FC2ブログ

毎日更新!LuckyDuckyDiary

いらっしゃいませ。毎朝6時には更新します。さっくり読んでいってください。コメントくださった方はリンクさせてください、相互リンク歓迎、リンクがダメな方は連絡お願いします。

恋のさやあて、っていうのかしらこれ。

息子が、すごーーーく腹を立てて、遊びに行った公園から帰ってきた。

太郎君(仮名)が、息子にだけお菓子をくれなかった…あたりからスタート、散々からかわれたり馬鹿にされたりして、大体こういうことをクールに受け止められるほうではないので、かなりやりあって、「なぜなんだ!」と、何をしたつもりもなかった息子は、相手に、「どうしてこんなことするんだ、俺のことキライなのかっ!」と、直球で聞いたらしい。

相手が言うには、太郎君が好きな女の子が、うちの息子と仲がいいのが気に入らないんだって!

…という話を、家に帰って来たばっかりの夫と聞いた。

うわっ。正直者っ。ていうか、それ、息子に言っちゃってよかったの?と、夫も私も、ちょっと笑えてしまったのだけど。

「なぜなんだ」と、息子は怒って帰ってきたそうだけど、なんていうか…。
息子は、幼いほうだと思う。「女子なんか」、という感じで、「別にオレ、(その女の子と)仲良くなくてもいいのに」と。

 一応、「やきもち」という感情については、説明しておいた。息子は、物語の中でそういうことが起きることについては読んだことがあるようだった。ただ、それには全く理解は及んでいないんだろうなあ。

 息子のせいではないけど…。そして出来ることもないけど、全く意識もしていないものだからして、多分その女の子も、太郎君が自分のこと好きだとか、知らないのかもしれないなあ。

 太郎君は、多分…。女の子へのアプローチがわかっていない。うちの子だってわかっていないが、息子はほんとーに、クラスメイトとしか思っていないのだ。
息子に意地悪なことをしたのについては、うれしくはないが、ちょっとだけ、太郎君に同情した。

 むずかしいだろうなあ…。好きな子と見れば、ちょっかいかけたり、いじめてみたりするタイプみたいだし、恋は多分…しばらくは実らないと見たな。

 恋を…。息子が、恋を知るのは、一体いつのことなのだろう。淡い、片思いでも。

 夕食の話題は、お父さんとお母さんは、どうやってお付き合いを申し込んで結婚したかだった。

 

« ついに、電子本にした|Top|アイロン温故(知新は抜きで) »

コメント

うわぁ〜、息子君も太郎君もかわいい。
でも、かわいい〜なんて微笑ましく思えるのは子どもだからかなぁ。
自分の好きな人が自分の友達と仲がいいって
それ、大人になってもよくあることで、大人になると結構深刻だったりしてね。
案外、子ども時代に太郎君みたいに気持ちを素直に行動に出してみる経験をいっぱいしていた方が大人になってから楽なのかもしれませんね。
経験値高いのは強いと思うから。

ところで、
> 夕食の話題は、お父さんとお母さんは、
> どうやってお付き合いを申し込んで結婚したかだった。
ワタシもその話題に入りたかったわ〜。

さとちんさんへ

こういうことでも、「経験値」になるんですかね、やっぱり。
将来、未婚率も高くなっていることだし、今から心配です(笑)。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Top

HOME

    思ったことを何でも書くゲーマーブログ。リンクはご自由にどうぞ。

    まこ

    Author:まこ
    どこをクリックしても一銭にもならない、ただの主婦の日記帳です。
    ゲーマーで、本好きで、クラフト好きです。

    05 | 2020/06 | 07
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 - - - -

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    この人とブロともになる