FC2ブログ

毎日更新!LuckyDuckyDiary

いらっしゃいませ。毎朝6時には更新します。さっくり読んでいってください。コメントくださった方はリンクさせてください、相互リンク歓迎、リンクがダメな方は連絡お願いします。

バーミヤ…?(ンではなくて)

Vermeer。こういう単語をみたら、なんと発音するだろうか。

まあ、見た感じだと、「Ver」部分は、バージョン(Version)なんていう単語はよく見るのだから、それと同じだろう、ということで「ヴァ―」だろうということは見当がつく。後半の「meer」の部分は、まあMの発音が頭にきて、仕事なんかの「キャリア(career」と同じだから、「ミアー」であろう。ま、両方のR部分で舌を口の天井の奥の方へ巻き上げるとしたら、発音がのびて、カタカナで書くとしたら「ヴァーミアー」。時々、語尾のerの前の発音によっては「Y」の発音が音便によってはいることがあるから(発音記号だとj)「ヴァーミヤ―」かもしれないな、なんて思いながら私は本を読んでいた。

 この本は、【Mitford series】という、アメリカでは結構人気のシリーズで、赤毛のアンのシリーズをもうちょっと現代風にしてアンを抜いたようなシリーズで、のんびりした田舎町に住んでいるような気分になる本。

 件のVermeerが出てくるのは、屋根裏だかどこかで見つかって、教会に寄付された絵が、このヴァーミヤ―のものではないか…と大騒ぎになるという話。このヴァーミヤ―さんは、どうも有名な人らしい。その名画だとわかれば、2000万ドルぐらいするかも、というようなってことは日本円にすると、億単位だ。そりゃ、小さい街にそんな名画、あったら大変、鑑定士にお願いしたりして、みんな浮足立って当然だ。

 私は一息ついて、Vermeerの単語を指で長押ししてkindleの中の辞書を参照してみた。
 確かに発音は「ヴァーミアー」らしい。綴りからいってもそりゃそうでしょうね、という発音だ。あんまり驚きはない。

Ver・meer/vər'mi(ə)r/
・Jan(1632-75) Dutch painter. He generally painted domestic genre scenes, for example The Kitchen Maid(c.1658), The Music Lesson(c.1662-65), and The Girl with a Pearl Earring(c.1665-66). His work is distinguished by its clear design and simple form.
 上はThe New Oxford American Dictionaryからの引用
ヤン。オランダの画家。日常生活の情景を描いた。代表作は「台所のメイド」「音楽のレッスン」「真珠の耳飾りの少女」など。はっきりとした構図とシンプルな描写で知られる。(訳は適当に今私が書いた)

…というような辞書の定義を見ても、全然ピンとこない。ヤン・バーミアー?本当にバーミヤンみたいな…。

でも、この人の本というのは、フィクションではあるのだが、この書き方だと架空の人…じゃない感じがする。どんな絵を描く人なんだろう。
そう思って、パソコンまで移動して、「Vermeer painting」と検索をかけてびっくり。一目でわかった。

だあっ。フェルメール!(画像はウィキペディアのもの)。いくら私が美術に詳しくないとはいえ、これは中学の美術の授業でもやるぐらいのものだ。まあ、フェルメールのファーストネームがヨハネスというのはウィキペディアで見て初めて知ったけど、この絵は知っていた。
 
 ちなみにこの女の子はThe Girl with Pearl Earring。辞書の英語見たときに、気づくとしたら、多分これ。確かに日本でフェルメール展やったときの目玉はこれだったはずだし、多分この絵が一番有名だと思う。

 ま、ドガはフランス語だと「ドゥガ」だったけど英語の発音だと「デイガー」だったしなあ…。有名な作曲家の「バッハ」もBachで、英語読みは「バック」だもんねえ。カタカナにも全体的に無理がある気がするけど、英語の綴りと読みの関係も、無理があるよなあ。
 
このVermeerは覚えて、この絵と、この単語を結び付けておくしかない。「フェルメール」というカタカナと、この絵がつながっているように。

ヴァーミアー。ほんと何年やっても知らないことがどんどこ出てくるなあ。

« 煮物三段活用|Top|六角レンチで解決 »

コメント

イタリアの都市、ミラノ。
これを英語読みすると、ミラン。
サッカークラブは、イタリアにあってもACミランなんだよね。

な、な、なんと。

Vermeerってフェルメールのことでしたか?確かにそう読めそうですね。

そう、確かに目玉はこれでしたね、2012年7月に重たい嫁を伴ってカンカ
ン照りの中を東京都美術館まで話のタネにと観に行きました。

うーんと並んだ割には「はい、次」とほぼ通過に等しい感じでした。

オランダ語で Vの発音はFです。
Gの発音もちょっと違っての後の奥に刺さった骨をガーっと出すような音なんです。
ij をアイと読んだり。
昔はもっとよく知っていたんですが、忘れました・・・・ははは・・・

ということでVermeerはフェルメールで間違いないです。

ばんごう

こんにちは~。

あるある!字で見るとビックリしますよね。そんでそれを英語圏の人が読むともっとわからない。

私はイギリス行ってすぐの時に「日本人?私日本の絵は大好き!」と寄ってきた人が、番号、番号と言うのでナンノコッチャと思ったらゴッホだったという経験があります。

鬼瓦権蔵さんへ

英語の読み方のほうが発音できる人が多いから…とかなんですかね。
ミラノとミランだとだいぶ近い気がしますが、今回のは予想外でした。

のんちさんへ

ズラズラならんで、一瞬見て通り過ぎる…有名な絵は結局そういう見方になってしまいがちですよね。ついこないだ見たと思っていたのに、もうそんなに前だったなんて。
 それでも、つい、一目見ておこうかな…って思っちゃって行くんですけど。
自分の目で見る…っていうのが、なんとなくいいんですよね、美術館。

momonohehimeさんへ

確か、ドイツの「フォルクスワーゲン」もV-Wのマークですものね、VはFの発音になる…ってことなんでしょうけど。
 日本だと、綴りはともかく…でもこれ、Rを「らりるれろ」で書くという謎の無理やりカタカナ化の法則が適用されてますけど、大体現地の言葉ではそういう風になってない…っていうことが多いので、ふぁーみあー。のほうが近いのかもしれません。

ぢょんさんへ

日本画だか、版画だかにゴッホが傾倒してた…とかそんな話でしたっけ。
一応ネットで発音が聞けるサイトへ確認にいったら、確かに「ばんごう」でした。…これはやっぱり現地の発音でいうと、「ふぁんごう」なんでしょうか…。謎です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Top

HOME

    思ったことを何でも書くゲーマーブログ。リンクはご自由にどうぞ。

    まこ

    Author:まこ
    どこをクリックしても一銭にもならない、ただの主婦の日記帳です。
    ゲーマーで、本好きで、クラフト好きです。

    07 | 2020/08 | 09
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    この人とブロともになる