FC2ブログ

毎日更新!LuckyDuckyDiary

いらっしゃいませ。毎朝6時には更新します。さっくり読んでいってください。コメントくださった方はリンクさせてください、相互リンク歓迎、リンクがダメな方は連絡お願いします。

Wi-Fiよりも

今までリビングでパソコンを使っていたのだけれど、コロナで外出自粛になったときに反抗期の息子とずっと同じ部屋にいるとけんかになりやすいので、自分の部屋を整理してPCを使えるようにした。

 今まではリビングのWi-Fiを拾っていたのだけれども、自分の部屋だと何となくWi-Fiが入りにくい時がある。
 時々接続がタイムアウトになったりして。私の部屋はリビングの反対側だからね…。

 夫に相談したら、「壁からLAN取って有線に出来るけど、アダプタいる?」とLANをUSBに変換するアダプタを出してくれた。
 壁のLANケーブルのソケットから有線でつないだら全然違って、スイスイ転送できる。

 PCの場所が動かせなくなるが、ネットの快適さにはかなわない。20年前だったら、PCゲームをするのに回線は要らないときも多かったし、パソコンで「絵を描く」とか「文章を書く」とか、「音楽を聴く」とか…というような道具として使われることが多かった。「ネットを見る」というのはその機能のうちの1つでしかなかったのだけれど、今私のPCの主な用途は「ネットを見る」になっている。

 音楽を聴くのもいつの間にか手持ちのCDから移した音楽ファイルを整理して聞くようなことから、ネットのサービスに移行したし、映像ソフトをみるのもDVD再生からネットのサービスに移行したし、文章はブログで、ゲームはSTEAMで…となるとネットは絶対かかせなくなった。

 ネットのないパソコン「なんて」役に立たなくなった。
 80年代から90年の半ばぐらいまではネットにつながっていないパソコンが当たり前だった時代があるなんて、ね。
 いちいち電話回線を使ってつないで、情報を取ってから回線を切る時代ならともかく、つながっていて当然だものね、今は。

 Wi-Fiが普及してから、有線なんていうオプションがあることをすっかり忘れていた。
 家の中で電波をもうちょっと広げて届けてくれる装置もあるのだけれど、この有線の状態で早いし問題ないので、しばらくはこれでいこう。

 ツイッターで、ケータイキャリアの接客がお仕事の人が、「ネットなんて使ったことないのに、料金を取られている」とクレームがあった話を書いていた。
 「乗り換えとか、天気とかを調べていますか?」
 「好きなタレントさんのことを検索して情報を見たことがありますか」
 「メールを受け取ったことがありますか」
…というような質問に、全部YESだと答えたくせに、「ネットなんか見たこともない」と。

それが全部ネットにある情報を自分のところに持ってきているのだということがわかっていないと。
 自分のスマホに「全部入っている」わけがないよねー。というのがわからないってことなのか、と思うとちょっと驚き。
でもまるで魔法のように、どこかから自分が欲しい情報を出してくれるのだとしか認識していなければ、生まれてからこっち、初めて使ったデジタル端末がスマホなのだったら、こういうことになるのかもしれない。

  生まれたときからインターネットがあって当たり前という人がどんなふうにこの情報網をとらえているのか、聞いてみたいところだ。

« 白くて四角い部品|Top|息子の反抗期 »

コメント

確かに…
生まれた時から ネットがあって当たり前の方
増えてきてますね。

私なんて 苦手分野なんで
だいぶ取り残されてるので
当たり前のように 使ってる人が
ある意味 羨ましい気もしますが…(^^ゞ

そういえば
もう大昔ですが
小さかった娘は 銀行に行けば
お金が出てくるって思ってたみたいでした(笑)

みけさんへ

「なければ銀行でもらってくる」んですよね。うちの子もそう思っていたようです。ATMは魔法の機械ですね、それが本当なら楽しいだろうな、なんて思ったことがあります。

 そういえば「大きくなったらなんでも1円で買えるお店を作る」のだといっていましたっけ。懐かしいです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Top

HOME

    思ったことを何でも書くゲーマーブログ。リンクはご自由にどうぞ。

    まこ

    Author:まこ
    どこをクリックしても一銭にもならない、ただの主婦の日記帳です。
    ゲーマーで、本好きで、クラフト好きです。

    08 | 2020/09 | 10
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 - - -

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    この人とブロともになる