わからないと思うぐらい、よく似ている。

文章だってそうだ。文章を書く人には、スタイルがある。たとえば、長編シリーズを書いていた人が亡くなったとき、続きを書き継いでいくようなときは、うまく似せてあるなあ。と思うことが結構ある。英語なんかだと、文章のスタイルがみわけにくいので「監修者だけが同じ」ぐらいのものでも、違和感なく読めてしまう。

ドラクエのシナリオを書いている人、それから、音楽を作っている人はずーっと同じ人なので、似ているのは当然なのだけれど、これだけの曲数を作り、長いシナリオを書くのだから(おまけに皆さん、結構お年だから)若いアシスタントさんがいっぱいかかわっているはずなのに、やっぱり、「ドラクエっぽい」んだなあ…。

長く、何百回と聞く(私の戦闘回数は1500回超えた。こういう記録も取ってくれる)戦闘の時の音楽とか、フィールドを移動中の音楽とかが、本当になじみ深い感じがする。

多分だけど、ストーリーで行くと、ボス戦直前のはず…なんだけど、途中のクエストとか、試練に挑戦とかをやっていると、魔王を倒して終わらせてしまうのが残念で、つい…うろうろして、楽しんでしまって。
 世界を救うのは、後回しののんびり勇者、レベルは55ぐらい。

DQ11クエスト「魔女に恋した男」3DS版

ちょっとネタばれなので注意。


ドラクエ11には、「クエスト」というおつかいのようなものがあって、それをこなすとお礼がもらえる。
これが!!もうね…。簡単なのはものすごく簡単なんだけど、難しいのは全然だめ。
ネットのヒントなんかも、あったりするのだけれど、2D版をやっている人なんか皆無で、方向音痴、地図を見るのが下手な私は大苦労。

今日、1時間以上探し回ったのが、このクエスト。
「魔女に恋した男」 
クレイモラン城下町にいる 若者に 魔女リーズレットのため、雪月花を摘んできてくれ!と頼まれた。
花はシケスビア雪原の氷獄の湖に咲いているようだ。

これが、ネットで見ると、地図もあるのね?で、PS4版なんだけど、参考になるだろう、と思って行ってみたら、何にもない。地図が2Dと3Dで違うのかな?と思って、3Dに切り替えても、ダメ。
3D版は、採集ポイントが分かりにくいからか、とぐるぐる回してうろうろして、結局見つからず。
もう一度、クエストを見直すと、「シケスビア雪原」だけじゃなくて、「氷獄の湖」と書いてある。結局3D版で走って行って、あったのは

ここだった。


2D版で遊んでいると、氷獄の湖に入った途端、ダンジョンとか、イベントとかと同じ斜め見降ろし画面になってしまうので、見落としていた。

2D画面で見ると、この位置。
上の地図は3DS版3D用の下画面の地図。キャンプのところまではわかりやすいので、2Dで分からなかった人は、キャンプまで行って、キャンプの女神像で3D版に切り替えて、下画面の地図を参考にしてください。


いやあ、うろうろぐるぐるして、お金はたまるし、レベルは上がるし、ストーリーは進まないし!

だからこそ、ボス戦があっという間にクリア出来るのが、私のドラクエ…。これはいいのか悪いのか、ねえ。ほんと。

ドラクエ11は、買いか(中年向け)

スーパーファミコンが…いや、ファミコンが、まだ現役でスーパーマリオみたいなアクションゲームが多かったその時代、反射神経なしで遊べるドラクエとFFはそれまでゲームに興味がなかった…というか、あってもうまくプレイ出来なかった人を取り込むのに成功した。

ストーリーを追い、まるで映画のように冒険を自分の体験として味わうことができるジャンル、つまり「役を自分でやる」ゲームってことで、ロール(役割)プレイング(演じる)ゲーム、略してR-P-Gなんですよ、という説明がいるぐらいには、当時はこの言葉の認知度は低かった。
 一応、RPGをボードゲーム(さいころと、コマと、ボードでやる、アナログの)で遊ぶというのはあったのだけれども、かなりマイナーで、ゲームのセットも高いし、大体外国のものがほとんど(つまり英語の)という状態。

 今はテレビゲームと区別するためにTRPG(テーブルトークRPG)と呼ばれているが、ゲームマスターと言われる進行役は、シナリオを円滑に進め、なおかつ不測の事態に対応できなければいけないので、遊べるのは中学生ぐらいからだろうか。おまけに、本格プレイをやる人は、言葉遣いを変えたりするような演技をするので、これが気恥ずかしい…というので、シャイな日本人には敷居が高く、正直かなりマニア向け。

 実は私にもTRPGを遊ぶ友達がいたのだけれど、「ファミコンのRPGは一人でも遊べるんだ、すごいぞ」というのがまず、話題になった。シナリオを用意し、場所とテーブルと道具と、それから人数をゲームマスター含めて、4人ぐらい集めるとなると、これはなかなか大変だものね。

 そんなわけで、私は最初、FFの1+2のソフトを買って遊び始めて…。難しさに挫折した。
 そのあと、多分こっちのほうが簡単だ、といわれた、スーファミ版のFF5を。(確かにこれはクリアできた)そのあと、遊んだのがドラクエの3、というわけだ。

 コツがわかってきたら、FFの1、2とか、ドラクエの1、2あたりの「難易度がちょっと高め」のソフトも遊べるようになった。

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
そんな昔のことが、頭に浮かんでくるぐらい、ドラクエ11は懐かしい感じがするソフトだと思う。
新作なのに、なつかしいなんて、変だと思うけれど、でもそう。

ドラクエ7の、過去と現在を行き来する石板の面倒くささもなければ、8の3Dもない、9のイラだつ案内役もいない。
3DS版限定だけれども、なんていうか例えるとするなら

20年、読まなかった本「ドラゴンクエスト3」を再び開いたら、中身が変わっていた…。鮮やかな世界が自分の前にもう一度現れ、わくわくするような冒険が、もう一度、楽しめるのが、わかった、そういう気分

自分が一番好きだと思っている本を思い浮かべて…。その本を1回目に読んだ時のことを思い出してほしい。
わくわくして、次がどうなるんだろう、と楽しみにして、読み終えるまで置けないような本。
その本を未読で、これからまっさらな状態で楽しめる人のことを、うらやましいと思ったことは、あるだろうか。(私はある)
 それが、実現するとしたら。ストーリーをすっかり忘れて、また新しく読めるとしたら?(大好きな本だと、ストーリーは忘れないから、これは不可能ではあるけれども)そうしたら、もう一度読みたいよね。
 ゲーム版の「それ」が実現したのが、このドラクエ11、スーファミのころのドラクエが大好きだった人が、その楽しさをまた、全く新しく味わえるように作ってあると思う。

転職はないらしいし、モンスターを仲間にして戦うのもないっぽいんだけど、でも…。ドラクエの、芯だけ抜いて、新しい世界にはめこんだみたいな…。

 正しく、シリーズものだと思う。この世界には、これがあるから、いいんだよねえ…とか、これがあるから、ドラクエなんだよねえ…とか、そういうものだけを、取り出して詰め込んだ、正調、ドラクエ、少なくとも、ファミコンか、スーファミで6までのドラクエを楽しく遊んだことがある人なら、絶対買い。

まあ、私が特にドラクエ3が大好きというのもあると思うので、そのあたりは割引きというところだけど。
PS4版に関しては遊んでいないので請け合えないが、3DS版に限っていえば、おすすめだ。

 もちろん、イベントとか、ボス戦のグラフィックはPS4とか3DSでも、3D版のほうがきれいだろうな、と思ったのはある。(3Dに切り替えてみるほどでもない、というか、切り替えるのを忘れる)でも…。グラフィックなんて、ファミコンのあれでも、ローラ姫はかわいく、勇者はかっこよく思えるというのは、小説の中の人たちが絵なんかなくてもかわいくかっこよく見えるのと同じ、想像力の問題だもんねえ。

 雰囲気が出ればいいのよ、雰囲気が出れば。

一言でいうなら「あの楽しさをもう一度」。
ドラゴラムは、ないのかな…。と思いながら、スライム狩りをしたり、小さなメダルを集めている今日のドラクエでした。

今日のドラクエ11 鍛冶のペナルティ

うろうろしている間にレベルがあがって、レベル33。
うちのマンションの中だけではなく、外を通る人にもプレイヤーがいるらしく、部屋にいるだけですれ違い通信が可能なのがすごい。

こういう現象はほかのゲームではあまり起きない。ドラクエの、それも発売直後だけの現象だ。

今日も、材料を集めては「不思議な鍛冶」にいそしむ。
材料を集めるために戦ったり、歩き回ったりしなくてはならないので、「逃げないで戦う」派の私は、ものすごーくレベルが上がってしまうので、ストーリーを進めるのには全く苦労がない。

どのドラクエもこうやってクリアするので、いつも通り。だって、逃げるって、あんまり成功しないんだもの…。
逃げるのに失敗すると相手から先制攻撃になることが多いし。

不思議な鍛冶も、レシピがあるのだけれども、それが作れるだけの材料がたまった頃には、すでにもうお店で買ったりして、持っていることが多いので、作って、打ち直しの宝珠をもらって、それで+2とか+3とかにするのがいい感じ。不思議な鍛冶はつまり、打ち直しの宝珠をもらうためにやっているだけ。

 失敗したときに、リセットすると、不思議な鍛冶台が5分ぐらい調子が悪くなって使えなくなるというペナルティがあることもわかった。

店売りのものを買うときに、問題なのは、たとえば「はがねのつるぎ」がお店にある時、手持ちにあれば、持っている個数を教えてくれる。でも、もし持っているのが、自分で作成した「はがねのつるぎ+1」だと、「もっていない」と表示されてしまうこと!そりゃあ、 +2とかになると、かなり違う。+1でも、例えば攻撃力が+5ぐらい違うから、同じアイテムとは言えないかもしれないけど、アイテムが多くなってくると見つけにくいので、やっぱり教えてくれるといいのになあ。

ちなみに、早期購入特典のしあわせのベストと、なりきんベスト。+3にしたら、防御力が28になった。初期が5なので、+23は大きい。

DQ3と同じように、オーブを探すのだけれども、今オーブが、赤、黄、紫、緑、白…ってあと1個。ということは中盤にさしかかったあたりかなあ。今回のオーブ、結構どれもあっけない手に入り方。特に赤と黄色。紫と緑も、かなりあっけなかった。
(白はダンジョン付き)残るは青か。

後、カジノも1つ、出てきた。んーーー。すごろくはないのかなあ…。
なるべく攻略を見ないで、ストーリークリアまで行きたい。

ドラクエ11、早期購入特典利用のコツ

現在、遊んだ時間、13時間、勇者のレベル22ぐらい。
ストーリーがそれほど進んでいないのは、NPCに頼まれたクエストをやったり、鍛冶をやったり、その素材を集めたりして寄り道をしているから。

リアルタイムでストーリーが進んでたら大変だ。今、私…というか、勇者=主人公は、追われている。そんな道草食っていたら、とっくに追いつかれそうなぐらい、プラプラしている。

今日、わかって「おおおっ」ってなったこと。
早期購入特典の、「なりきんベスト」と、「しあわせのベスト」。これを、先頭の2人に装備させて進んでいる。
確かに、序盤が楽になるアイテムではあるのだけれども、これが、あんまり防御力がない。

「ふしぎな鍛冶」ができるようになって、「上下打ち」「手かげん打ち」「2倍打ち」が使えるようになって、材料がたまるたびに、いろいろ作っては売り払っていたのだけれども、ふと、持っているアイテム打ち直しって、出来るのかな?と思った。

打ち直しには、「打ち直しの宝珠」というのが必要で、手に入れづらいみたいだから温存しながら進んでいたのだけれど、50個以上たまったので、セーブしてから、なりきんベストを打ち直してみたら、見事、なりきんベスト+2に!しあわせのベストもしあわせのベスト+2になって、両方初期守備力5から19へ大幅アップ。20近くあれば全然違う。+3にまで出来るらしいので、もうちょっと上がるだろうし!

とはいえ、ネットの攻略を見ると、「それほど効果はない」と言っている人も多いのだけれど、私みたいに、「ほとんど逃げないで戦闘」するという人には、ちりも積もれば山で、確かに、効果は実感出来る。
(ちなみに、後で行けるようになるカジノの景品にもあるので、初期特典として取れなかった人も、一応手には入るらしい)

すれ違い通信で出る「ストーリー進行度」は今、「50」。
ちなみに、すれ違った人の中には、ストーリー進行度「127」なんていう人もいたから、100までではなさそう。

面白いか…と言われると、うん。
今のところ、大丈夫だと思う。これから、どういうストーリー展開になるのかわからないけれども、私の勇者は、いつも通り、アイテムを盗んでくれる仲間と一緒に、プラプラ旅をしている。これで、はぐれメタルが狩れたら、もう言うことないな、と思うドラクエ歴戦のプレイヤーなのでした。

ドラクエ11、始めました

私のドラゴンクエスト歴は、結構長い。
一番最初に遊んだのは、スーパーファミコン版の3。これは名作だった。スーファミ版6、5、4を遊び、そのあとにゲームボーイで1&2を。それからゲームボーイの3を遊んだ。7はプレイステーションで遊んだ。8は、実はソフトとしてはプレイステーション版をもっていたのだが、3D酔いをするため遊べず。ゲームボーイ版3は繰り返しあそんで、そのためにまだ私はゲームボーイカラーをもっているほどだ。

年月がたって、DSで発売された5は一通り遊んだが、4、6、7、8は積みゲー化。9は遊んですれ違い通信をさんざんやって、友達に譲った。
Wiiで出た、ファミコン版と、スーパーファミコン版の1、2、3が入ったソフトも遊んだ(3だけ)。
10は、オンラインのパーティプレイをしないとまともに遊べないというので、飛ばして、今回11をゲット。PS4ではなく、3DSなのは、経験上、3D酔いは小さい画面のほうがしにくいのがわかっていたから。

で…。初めて見てわかったのだけれど、下画面がまるでスーファミか、ゲームボーイのようなドット絵。上画面が最近のゲームっぽいグラフィックに。おおおお!そりゃもう、ドット絵のほうが楽に決まってる(酔わないから)。

今、まだプロローグで、お城にもつかないぐらいなのだけれども、ちょっと問題が。
大体、昔っから、特別にコンパスのマークがあるのでなければ、2Dのゲームにおいて、「北」といえば画面の上を指した。南が下、東が右、西が左。上下でグラフィックに違いこそあれ、「北がお城だよ」と言われれば、ドット絵の画面でいえば、上へ向かえばいいわけだ。

一度キャンプして休むと、ドット絵の画面では上へ向かっているのに、上の画面の主人公は、画面の下へ向かって走っている。やめてーー!方向音痴なんだから、混乱するから!
 もちろん、LRキーを使えば、ぐるっと画面が回って、ドット画面と同じ「上」に向かって走っていくのが「北向き」という設定にできるのだけれど、キャンプするたびに向きが変わる。
これどうにかなんないのかしら…と思っていたら、ストーリーが進んで、3Dと2Dのどちらかを選んで進んでください、と言われた。なんだ、全編こうなってるんじゃないのね、そりゃそうだ。ステータス画面とか、地図とか出したいとき困るものね。(いつでも設定で切り替えできるらしい。それもすごい)

…ってことは、これはつまり、PS4版と、3DS版と、それから…。つまりスーパーファミコン版、またはゲームボーイアドバンス版が、一緒に発売になったみたいなものなのね。私みたいな昔のを喜んで遊んでいる人には、グラフィックはドット絵で十分、というか、ノスタルジックバリューも含めればそっちのほうがいいぐらいだ。なんたって「酔わない」。これがうれしい。

教会、家、入り口出口、ダンジョン、通路、宝箱…どれもこれも、見慣れたグラフィックですぐわかるし、通れる、通れない、隠し通路、隠れ里、フィールド上でも、街の中でも見落とさないし、いうことなし!まるでスーパーファミコン版の3の世界が、よみがえったよう…。

これは、きっと私たちみたいな中年プレイヤーのために、スクエニが入れてくれたんだなあ…。少子化の昨今、若いプレイヤーだけに売れる分だけでは、困るんだろうな。
よくぞこれだけ、ドット絵を打てる人が残ってた…んじゃないか、これはスマホ向けゲームのドットを打てる人が、コンシューマー機のほうへ雇われたんだね。

ストーリーとプレイした感じがどうなのかはまだはっきりしないけれど、進めるぞ!ドラクエはなあ…みんなが、超大作じゃないと納得しないからな…ストーリーも長いだろうし、隠しダンジョンとか、裏ボスとかあるんだろうから、そんなにさっくりと終ってくれない気配がするけど。

ちなみに、「小さいメダル」はもう1枚だけだけど、発見した。おお!ということはきっと、メダル王のお城とか、カジノとか、すごろく場とかもあるんじゃあ…。
私の頭の中で、すごろく場の音楽が鳴った。ああ、ドラクエ…。ソロプレイに戻ってきてくれてよかった。
ほんと、ドラクエは「斬新」じゃあなくていい。「いつもの」でいいんだよね。
名作はいつだって…いつもの、でそして逆説的なようだけれども、何度プレイしても新しくて。
また、レポートします。

スプラトゥーン同梱版買った

ええ…たまにはゲーマーらしい日記を。

スプラトゥーン同梱版、届きました。

アマゾンが独自でセットにしていた、アームズのソフト(カートリッジ版)もついでに届くという、悪い言い方をすれば、「抱き合わせ販売」ってやつで、チャーム3つがセットになっているのが売り。

本家任天堂が売っていたスプラトゥーン同梱版だけで届けてくれるのは、あっという間に売り切れて、乗り遅れて予約できなかったので、次善の策ということでこうなった。

もちろん、任天堂は時々スイッチを本家オンラインショップで売るのだが、焼け石に水というか、10分で売り切れになる始末、もちろん前もってお知らせがあるわけではないから、そういうものを買おうと思うとネットに張り付いているしかない。

私もそこまでは、リロードしながら待つのも時間がもったいないし、夫も仕事があるので、その手はあきらめた。

アームズが発売日に届いたので、散々遊びながら、スプラトゥーン同梱版を待っていたわけで。
色違いのコントローラもかわいい、1台目は息子が誕生日プレゼントに買ってもらったものだったが、この2台目同梱版は私の「クリスマス前倒し」なのだった。(すごーく前倒しだけど)

 てっきり、ソフトはダウンロード版だと思っていたのだけれども、なんとびっくり予想外のカートリッジ版だった。
ステッカー付きだけど、これどこに貼ろうか。

もともとカートリッジ版を1本買い、どっちの本体にダウンロード版を入れるかとか、それともプレインストール版なのか、と話し合っていたのに、本体同梱版もカートリッジ版だったので、どっちで使っても、同じだねえ、となった。
私はもともと、カートリッジを入れ替えるのが嫌いなので、なるべくダウンロード版でと思っていたのだけれど、しょうがない、デフォルトの1本はこのスプラトゥーンに決定だ。

 2台持って分かったこと。
コントローラーは、本体にさすときに、もともとついていたのとは違う本体にくっつけると、そのまま認識して使えてしまう。左右さえあっていればOK。これはいちいち認識させなきゃいけなかったwiiのとは違って便利。
 これ…好きな色のにしたくなるなあ。

 交代しながら遊んでるけど、全員で遊びたくなるなあ。据え置きのwiiUを2台、とは思わなかったけど、これは携帯機的使い方もするから、複数台買ってしまう気がする。

次の同梱版が、もっとかわいければ…とは思うけど、実は同梱版本体といっても、違うのはコントローラ部分の色だけだった。
本体とか充電スタンドとかに、プリントが入ったものがあったら、もっと買いたくなるだろうな。

出そうなのは、たぶんだけど、マリオ、ゼルダ、どう森、ポケモン、ってとこだよね。ポケモンはポケセンだけでしか買えないパターンだろうから、やっぱりどう森同梱版か!

…だめだろうな、今回買ってもらったし。どう森が出るとき、同梱版買ってー、といったら、却下!って絶対言われる。


 

スイッチのゲーム

ずううっと売り切れの品薄で、買えなかった、Nintendo Switch、アマゾンで買えたのでゲット。マーケットプレイスじゃなくて、Amazon.co.jpの出品だったので、大丈夫だった。

最初の発売日に買わないと、コントローラが赤と青になっているのじゃなくて、黒いのになるという話だったのに、到着したら、ちゃんと左右のコントローラが赤と青だった!!わーい。

 携帯機としてはとても大きいが、据え置き機としては小さい、そういう感じ。あとコントローラ、ちっちゃい。
私と息子は大丈夫だったけど、夫は「小さすぎてもちづらい」と言っていた。私は、小さいとは思ったけれども、実はゲームボーイミクロはまだ使っているのでああいう、ちまちました操作感になれているのだった。

 ゲームは、「いっしょにチョキっとスニッパーズ」を買った。
 スプラトゥーン2は買うつもりなんだけど、他のゲームで今、これがほしい!というものがないので、これと、あと、「1-2-Switch」というのを、息子に購入。

 スニッパーズは、2人で遊ぶと面白い。そこ、ちょっとちょっと!これ切って!止まってじっとして!!動くなってのに!と叫びながらプレイ。コントローラが1個しかないのに、画面上で動くところが上下2画面あるところが、なれないとなかなか難しく、あ、だから、上のキャラがそっちにいったら、下のキャラがぐるっと回っちゃうじゃーん、あ、落とした!!と、たかが左に動くだけで大騒ぎ。
 「どれが」「どっち側に」「どうする」のか、という説明をお互いにしないといけないので、息子の国語力増強が見込めるかも?

 「あのあれをちょっとそうして」ではわからないから、上のキャラなのか、下のキャラなのか、回して、なら「どっち回し」なのか。
 
息子「おかーさん、右」
私  「どっちのキャラ?上?下?」
息子「下のキャラ」
私  「下のキャラね、はい、動くの?」
息子「回して」
私  「時計回り?それとも左回り?」
息子「左回り」

…という感じ。国語の成績を上げるには、論理的に話す癖をつけてください、と、いわれるとママ友さんが言っていた。塾で、国語の成績があがらないと、英語で言うところの5W1Hをはっきりさせて、家でも話すようにしてください、と言われるらしい。
 お互いにコミュニケーションをとらなくてはいけないスニッパーズは、割とそういうところに役立つかも…。

…と思うぐらいしかないぐらい、激烈にゲームがない。
1-2-Switchも、やってはみた。けどなんていうか、あれよ、Wiiが出た時遊んだ、メイドイン・ワリオ。あれと本当に変わらない感じ。あの時はやっぱり、動きでコントロールするのが、すごく新鮮で、楽しかったけど。
 まあ、今回のSwitchは、振動が、ただ適当に震えるだけじゃなくて、色々な震え方とか、断続的に、とか、手で持っていると、振動の進む方向があるような、とか、不思議な感覚が再現されるところはある。たとえば、コントローラの中に、ボール(重たいもの)がいくつか入っていて、それをコントローラを傾けて転がして、いくつはいっているか当てる…というミニゲームがあった。

 コトン、コトン、コトン、とボールがぶつかる感じとか、転がる方向とかの感じがすごくそれっぽく再現されていたのは面白かった。
 この振動の違いを上手く何かに使えるといいんだけど…。
 コントローラを振ると、財布にいくらぐらい入っているか見当が付く(RPGで)とか、ポーションとか水筒の中身が重い時と軽い時で反応が違って、どうなっているかわかるとか…まあ、そこで色々思いつくのが、ゲームを作っている人ってことなんだろうけど。これから、どうなるんだろう。

 任天堂ファンの私としては、ゲーム機が出るときは絶対買おうと思うし、ゲームもなるべくなら買って、任天堂を応援したいところではあるけれど、今のところ、まだ「これっ!」というのは、ないな…。
 
 どうぶつの森と、ピクミンシリーズと、それから、nintendogsと、ポケモンシリーズ、それから面白いパズルゲームがあったら、是非欲しいなあ。もうちょっと、ゲームが発売されるのを待ちたい感じ。ゼルダの1つ前のソフト、買ったけど遊んでないし。マリオパーティは買おうかと思ったけど、評判悪いしなあ。

 …とかいいつつ、任天堂ファンだからね、遊ばなくても買っちゃうんだなあ。

断捨離しないとねえ、とか言いながら、ゲーム機の入った引き出しをみたら、3DSLL(New!でないほう)大小1台ずつ、DSiが大小1台ずつ。DSLite(x2)、DS初代(x2)、ゲームボーイミクロが、紫とファミコンカラーの2台、GBASPのバックライトが1台、フロントライトが黒、ピンク、ファミコンカラーの3台、電池式のGBAが2台…。ついでにゲームボーイライトが1台、ゲームボーイカラーが、青と、ピンクの2台、ゲームボーイポケットが1台。

 もちろん、最新現行機種であるNew3DSLLと、北米版2DSがあるという…携帯機だけでも、これだけあるからなあ。
PSP2000x2、3000x1、PSVitaTVもあるけどなっ。
 ゲームキューブは壊れた時のために2台あるし。ただ、64とスーファミとファミコンはもうない…と思ったらそうだ、ファミコンは、手持ちの謎の偽ファミコンみたいなのがある(笑)。
 
 まあ、GBと、GBAは、だいぶバーチャルコンソールになったから、もういいかもしれないけど…。
 ダルマンバスターズと、ソルダムと、GBCのドラクエ3と、銀河が、バーチャルコンソールになったら、いいのになー。
 こないだ、ゲーム好きの友達に、GB関連、まとめていらないか?と打診したら、「今、メルカリとかで高うなっとるで、ちょっとまったほーがええんちゃうか」といわれた。そういうのが面倒だから全部まとめてあげようと思ったのにー。

 …とか思いながら、電池入れて遊んじゃったりして。スイッチもいいけど、結局ゲームって、本体よりソフトだよねえ…。
 だって、私ゲームボーイのソルダムを1時間もあそんじゃったもの。
 他の筐体に、出てないんだよねえ、これ。

…と書いてから、今、「ソルダム ゲーム」をグーグルにかけたら、なんと!!スイッチに出ている??えーーー!!!
【公式サイト】まであった!
題名は「ソルダム開花宣言」だって!ほんとっ!買う!!

…パズルゲーの中では、うんと知名度が低かったんだけど…。ついに、ついに白黒のゲームボーイを断捨離する時がきたのかもしれない。

ポケモン殿堂入り

今頃かい…という感じだけど。
 
 前回チャレンジしたときは一撃でハラのケケンカニに倒されたのがショックで、レベル上げ…と思って、ポケリゾートでレベル上げをしていたら、技が「一番上から消えて」しまうということを知らなかったので、ペルシアンの「ねこにこばん」が消えてしまった。大ショック。
 しょうがないので、ニャースをもう一回育てなおし…と思ったけど、正直お金を儲ける以外にペルシアンの使い道はないので、四天王戦と、チャンピオン戦に役立つポケモン…ということで、なんとなく使い方がわかっている、今までに使ったことのあるポケモンで、割と育てやすくて技構成がわかりやすい子を育成。

 いつもは秘伝技要員だった、ミニリュウ、穴を掘る+空を飛ぶ要員だったナックラー、それからエメラルドでバトルタワー用だったスターミーを育てる。

 バトルに一番使用したスターミーでいいか…ということでガオガエンと、ジュナイパー、任天堂のプレゼントカビゴンとサトシのゲッコウガ、かわいい枠のピカチュウで四天王戦。さすが、スターミーは57レベル、残りが73-78レベルで挑んだら、結構いい感じに勝てた。 この時点で80レベルまでのポケモンしか言うことを聞かないので、ちょっとあげすぎだったかもしれない。
 サイコキネシス、ハイドロポンプ、冷凍ビーム、10万ボルトのスターミー、結構活躍。最初からこれにしておけばよかったかも…。
相手のポケモンもレベル55近辺だったのに、レベル57、58ぐらいでいい勝負。

 やっぱり強いポケモン、使いやすいポケモンというのは、いるんだよね…。

 、英語のポケモン名があんまりわからなくて、次に相手が出すポケモンがどれかピンとこないので、大体カビゴンを盾に使って相手を確認してからポケモンを出すことになったので、時間はかかった。チャンピオン戦でも、ピカチュウの踊るZ技を使う。いやー、これがやってみたかったばっかりに、ライチュウにしなかったんだからねえ。うんうん、かわいい。

 そしてチャンピオン戦から、セーブできるところまでが長い。殿堂入りの直後にセーブさせてくれればいいのになあ。
ま、これで殿堂入りが終わったから、あとはゆっくり殿堂入り後イベントをやって、図鑑を埋めるという楽しいパートが残っている。ポケモンは、ここからが楽しいんだよねえ…。

 とか思ってたら突然、島のカプ・コケコ戦が???
だーーーっ。ボールあったっけーーー!!!
 しょうがないので、適当なボールを投げながらカビゴンのあくびと、手加減で調整して、30ターン超えたところからタイマーボールを投げて捕獲。いやー、ちゃんと買っといてよかった、タイマーボール。
 あくびは「キノコのほうし」と違って、眠るまでに数ターンあるのが不便だなあ…。

 と、このゲームのプレイレポートを書いている間に、ゲームのクレジット終了、自分の部屋に戻ってスタートだった。
ふう…。とりあえず今日はここまで。細かいことは明日からにしよう。
ピカチュウは、もうライチュウにしょうかな…。ピカチュウのままだと打たれ弱くて倒されやすい。
それからニャースはもっとレベル上げ。うっかり技がなくなっても思い出させることができるように、最終の技を覚えるレベルを超えるまでニャースのままにしておく。

 …とか、書いておかないと忘れる。ここまでは攻略サイトをあんまりみないでやったけど、そろそろ、解禁にしようかなあ。
日本だったら絶対攻略本買うんだけどー。

ダグトリオからの連想

11月に発売された最新作、ポケモンサン・ムーンの舞台になる、アローラ地方には、今までのポケモンとは、違った姿のポケモンが出る…というのが売りだった。まあ、正直ポケモンて、もう今回ので801種類とかいるので、そろそろ種類を増やすのには、無理がある…ということではないかな、と思っている。私だって、まあ、さんざんあそんだゲームボーイアドバンスぐらいまで(400種類弱)ならなんとか、図鑑のナンバーで行くと何番ぐらいだったはず…とはなっても、ダイヤモンドパールのDS世代のぐらいから、あやしくなりはじめ、400番台後半から、XYの600番台、それから今回のサンムーンの700番台は、「ああ、いたね、いたけど…」状態で何番だったか、なんてわかっちゃいない。


昔、ポケモン全部言えるかな?なんていう歌まであったぐらいで、150種類全部図鑑順に言える子がいたぐらいだけれど、さすがに今は800種類では、全部言えるとはなかなかいかないだろうなあ。

 ポケモンゲームで、新しいポケモンに出会う楽しさというのは格別で、「ああーーっ!これ、みたことない!捕まえたい!」というのは、ポケモンゲームのハイライト!という感じだから、任天堂も、やっぱり「種類を増やさないで、増やす」という微妙なラインを狙ったものだろうなあ。

 そして本当に、アローラ地方の冒険で出会うポケモンの面白いことったら!発売前に、任天堂が「こんなのがでますよー」と発表して、ネットの話題をさらった、「アローラ地方のナッシー」は、「これ、ニセ情報だよね?」と思った人がたくさんいたぐらい、予想外の格好をしていたし、イシツブテを最初に見たときは、夜中にベッドの中でプレイしていたのにもかかわらず、「ぶはっ」とふきだしたぐらい、ああ?そうくる?ってなった。

 中でも一番気にいったのは、冒頭に貼った、このダグトリオ。全員、髪型が違うのがもう、なんともいえないキュートさ。

これね…。これに、にてない(右の写真)?この女性グループは、ポインターシスターズというのだけれど、70年代デビュー、80年、90年代、そして今にも活躍している、女性のグループで、最初はゴスペル系だったのだけれど、ダンサブルでポップな曲をはやらせて、、そしてボーカルもコーラスも、大変うまかったので、違うジャンルにも進出して、私も日本で何枚かCD買ったぐらい、いかにも、アメリカンなノリで大好きだったんだけど、最初ダグトリオ見たとき、マイク1本に寄り添ってリードボーカルとコーラスを歌う、グループが思い浮かんだ。まあ、そういうトリオのグループで、私がCD買うほど好きだったのが、このポインターシスターズだけだったというのが、思いついた理由かもしれないけど、でも、このダグトリオ、歌、歌わせたらうまそうだな…って。


ほんとうに、かわいいなあ…。
思わずポケモン図鑑をしげしげ眺めてしまった。色違いのポケモンもいるだろうけど、どこの色が違うんだろう。ボディか?それともやっぱり、髪の毛の色なのか…。がんばって、「助けを呼ばせて」捕まえてみようかと思ったが、地震だっけ、マグニチュード8!とかに当たってしまって、正直痛くて、粘るのがきつい。殿堂入り後に、飛行パーティでも作って、やってみるかな。

ここでもcousinって言ったよ…

ポケモンムーンの英語版で、ククイ博士が主人公をcousinと呼ぶという話は、前にも書いた。
なんで、カズン?と思っていたのだけれど、これ、もう一つ、違うゲームでも聞いた。びっくりして覚えておいて日記に書こうと思ったのは1月1日だったのだけれど、すっかり忘れて今頃日記にする。

 それは、どうぶつの森、北米版の、ニューイヤーのカウントダウンの時。つねきち(英語名Redd)が、露店を出して、クラッカーだの、三角の帽子だのを売っている。ちなみに、日本版だとくれるのは「としこしそば」だが、アメリカでは片手に持つ、スパークリングサイダーってのをくれた。

 つねきちは、普段、村へ時々やってきては、「名画」だの「彫刻」だの、美術品を売る。それだけならいいのだけれども、つねきちがテントの仮設店舗で売っているのは、4つのうち、1つ以外は大概ニセモノ。ゲームの画像は小さいし、どれがニセモノか、見分けるのは本物をよく知らないと、結構難しい。もちろん、円盤投げをする人の像が円盤の代わりにUFOを持っている…というような、かんたんなものはいいのだけれども、肖像画の人間がどっち側をむいていたか、なんて覚えてないよーーーっ。というので、私は時々、偽物をつかまされたことがある。(最近はネットで調べると見分け方が書いてあるから、間違えなくなったけどね)

 「いやー、おきゃくさあん、もうかってまっかー」的な、大阪の商人がマンガに出てきたようなしゃべり方。なんだけど、これの英語版がね、プレイヤーをcousinと呼ぶんだな…。

 なまりがあって、カジュアルで(またはなれなれしく)、呼びかけている、ということなんだろうね。
ククイ博士が大阪商人のように、「いやあ、おきゃくさーん、どうでっかー、もうかりまっかー」と言っているところが頭に浮かんで笑えてしまった。

 日本語を、英語で自然にそれっぽく、訳すのって、難しいんだろうね。こんなところに共通点があろうとは…という、2人でした。

 

えー?写真、だめなの?

寒波の予告通りかなり、雪が降った。私はちょっと歩いてポケストップまで…と思ったのだが、いつもなら歩けるその距離が、とてもじゃないけどまず、アパートの敷地が越えられないぐらいの雪。積雪、20cm。ハイカットのとはいえ、普通のスニーカーでは無理だ…というぐらい積もっていた。

 しょうがないな…と思ったけど、これを写真に撮るのもいいな、と思ったので、私はもっていた3DSで写真を撮った。歩いて歩数を稼いでおかないと、どうぶつの森で買うフォーチュンクッキー(結構いいアイテムがあたるくじ引き)が買えなくなってしまうので、私は歩くときには3DSをポーチに入れている。

 で、よし、これ、ブログにでも書くか…と思って、そのファイルをアップロードしようと思ったら、えー?という感じに、うまくいかない。いつも使っているフリーメールのサイトも、ファイル添付のオプションが出ない。Gmailも同じく。んんん?

 どうぶつの森で写真を撮ると、投稿ツールが使えるという話はあったな、と思って投稿ツールを立ち上げたら、普通に撮った写真はだめみたい。どうぶつの森のスクリーンショットは送れるのにねえ。

 うーん…あちこちのメールサービスを試すもだめで、夫に、「これさー、どうなってるのかなあ」と愚痴ったら、「あ、確か、子供に変な写真撮らせて送らせるとか、そういうのがあったから、任天堂はそれが出来ないようにしたんじゃなかったっけね」…と言われた。

 あー。確かに…。ゲームボーイの8階調白黒カメラの時から、裸の写真が中古のカメラ買ったら残ってた…なんていう話は耳にしたことがあったしなあ。撮って送ってくれ、といわれるという話はなくても、小学生男子なら、やりそうなことではあるし、危険といえば、確かに危険だからねえ…出来なくていいんだろうな。

ま、どうぶつの森のスクリーンショットだと、何をとってもそうそう危険にはならないからね…。しかし、不便だ。せめてもうちょっと、SDカードが取り出しやすければいいんだけど、古い3DSは、確か横が開いて、カードが出せるんだったけど、NEW3DSLLは、確かこれ…ねじ回しでカバー外さないとダメなんだよねえ。

貯めておいて、一気にやるかな。面倒なー!

…うん。今度から写真撮るのは、スマホにしとけばいいんだよねそれだけなんだけど。そして子供のある親としては、大変それが安心なことだというのは確かにある。だから、任天堂の方針に反対なわけではない…んだなこれが。

 いつか、人体が写っていない風景写真と、そうでないものを判別して送れる、送れないとか、出来るようになったらいいのにね。

パズルクエスト

「パズルクエスト アガリアの騎士」 これね…。私ものすごく、たくさん持ってると思う。

実は今日、任天堂の北米版e-shopで、10ドルだったのを、買ってしまった。

まず、最初にプレイしたのが、DSの日本語版。マッチ3で隣り合った2つのコマを入れ替えて3つ以上揃うと、消える。4つ以上そろえると、自分がもう一回動かせる。敵と交互に動かして、取ったコマの種類によって、お金がたまったり、魔法に使う力がたまったり…、相手にダメージが出せたりするので、RPGの戦闘がこれになった、ということで遊ぶ。

 一応ストーリーは薄いけどあって、武器を作ったり、呪文を覚えたり。職業は4種類。

…というもので、私はこれをかなり遊んだ。DSの日本語版には、致命的なバグがあったので、PSP版をまず購入。遊べるには遊べたが、タッチパネルがやっぱり遊びやすいので北米版を買い(アメリカに夫が出張に行ったとき、お土産にしてもらった)、そのあとiPad版にもあるのがわかったので、それも買い、一通り遊んで、それから、パソコン版があるのを知って中古を買い(英語版)、そして、今回北米版のダウンロード版を…。

 うん…自分でもちょっと多すぎだと思う。でも、このゲーム、遊んでしまうのだよね…。PC版はアメリカに今回来てから買ったので、買っただけで遊んでないけど、他のは大体、1通り、つまりストーリークリアまでは遊んだ。日本語版は、バグにひっかかって、途中からフリーズするようになったので、遊ばなくなったけど、英語版は、多分、ポケモンをのぞけば、一番稼働時間が多いソフトだと思う。日本のには、ダウンロード版がなかったので、3DSによっぽどのことがない限り、さしたままだったけど(他のをダウンロード版で買うから)今回、アメリカ版に入れておくのもいいかな…と。

 これは、2とか、3にあたる作品もあるのだけれど、(全部買った)でも、一応やったけどやっぱり面白いのはこれなんだな…。そんなに、ストーリーとか濃くなくていい。ギミックもこのぐらいあればいい。ゲームオーバーになりにくいのもいい。

 マッチ3の中では出色の出来だと思うのだけど…。日本語版もなあ…バグさえなければ。ふとした時に、ちょっとだけ。これと遊び心地が似ているのは、多分「パズドラ」だと思う。でも、パズドラの絵柄より、こっちの方が好み。あと、いろいろそろえる手間がない。強くなるのは主人公自身なのが、考えることが少なくていい。

 同じゲームを、違う筐体でいっぱい買うのは、私は嫌いじゃないんだけど…。なんとなく、どれを手元に持っていても、同じように遊べるのがいいんだよね…。これって、いつも部屋に置いておきたいものがあるとか、いつでもカバンに入れておきたいものがあるとか、そういうのと同じような癖だと思う。

 …夫には内緒だ。絶対あきれられるから。今回のジョブはどれにしようかな…。やっぱり、ドルイドかな…。それともここは戦士か。それから、ミラーシールドと…ミラーヘルムと、作って、リングはこれで…。慣れ親しんだゲームというのは、やっぱりいいな、と思う。そして最初からまた、遊べるのも。今までのキャラはとっておきたい、でも、最初からもプレイしたい。そういう時にこういう風に買っちゃうのだよね。

 ちょっとだけ…と思って遊んでいるのに、気が付いたら3時間ぐらいたってることがある危険なゲームでもある。
ちなみに、キャラがマーベルのになったバージョンがあるらしいのだけれど、まだ遊んでいない。

 

どうぶつの森(新)

アメリカ版、日本版、一緒に進めている、新しい村。アメリカ版の方が実はちょっとだけ、早かったけれど、新しい村って、こんなのだったっけ?という感じ。

まず、靴屋さんがない。キャラクター作ったときにはいてるやつだけ。
村のお店が、じゅうたんと壁紙すらない状態。そしてじょうろって、どこにも売ってない。1つは、前の古い村で買って、アメリカの村のキャラクターが1つもっていたので、それを日本の村に移したけど、カタログショッピングマシンがお店にないので、頼めない。

 オノもない、じょうろもない、花も売ってないのに、村の自分への支持率をあげるのに、花に水をやっては…ってねえ、どうしろというのよーーー。しょうがないから、まず1回目の住宅ローンを返して、南の島へ行けるようにして、南の島のツアーで花をポケットに詰めて帰ってきて、村に植えまくった。

 橋が1本しかかかってない!日本の村はなんとか、許可が下りたけど、128000円て、結構するよね。
アメリカの村はまだ許可が下りない。2つのソフトは、昼夜逆転しているので、夜の方の島へ渡ってはカブトムシ乱獲。

 もう、カブトムシが、全部値札に見えてくる。
「おりゃ!8000円!」(<すでに村の通貨単位の「ベル」ですらない)
「よっしゃ、12000円、うわ、逃げた!」 

 …もうね…。なんていうの?単純さで言えば、スマホのソーシャルゲーにも、似たようなのがありそうだ。タップで虫を取ったり魚を釣ったりするゲーム。どうぶつの村がいいのは、ゲーム内の課金がないことぐらいか。

 そして、果物を植えようかな、と思うのだけど、どうせなら、絶対育つと分かるところに植えたいとか、きれいに並べたいとか、あるわけで。見栄えがきれいなので、リンゴが好きなんだけど、日本の村はサクランボ、アメリカの村はモモだったし…。前の日本の村は確か、ソフトを2つ使って、(たぶん1本は、まだ日本にある?)新しい村を作っては遊びに行って、果物が、ほしいものか確かめて、もいで、持って帰って、作り直して…ってやってそろえたのだと思うからなあ。

 ネットで検索するとでてくるのは、果物が無限増殖するとかいうバグ技の話ばっかり。あとは、村に住む動物さんに、手紙を送って、贈り物にもらう方法があるらしいけど時間かかりそう…。

 あと、アメリカ版で面白いのは、「虫の名前」が全然わからないこと。「wharf roach」を捕まえてきて?と頼まれて、roach?ってなった。ちなみに、ただ、ひとこと、roachと言われたときは、大概cockroach、つまりゴキブリのことを指すことが多い。wharfというのは、港湾エリアのこと…ということは、これは「フナムシ」。確かに、私は生まれて初めて、フナムシを見たとき、ゴキブリかっ。とおもったもんね…。

 フナムシはどうぶつの村の浜辺にちょろちょろ出るので、取るのは難しくなかったけど。あと、日本では「ばった」と言っている昆虫は、何種類かいるけど、「いなご」とは区別されている。でも、アメリカ版では、日本では「とのさまバッタ」と言われているのが「migratory locust」つまり、「いなご」の一種とされていたりとか。渡り鳥みたいに、集団移動するイナゴか…。

 「大草原の小さな家」では、こういうイナゴの大群によって、作物が全滅するところとか、出てきたよね…。日本では、そういや、集団大移動するイナゴの大群なんて、聞かないなあ。…っていうか、数百キロ移動なんてしたら、大概、日本だと海に落ちるんではないかね?やっぱりある程度似ていれば、北米版は北米でなじみのある昆虫に変えてあるのかも。

 がんばって、橋をせめてもう1つずつかけないと、村の中の移動も面倒でしかたがない。そして、ブーツがはきたい。
それから…それから…。

 村の生活も、まだまだ、やることいっぱいだ。

ポケモン、進めてます

ポケモン、ゆっくりながら進めています。手持ちは、最初の三匹トリオを「ミラクル交換」でゲット(誰だかわからないけど、ありがとうっ)。まあ多分、個体値厳選からもれた子たちなんだろうけど、私は対戦を全くしないので、そういうのをそれほど気にしないので、ありがたくいただいて、ストーリーを進めるポケモンにさせてもらった。

 あとは、かわいい、という理由で連れていく、ピカチュウ。私が最初にやったポケモンは、「ポケットモンスター ピカチュウ」(通称、初代ポケットモンスター黄)なので、ピカチュウを連れて冒険するのは最初から好きだ。

あとは、早期購入特典の、「本気を出したゴンべ」だったかな?任天堂からのプレゼントのポケモン。これが、「てかげん(みねうちと同等)」を覚えているので、あくびを覚えさせて、捕獲用に。それから、対戦をやらない私がお金をちょっとでも儲けるようにと、つれているのが、「ねこにこばん」をおぼえたニャース。

…という6匹で、プレゼントカビゴンの「ハッピーアワー」(賞金倍)と、おまもりこばんで賞金4倍を稼ぎながら、旅をしている。
どんな不利な戦闘にも、ハッピーアワーを出してからスタートするので、(だって、これで賞金倍なんだもん)相手に絶対勝てるレベルじゃないとだめというのがあるものだから、自分のIDのカビゴンはともかく、他の5匹が「このスタンプがあると、このレベルまで言うことを聞きます」のぎりぎりまでいくか、超えるか…ということになってしまうので、「2軍」が用意してあって、それが、サトシのゲッコウガ、ミニリュウ、タツベイ、ニャース(もう1匹)、ピカチュウ(もう1匹)。

レベルが先に上がりすぎになりそうなら、大体2軍を連れて歩いて、全戦闘カビゴンで乗り切る…のは、ゴーストの試練だけは無理だったので(ノーマルタイプ攻撃がダメージゼロだから)サトシのゲッコウガ使用。

 ストーリーは、アマゾンのレビューでは確かに評判が悪いし、それがなぜなのか、なんとなくわかってきた。まあ…本物の小学生がプレイするなら、女の子が「ぶりっこ」である(ええと、これは死語だな、なんと今は表現するのだろう)ということとかは、実は「わからない」子も結構いそうだし(うちの息子は、女なんてみんなそんなもん、ぐらいの感じでスルーだった)男の子がこう、独立して母親と折り合いが悪い、なんていうのは、小学生には「へー、そんなのもあるんだ」程度?大人だと、こんないざこざに巻き込まないでほしいよ、ふつーにアイランドチャレンジクリアでよかったんじゃ…という感じなので、これ、評判が悪いんだよね。

まあ、私ぐらい中年になると、おう、がんばれ、と応援したくなったりする。…にしても、リーリエ、なんでポケモントレーナーにならないのよ。その世界でポケモンがバリバリでてくるのに、ひとりで野原をうろつくのは危険でしょうが…。と、リーリエのポリシーの方に文句つけたくなったりするわけだけど。だって、私(プレイヤー)は、ポケモントレーナーになって、その世界を旅してるんだものね、さんざん出てくる共演者に、「私はそれ、やらないから」とかたくなに乗らない人がいるのもなあ、と思う。リーリエの物語も、目の前で展開しているし、それをなにかにつけて手伝うことになるから、かかわらないわけにはいかないし。

 それならXYみたいに、みんなトレーナーになって、世界に散らばっていけばいいのになあ。正直、ポケモンにあんまり、ストーリーは期待してないけど…というか、最初のころ、ストーリーなんてないも同然だった。「すごいポケモン図鑑を作る」「ポケモンチャンピオンになる」だけだったんだものね。

 それでいいような気がするんだけど。

ま、でも、物語もそろそろクライマックス…という感じになってきたので、解決させて、さっさと全国図鑑にしよう。1月からは、XYのポケモンがポケモンボックスのアップデートで移せるようになるだろうし、そうしたらXYも、ちょっとプレイして…。
ただ、アメリカ版と、日本版の本体で、同じIDに登録できないみたいなので、そうなると、ローカル通信しかないから、あくまでアメリカ版はサブロム扱いでしょうがない感じ。

 今年は、しばらくやってなかったポケモン、ガンガンプレイする年にしよう。めざせ、全ポケモンコレクション。
うん…。さすがに実生活では、今年の抱負は、目標は?という話をしたとき、「すべてのポケモンを集めること」とは言えないので、ここでこっそり、今年の抱負でした。

うわ、痛恨、どうぶつの森

久しぶりにどうぶつの森を遊び始めて、数日…。アップデート後のこととか、忘れていたことがたくさんあって、ネットでの情報は、やっぱりかかせないな…攻略本日本においてきちゃったしねえ…とか思いながら遊んでいた午後のこと。

 「村が売れる」という話を、どうぶつの森情報サイトで読んだ。つまり、「アップデート後実装された新機能」だという話。

「カタログと、お金は残して、村を作り直す」という機能があると。

うむ…。地形がもうちょっと違うのでもいいな…。物を売る店が、家と近いとか、いいよね…。と思って、一体いくらで売れるんだろう?と思ったのでちょっと試してみるつもりで、やってみた。

 村を消すなんて、そんなー。と、案内役にショックです、と言われるのだけれど、そこで「いや、それでも作り直します」と選ぶと、なんと、さっくりとデータ削除になってしまった。えええっ。村が売れる話は??

 どうも村が売れるという話は、「それでも作り直します」ではなくて、「考え直します」を選んだあと、出る選択肢だったらしい。うへえ…。というわけで、ちょっとがっくりきたけど、どっちにしろもう、どうしようもないので、心機一転、作り直しになってしまった。なんてこったい…。

 …アメリカ版のソフトに、銀の釣り竿、スコップは、送っておいたし、10万ベルぐらい入れておいたから…。それを取り戻してスタートするか…。(ちょっとやっといてよかった、と思った。南の島の果物も、ちょっとだけど送っといたし、それ植えよう)

 しかし、面倒くさいけど、とっておいたカーニバルやイースターや、クリスマスのレアが全滅…。もう一回集めなおしか…

 最速借金返済を目指して、お店と、海に降りる坂道がめちゃくちゃ近いパターンを選択、海に降りる坂道の一番そばに家を建てた。もう、こうなったら、毎日南の島でカブトムシ狩りをやる。どうぶつの森歴だけは無駄に長いからね…。それと、村のマス目数えて木と花の数を調整して、環境を「最高」にするのを面倒だからとやってなかったんだけど、今度はやる。

 …果物、めんどくさいな、もー。新しい村は、サクランボの村だった。リンゴがよかったんだけど、まあ、贅沢は言えないな。
南の島のライチでも植えて、派手にしよう。レモンもいいな…と前向きに考えて、がんばることにした。

 …しかし「ちょっと作り直すのもいいな」なんてうっすら思っていたのに、いざ消えると、ガーン、となるなあ。
だって…カタログは残すつもりだったんだもん…。あれがあるのと、ないので全然ちがうんだよねえ…。テーマの揃った家具が部屋に置けるようになるまで、すごくへんてこりんなインテリアになるからなあ。

 ちぇ…。しばらくポケモンはお休みにしてこっちをやるか。ポケモンはちなみに、3つ目の島にやっと渡ったところ。
ポケモンが50まで言うこと聞く、という状態で、ポケモンが43ぐらい、ニャースは50になった。そろそろペルシアンにするか…。物ひろい便利なんだけどな。

 早めに試練をクリアしないと、ぼやぼやしていると50を超えそう。自分のポケモンは、カビゴンだけなので(他はIDが違う)急がないとね。

変わっていないようでも。

一口にゲーム好きといっても、いろいろあって、私はカテゴリでいえば、「カジュアルゲーム好き」だ。ゲームと言っても、ゆるい、必死でプレイしなくてもいいようなものを割と好む傾向があって、ドキドキワクワク、アドレナリンが出るのが好き・・・・というタイプのゲームを遊んでいる人からは「何が面白いのか、わからない」と言われるゲームもある。
 こつこつやるゲームとか、アイテム図鑑や、ポケモン図鑑や、(戦った)モンスター図鑑とかを埋めるのが好きだ。

どうぶつの森と、ポケモンのムーンが入ったDSを見ていて、カジュアルゲームが、2、3本あってもいいな…と思った。残念ながら北米版のe-shopには、カードゲームの「シェフィ」がない。日本版の3DSには、買っただけで遊んでいないゲーム含めて、何十本もゲームが入っていて、フォルダで分野ごとに片づけてあるというのに。うん、多分、「なにか」が買い物したいだけなんだよね。

 ピンボール、上海、マッチ3、ソリティア…。と思っていたら、北米版e-shopの、99セントセールに、【ジュエル・クエスト1】の、4と6が??実はPC版は持っている。でも、ゲーム機でちょっと遊べればいいなあ…。99セントだったら、買ってもいいかも(期間限定)。

 4と6の違いは、発売時期の違いだと思うけど、PC版では、たしか6で初めて「時間制限なしモード」が入ったから、6にしておくかな。このゲーム、一応ストーリーもあるんだけど、おまけ程度、これはぼーっと解くパズルゲー。
 やってみたら、画面小さいけど、ちゃんと遊べた。小さい割に2DSのスクリーン、視認性がいいかも。

 上海は、英語名はMahjongというので、それを頼りに、Mahjong mysteries Ancient Athena古代アテネ、というので、これはアイテム集めて建物作るやつだな…と思って買ったら、これがね…。

 これはDSiウェアだったよう。…ということは、上画面と、下画面=タッチパネル、ということになっている。
で、上海のマージャン牌が、配置されるのがなぜか上画面。上画面に矢印が出るので、それを、下の画面のタッチパネルをタッチペンでドラッグ、タッチペンを下画面から離すと牌が選択される。

 遊びにくいったらない。何のためのタッチパネルなのよ??下画面に牌を並べて、タッチペンでタッチして選択するものではないの?ソリティアとか、オセロとか、トランプとか、いや、ほかのメーカーの上海も、持ってるよ?持ってるけど、下画面をタッチして選ぶのではないゲームを初めて見たよ。たいてい、上画面がステータス画面(何面目であるとか、時間表示とか、ボタンの表示が何を表しているかとか)で、下が盤面になっているパズルゲーム、ボードゲーム、カードゲームが多いんだものね・・・・。

しばらくやってみたけれど、ドラッグで操作、画面からタッチペンが離れると選択(タップではなくて)というのが、扱いにくくて、練習してみたけど、どうにも…。

 もう1本、2ドルのセール品をダウンロード。これはDSiウェアではないようで、ちょっと新しかった。
題名は5in1 Mahjong。これは、下画面をタッチして遊ぶ方式だった。ああよかった…。開発会社は一緒ではないのか?というぐらいメニュー回りも、言葉遣いもそっくりだった。

 何面か、新しい方を遊んでから、やっぱりせっかく買ったのがもったいない、と思ったので、上画面表示の方をもう一度遊んでみてわかった。これは、多分だけど、DSを机の上に置いて、下画面をテーブルに見立てて、タッチペンをマウスのように使って遊ぶことを想定しているのではないかと思う。

 そういうふうに考えると、突然、動かしにくかったカーソルが動かせるようになったのは、面白かった。なるほど、私は小さいけれど、ディスプレイを見ていて、下画面はマウスパッド、マウスのボタンを押したままにして、選択したい場所でボタンを離す方式なんだ、と。

 2DSが、同一表面上に2枚のディスプレイを配置する方式なので思いつかなかっただけかもしれない。

今、2DSのユーザーも相当数いることを思えば、この方式はだめだろうな…。今度からあんまり古いゲームは買わないようにしよう。

村の生活

なんとなく、放置になっていた、「とびだせどうぶつの森」。ずっと3DSのお知らせマークがついていたのをそのままにしていた。ふと、気になって見に行ってみたら、アップデートが…?ネットで調べると、実はバージョンアップどころか、新バージョンのソフトが発売され、なんと、前のバージョンのユーザーは、無料アップデートだという。太っ腹ー。

 …「どうぶつの森」というのは、どういうソフトかというと、ソフトの中に、「村」があって、そこで暮らしてしまいましょう、という、いうなれば「シミュレーション」もので、家を建て、その借金を返すため、魚や虫や、果物を取り売りさばき…と書くと、「ゲームの中まで住宅ローン?」と思う向きもあると思うのだが、村には、家具だの、洋服だののアイテムがいっぱいあって、要は「コレクションゲー」だと思うと分かりやすいと思う。

 私はこれを、ニンテンドー64のもの以外を全部遊んでいる。ゲームキューブから、DSに引っ越すときはアイテムをどのぐらい集めたかという記録は引継ぎが出来たのだけれど、確か3DSになったときには、引き継がなかったような…。キューブの時は、カード読み込みで住民が選べるため、カードeもコレクションしていたぐらい。夏には6時に起きてラジオ体操に行ったとか、年末カウントダウンのために、大みそかにゲームをその時間に見に行くとか…。現実の日付と時間と連動するのがいい、そういうゲーム。

 たしか、2年まえ、このゲームを持たずに長期で旅行してしまったとき、帰ってからその日付分、荒れている(雑草が生えたり、家にゴキブリが出たりする)のが、嫌で、プレイを辞めてしまったのだと思う。

 アップデートして…。最初からやり直すかなあ…と思って、アップデートかけたら、なんと、ゲーム内の係の人が、村では、キャンペーンがあって、今、村は雑草などがないピッカピカだというではないか!えーーーっほんと?てっきり、2年分の雑草が生えて、家にはゴキブリが(自分で退治することになるんだけど、うっかりすると家具をどけるたびに出てくるのがほんと嫌)出ていると思ったのに、ないの??じゃあ… じゃあ…、じゃあ行く!!

 …というわけで、村に行ってみた。懐かしいな…。私以外のNPC住民が植えたと思われる花がいっぱいだった。見たことがないものも咲いている。(たぶんアップデートで新しく入ったんだね)家のそばに植えたオレンジ、リンゴ、サクランボ…。川には魚が泳ぎ、村は今日も平和だった。

 私は半袖、半ズボンだったけど! 大急ぎで冬物を着こんで、フラフラしてみた。
また、遊ぼうかな、これ…。そして、この村を最初作ったときの私、何考えてたんだ、なんでこんなややこしい地形なわけ??
とか言いつつ、結局楽しんでしまった。

…ていうか、英語版も、買うかっ。ひとりで交流はさびしいといえば、さびしいが、これもアメリカにいる間に買うチャンス!手元には北米版の2DSもあるんだしね?
 ネットに見に行ったらね?北米版の「animal crossing new leaf」、新しいバージョンは、19ドル99セント。20ドルのニンテンドープリペイド1枚で、大丈夫だった。

 アメリカの村も作ってみたら、キャラクターの目が真っ青(笑)。なるほど…。違和感がある。
年明けそうそう、新生活の始まりっぽくて、いいな、これ。地形は、なるべく川がまっすぐなのにしておいたけど…wii版だったかな…川が途中で二股にわかれて、間に島があるというようなカッコいい地形が出ることがあったんだけど、3DS版では出ないっぽい(100トライぐらいした)。
…自分で、ややこしい地形があとで使いづらいとか思ってるくせに、こういうところで「珍しいのが出ないかなあ」とか粘るから、ああいう地形になったんだな。
 
 何年たっても、考えてることって、そんなに変わらないんだな…ということを自覚した。
 

おすすめのゲーム「シェフィ」

今日のおすすめゲームは、【1人用カードゲーム、シェフィ】
実はこれ、最初は、紙のカードを使って遊ぶ、「一人用カードゲーム」だった。トランプを使って遊ぶソリティアが好きな私は、ソリティアゲームを検索していて、このカードゲームを見つけた。ちなみに、なんともおとぼけな絵がかわいい【紙のカード】は、このリンク。1800円とかするので、ちょっと高いか…と思いながら買った。

 買った当時小学校低学年だった息子もお気に入りで、ビデオや、アイパッド、スマホ…などを使わない遊びを家の中でさせたいときに、おすすめだった。
 3ゲーム1セットで、羊がどのぐらい増やせるか…というゲームなのだけれど、慣れるまでは、「全滅間違いなし」のカードをどう始末するか…というのがわからなかったり、3枚捨てる、となったら、もう1枚も羊残ってないんですけど…とか、割と、「あああ、全滅ね?」となりやすいんだけど、3、4回プレイすると、カードの機能がうまく使えるようになり、10回もプレイすれば、100匹ぐらいまではいけるようになる(目標1000匹だけど)。100匹に出来るようになれば、後は割と運がからむのだね…ということもわかってくる。

 つまり、初期の手札によっては、有無を言わさず、全滅(シャッフルしてやり直し)ということになるということ。
手札は全部で17枚しかないので、やり直すのも簡単、紙のカードで遊ぶのでも、トランプのソリティアのいろんなゲームと違って、ほとんど「並べ直し」のいらないゲームだったので、目が疲れる人は、紙のカードでいいと思う。

 さっと遊べて、運「だけ」ではなく、自分の技量が上がっていくのがわかり、なおかつ、運もからんで、変化があって、達成感がある…というゲーム。

 今日、ふと3DSのe-shopを見に行って発見した。アイコンの羊の顔にすごく見覚えがあったからわかった。
(アンドロイド版と、アップル版もあるそうだ)。ダウンロードしてやってみたら、まず、「羊がマイナスになるカード」があまり入っていないチュートリアルモードとか、「敵が先に1000にたどり着いて時間切れ」というのがないプラクティスモードが入っていた。
  おお、これは簡単…。大体のやり方がわかるようになっている。

ベーシックモード=紙のカードと同じルールのもの、それから、ゴールが「1000匹」ではなくて、「できる限りたくさん」を目指すチャレンジモード、ストーリーモード…はなんだろうと思ったら、カード構成がストーリーによって変わる変則ルール版のよう。

 3回戦が基本なので、手札は配りなおすのだけれど、その時

「次の回に、戻ってきます」=捨てる
「次の回にも、戻ってきません」=追放

この2つの差が、最初の方はわかりにくいので、それをちゃんとゲームは自動で判別してくれるところがいい。7枚カードがあって、「半分」になるまで捨てる、と書いてあったら、「4枚残して、3枚捨てる」のだけれど、そういうカード枚数の切り上げとかも、うまくやってくれる。

 カードがどんなものだったかについては、3DSの場合はRボタンで見られるようになっていて、どのカードが選ばれているか、というのも、とても分かりやすく作ってあって、ゲームになって、さらに遊びやすくなった、と言っていいと思う。時々、ボードゲームとか、カードゲームで、ゲーム機のゲームになったとたんに、やたら遊びにくくなるものがあるけれど、シェフィは「ゲーム機の限界」まで遊びやすくしてあると思う。

 たった一匹で、全滅してしまったときは、「自然はきびしい…」とかセリフが出るのが、面白かったけど、ちゃんと成功して1000匹になったときに、「生存ひつじ数1000匹」と出るのはいいんだけど、「死亡ひつじ数650匹」とか出るのはやめてほしい…。
死亡ひつじ数を数えないというオプションがあればいいのになあ。

 慣れるまでは、「絶対この人、砂漠で羊飼ってるんだよ」としか言えないぐらい、3匹で全滅…になりやすいけれど、これが、奇妙に、はまるんだなあ…。

 まだ、ベーシック版と、プラクティス版だけしかやっていないけど、変則ルールのストーリーモードもやろう。目に悪いので子供には、ゲーム機では遊ばせないけど、変則ルールも、私が覚えたら教えてもいいな。

ゲーム機の「一人で遊ぶカードゲーム」のおすすめは、今までは「ソリティ馬」だったのだけれど、(3DSのほか、スマホ版もあるそうだ)シェフィも、トランプじゃなくて、ちょっと毛色の変わったゲームとしておすすめ。
 

ポケモン英語日本語

ゲームボーイのころから、ポケモンを遊んでいると、ポケモンって大体こんなもんだよねえ…ということがわかってくる。
まあ、たいていのポケモンはレベルで進化。通信進化(物を持たせて)とか、なつき度進化、それから時間によって進化する、場所によって進化する…というような進化条件があるものだ、というのは、なんとなく覚えてくるものだ。

 レベルいくつで進化するとき、手持ちにこのポケモンが同時にいるときに…とか、「えー?」みたいなものも時々あったけどさ…。
今回、「アママイコ」の進化条件が、また…。
 「ふみつけ」を覚えて、レベルアップしたら進化。
ああ、こういうの、なんか他にもいたっけ…。「げんしのちから」を覚えてレベルアップっての、いたね、マンムーとか、ヤンヤンマとかね…。ものまねを覚えて進化ってのもいた気がする…。
 
 げげ。もう無理だなあ…そのレベル、過ぎちゃったよ。この技、いいや、と思ってスルーしちゃった。
あーらら。 こういうかわいい系のモンスターは、大概、アイテムを持たせて進化とか、アイテムを使って進化が多いだろうとなんとなく思ってたのになあ。技だったのか…。 しょうがない、私がこのモンスターをもらったときは、ちゃんと覚えさせてから進化させて、息子のソフトに転送して登録しよう。

 ネットで技を思い出させる場所を調べたら、すごーく遠かった。これは無理だな…。

 新しいポケモンって、楽しい。でも、やっぱり攻略本がほしいような(笑)。きっと、ゲーム雑誌には、序盤の最速攻略が乗った小冊子なんかが付録になってるんだろうな…。日本にいたら、絶対買ってたのにな。

 ちなみに、英語版のプレイをしていると気づくのは、「パッと見たとき、とれる情報量が違う」こと。なんていうのか、日本語だと、画面に出てくる文字列を一瞬で把握できるのに、英語だと、一行ずつ読まないと分からない…という感じ。そうだよね…英文の本読んでいても、絶対一行ずつしか読めないもの…。日本語だと、数行一度に読んでも、頭の中で文章の意味が分かるのになあ…。

 あと「them」とかも「'em」とか、カジュアルなのか、どこかのなまりなのか、略してあるものが多い感じがする。
 ククイ博士が、英語版の方がずっとカジュアルで、ぞんざいな感じが…。ちなみに、主人公は、cousinと呼びかけられているのは、なんでなんだろうね??という話になったけど、「アメリカでは、そういや、若い男性に向かってsonと呼びかけるおじさんおじいさんがいるよね?」と言われて、あーーーー。ってなった。ちなみにdaughterと呼びかけるのは聞かない。たいてい女性はsweetie, honey(と、その略、hon)が多いと思う。 「son」とか「bro(ther)」とかがあり、となると、その派生形として、cousinもありか?

 オーストラリアでは「mate」と呼びかけるそうだし、アメリカでも「pal」という呼びかけは子供にでも、する人はいる。「おかーさん、ねーちょっとー」と呼ばれたとき、「what happened, pal?」という答え方があるそうだ。(mate とか、palとかは、もともとの意味は「ともだち」みたいなものらしい)そういえば、この間、いかにも外国なまり…という店員さんから、「Thank you my friend」と店を出るときに言われたこともあった。 「珍しい挨拶だったねえ、もしかしたら、あの人の出身地のものなのかもねえ…」と話題になったぐらいだから、カジュアルに、他人に呼びかけるときは、いろいろなパターンがあるんだろうね。

  あ、でも、日本語には、ない…かな。もし、どうしてもつけるとしたら文章のあとに、「ねえ、君。」「ねえ、(そこの)あなた」とかになるのだろうけれども、日本では、向き合って、話している時には、相手が誰であるということは「言わずもがな」なので、そこは飛ばすものなんだよね。そういや、子供のころだったら、「どうしたの、ボク?」とか「なんだい、お嬢ちゃん」とか、大人が受け答えしてくれるときには、そういうパターンがあった気がするけれども、これは、大人になったら、確かに、呼びかけ対象の人称部分は…。

 「そうだよな、兄ちゃん」 ほろ酔いのおじさんみたいだ(笑)。
 「じゃ、いこうか、姉ちゃん」 身内限定?
 
 「どうかされましたか、お客様」というのは聞いたことがあるけど、やっぱり他人に呼びかけるならこの程度じゃないだろうか。
そうか、私には、英語版のククイ博士が、ほろ酔いのおじさんみたいに見えちゃってる、てことなのかもしれない。
でなきゃ、「わかったかな、お嬢ちゃん」「わかったかな、ボク」…か。うん…NHK歌のお兄さんだな。

ポケモン話

息子が、泣きついてきた。大試練がぜったクリアできないーーっ。と。まあね…息子のゲームプレイ時間は30分設定。それも、週末と、スイミングの待ち時間だけ…という状態では、よくぞそこまで行けたな、という感じ。

 私は、のんびりしているので実は息子が失敗したという主のヨワシというのを全然まだ見てもいないのだけど、必要なのは、電気タイプ、または草タイプだということはわかった。息子の最初の3匹はニャビー…。むりだな。ということで、「一番道路にピチュー出たでしょ?もってないの?」と聞いたら、「えーーー?でなかったよー」と。まあ、ゆっくりポケモン取ってる時間、ないもんね。

 しょーがないな、おかーさんのピチューをあげよう…と恩に着せ、ピチューを送り込んだ。
 草タイプポケモンは?というと、「ポケモンセンターの横で取ったけど、全然だめー」…カリキリだったけど、それ、取ってすぐ戦闘に出したの?無理でしょう…。

 ゲームの中の人がくれたモンスターが草タイプだった、というので、ああ…なるほど、救済策だな、と判明。勝てなかった人は、NPCがくれたやつを育てて、挑みましょうってことだ、と説明したけれど、彼のプレイ時間が残ってるはずもなく。そして、ただでさえ少ない時間をレベル上げに使うのがいやだ、と。

 まあね…。大人の私は子供が学校に行っている間にゲームをするのであるからして…。しょーがないなおかーさんがレベルを上げてあげよう、とお約束。息子は大喜び。
  夫と子供が遊びに出かけた週末の午後は、レベル上げ大会となった。

 しまった、ピチューは「なつき度」進化。やすらぎの鈴を持たせて、ひたすら戦闘。
はあ。「仲良し度」と「なつき度」は違うパラメータなんだね…。仲良し度もついでにあがったけども。
 カリキリはやめて、NPCのくれたアマカジを、レベル上げ。必死になって5番道路で戦闘をしていたら、ツツケラが、仲間を呼んだ…となったとき、あれ??これ、隣の子と、色が違うぞ?

 色違いだーーーーーー!!!
これはほしい。と思ったら、手持ちボールが、ノーマルボール3個…。ええええ??ちょっと、NPCがボールあっちこっちでくれるよね?店でも買えるよね?なんでたった3個!!!私なら絶対やらないことだ。序盤でお金がないと言っても、10個単位でボールを買うのにーーーーー。
 早期購入特典の、クイックボールでもないよりまし…と思ったのに、なんと使い切っていた。小学生男子、半端ないわ…。

 ピチューを出す。ちょっとずつ、体力を削って、(隣に呼び出されるノーマルカラーのポケモンを倒しつづけ)ああ、技ポイントがなくなったら、ジタバタされて反動で…とドキドキしたが、まず、ゲージが赤くなったところでボールを投げてみる。
 あ、出ちゃった。そうだよねえ、ノーマルボールだもんねえ…。

 2つ目。これもだめ。 せめて、スーパーボールならなあ…。

 3つ目…。これで最後か…。まず隣のモンスターを倒して。
 と思ったら、ツツケラが直接攻撃を出した。 お、やった、「まひ」になった、ピチューの静電気、万歳。

 これでダメなら、あきらめよう!と思って投げたら、ゲットできた。
 
ああ、ドキドキした!色違い、いいんだよねえ…。
 ポケモンGOしかやっていない夫に言わせると「俺には、その意義がわからん」と言われて終わりだったけど。
 いいの!めずらしいの!かわいいの!!!

 息子には、「おかーさんが育ててあげるから。育つの早いから、おかーさんのツツケラをあげよう」と、言いくるめて、私のソフトに転送した。色違いのこれ、連れて冒険するんだー。個体値は、もう、どうでもいい。色が違うだけで!

 ちなみに、私のソフトから転送したツツケラは、IDが違うために、すごく育ちが早くて、進化キャンセルで27まで上げて、そのあとあっという間に3段階のドデカバシまで進化。

 夕飯後に、「特別に大試練だけね」と時間を取って、挑戦。ピチューは何とかピカチュウになり(レベル30までかかった)、ドデカバシ29、アママイコ28、マクノシタ27、ニャビー30(ついていっただけ、おまけ?)それから、ふしぎなおくりものでやってきたゴンべがレベル20。

 ほとんどアママイコのみで、あっけなく終了。「おかーさん、すごーい」と息子は喜んだ。だって、私午後、数時間それに費やしたんだもん…。そのピカチュー、おかーさんに貸して…。(自分のをレベル上げするのが面倒くさくなった)
 後、水辺では、波乗りじゃなくて、ポケモンライドなんだね…水ポケモン、いらなかった??…モクローにすればよかったかなあ。

ポケモン雑感

ポケモンを20年とかプレイしているのに、いまだにギャラドスが「ドラゴンタイプ」ではないというのに納得がいかない。
コイが、滝を登って竜になるという故事だかなんだかを基にしたのだというのは、なんとなくわかる。コイキングからギャラドスになるんだから。水タイプ…というのもわかる。だって、もともとコイのモンスターなんだから。

だがしかし、なぜ「飛行」タイプなのよ…。ずうーーーっとドラゴンタイプだと勘違いしていて、ポケモンGOで、カイリューがジムに置いてあることが増えてきたとき、「カイリューに対抗するとしたらどれかな」と夫に尋ねられて、初期ポケモンだと、フェアリータイプはいないから「ドラゴンタイプ同士」になるとしたら、ギャラドスじゃないの?とさらっと答えて、「ギャラドスって飛行と水だけど、これでいいの?」と聞き返されてから気づいた…というぐらい、気づいてなかった。

 ナックラーが、最終形態のフライゴンになってからドラゴン化するように、ギャラドスもドラゴンでいいのになあ。

ちなみに、なぜ「そんなことに気づいてなくても、20年大丈夫だったか」というと、私はポケモンが「せんとうふのう」になるのが嫌い。なので、草むらでさんざんレベル上げをして、ぜーーーーーーったい負けない。というぐらいになってからしか進まない。なので、「タイプ別相性」なんていうものは、「こうかがないようだ」にならない限り、そのままレベル押しでオッケー。

 もちろん「こうかはばつぐんだ」と出れば、「へー。これは効くんだ?」程度の認識。タイプが二つあるポケモンもあるし、正直あんまりチェックしてない。最近フェアリーが加わってから、ノーマルだと思っていたのがフェアリータイプになっちゃったりして、混乱したのもある。

 私は、今、ニャースを捕まえて、レベル30を目指しているところ。そう…「ねこにこばん」。ちまちましているようで、意外と役に立つのよ…。DS版からのポケモンは、クリア後も、お金を稼げる手段が用意してあるのだけれど、昔のポケモンは、四天王戦ぐらいしかお金を稼げる方法がない…というようなことになっていた。四天王戦が結構ギリギリ…というポケモンの腕では、お金が足りなくて困る、そんなときに、野生のポケモン相手に100円、300円、500円とちまちま稼ぐのが、「ねこにこばん」とまあ、そういうわけだ。

 この、作業感がいいんだよなあ…。ちょこちょこ稼ぎながら、レベルをあげて、アイテムの欄をいっぱいにして、何があっても困らないようにしておくのが好き…。ボールも全種類100個ぐらいずつ、持っておくのが好きなんだなあ…。

ゲームって本当に、性格が出るよね。

レトロゲーム

 ファミコン世代で、子供のころに難易度が高くて、エンディングが見られなかったのがあったのを、ネットで見ることができた、という話を、いつも見にいっているブログの過去記事で読んだ(このブログのリンクの「ほんと、ただの日記です」の過去記事だったと思うんだけど、これを書くとき、どの記事だかわからなくて、リンクが貼れなかった)。


 ファミコンといえば、バンゲリング・ベイの音楽は今でも頭に残るほどやったし(下手だった)、フラッピーは結局、最後まで解けなかったし…そして「星をみるひと」のエンディングも結局見れなかった。ちなみに、読んだ記事では「銀河の三人」だったが、まだこっちのほうがずっとポピュラーだったはず(クソゲー度も低め)、なんといってもこのゲームのもとになったパソコンゲームの開発元はエニックスだったはず(ドラクエ作ったところが、エニックス)。 故にこのゲームは中古でも高かった。


 それに比べて「星をみる人」は、中古は300円系のたたき売り。RPGぽい外見で、SFチックな、いうなれば、アーサー・C・クラークばりの管理都市ものに見えるその箱の裏の説明書きに心ひかれて買ったのだけど、まあ、遊びづらいことよく死ぬこと、そして涙のパスワード制。 どんなに気を付けても、何回かに一回、パスワードが間違っていてはいらないことがあるというのがつらい。


 そして、ランダムエンカウントが鬼。一番弱い敵に2度続けて当たらないと、レベルアップ出来ないうちに、死んでゲームオーバーという、序盤、レベルが「1」になるまでに何回やり直さなきゃいけないのかというような修行状態。
大体ね?レベル「ゼロ」がスタートなんてゲーム、見たことなかったよ、当時でも。


 ええ…昔のゲーマーは大変辛抱強かった。見えない町に踏み込まないとストーリーが進まない。つまり、偶然そのマスを踏まないと入れない。そうしないと永遠になにもないところをさまよえ…るわけではなくて、一歩歩くたびに一撃でやられる敵に会う危険がある。途方にくれる難易度。


 パスワードを書きながら、ゆっくりゆっくり進んで、画面下の枠の数から行くと、絶対4人いるはずの仲間が3人しか見つからず、それがないと一定の場所に入れないカードは、ものすごく高価で、なおかつ「片道」。1枚しかないと、入れるのに出れないという…。何度もパスワードを入れて戻って…。
 
 本当に面白いのかどうか、わからなくなってきたけど意地で一体何時間プレイしたのか(笑)。結局、10年、いや15年?経って、ネットで攻略見つけるまで解けなかった。エンディング見ても、そのあっさりした終わり方。さすがファミコン、容量少ないのね、という感じだった。


 今、こんなゲームあったら、ネットで非難ごうごうだと思う。必死で謎を解いた、何日かけても、偶然でしか解けないようなあの難易度。
必要なのは、ガッツと根性だった。


 昔から、任天堂が開発するゲームにはそういう理不尽さはなかった。
例えば、ゼルダの謎解きには、絶対ヒントがある。最近のやつなんか、リンクの目線がヒントを教えてくれる、どころじゃない。どうすればいいかというムービーを見せてくれる場所があって、絶対詰まったりしないようになっている。そういうゲームに慣れてしまった今となっては、ああいう理不尽さに、耐える力は、もうないな、と思う。
 
 なんといっても、昔は時間があった。そしてお金がなかったからね…。この1本を遊びつくすしかなかった。今は、ゲーム1本が安くなっているものね、スマホのゲームは200円、300円で、結構長いのが買えるし、ダウンロード版のPCゲーム、600円でフルバージョン。スーパーファミコンが6800円とかしたのがウソみたいだ。


 不思議だよね…。面白くないゲームを必死になって解いたときの、あの達成感。タワー10000階まで登るとか、自分で作る呪文がすごいヘンテコに読み上げられるのに苦笑しながら戦うとか…。ふと思いついて、このヘンテコ呪文ゲーをグーグルにかけたら、やっぱり「くそゲー」というカテゴリになっていた。


【ゲームカタログ@wiki】というサイトで、ゲームをジャンル別にカタログにしているサイトだったんだけど、これ、読んでたら面白いの。特に「くそゲー」カテゴリ。どこがだめなのか、書いてあるんだけど、プレイしたことあるものがとても多くて笑える。多分、私が買っていたソフトは全部「中古でとても安いもの」だったからだと思う。


 輪ゴムで5本まとめて200円のファミコンソフトとか、100円コーナーのPSソフトとか。…私は実は、そういうゲームに慣れているのかも。最近、面白いゲームしかやってないけど、実はそういう「面白くないゲーム」やったら、また必死で解いちゃうのかなあ。


とりあえず、このwikiは、読もう。それから考える。

« Prev|Top|Next »

HOME

    思ったことを何でも書くゲーマーブログ。リンクはご自由にどうぞ。

    まこ

    Author:まこ
    どこをクリックしても一銭にもならない、ただの主婦の日記帳です。
    ゲーマーで、本好きで、クラフト好きです。

    08 | 2020/09 | 10
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 - - -

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    この人とブロともになる