FC2ブログ

毎日更新!LuckyDuckyDiary

いらっしゃいませ。毎朝6時には更新します。さっくり読んでいってください。コメントくださった方はリンクさせてください、相互リンク歓迎、リンクがダメな方は連絡お願いします。

ちょっとした贅沢

寒いシーズンには、1日1つの割合で消費していたティーバッグ。気温が上がってからも、今年は買ったタイミングが悪かったのか、かなり残っていた。

 600mlのお湯でこしらえるティーバッグ1つ分の紅茶はパッケージの後ろに書いてあるいれかたで書いてあるよりも薄いのだけれど、薄めの紅茶が好きなので問題なく飲んでいた。

 気温が28度を超えてくると、あったかい紅茶があんまり飲みたくない。
 冷めるのを待つか、冷蔵庫にいれるというのが多分正攻法なのだろうけれど、冷めにくい紅茶が絶妙においしくない温度になっているのを飲んだ時は、これなら水のほうがまし、と思ったし、冷蔵庫にいれてキンキンに冷たいのはそれはそれであんまり好みじゃないのには最近気づいた。体調によってはおなかを壊す感じに。

 水道から出てくるぐらいの水の温度か、それよりちょっとだけ冷たいぐらいがいいんだけど…というなんとも幅の狭い範囲に収まってなおかつ手間がかからないのは、水をピッチャーにいれておいて、そこにティーバッグを入れて水出しにすることだというのがわかった。

 お湯だと案外大量でも…たとえば800mlぐらいでも、飲める味になるのだが、水だとピッチャー1杯分は厳しい。
 薄い紅茶が好きと言っても限界があるだろう…というぐらいになる。
 一晩おけばいいのかもしれないが、この気温だと常温で置くのはちょっと心配だ。冷蔵庫にいれたら冷え過ぎ。
 
 ティーバッグを2つ、投入してみたら、大体ちょうどよかった。ティーバッグ2つで1リットル。
 1つ4円見当のティーバッグ、2つで8円1リットルか…まあ、飲み物を他で買うよりは安いけどねえ。
 節約主婦としては「最安値」でないのがなんとなく悔しい。

  でも、ちょうどよくおいしいんだな…。
 
 ちょっと贅沢をしている気分でもある。

 「最近ねえ、ちょっと贅沢してるんだあ」という私に、紅茶のティーバッグが2倍でな、という話を聞いた夫は「よかったね」と笑ってくれた。
 こういう贅沢が出来るようになったんだなと思うとちょっと感慨深い。

 午前中に飲んだティーバッグを、多分もう一回行けるなあ、と午後にも飲む、というような節約ぶりを発揮していたのだものね。
 お金はあるに越したことはないし、節約も出来るならしたほうがいいと思って生きてきたけれど、こういうちょっとした贅沢を習慣にするのも心楽しい。

 そしてこれで「心楽しく」なれるのも大切。もっともっと大金を使っても、楽しくない…という人だってあるのだから。
 裕福な育ちではないということが「お得」だったりするのはこういうところなのかも。

 これをもっと贅沢にというのなら多分、もっと高いお茶の葉をとかそういう方角にいくんだろうな。
 もし、もっと贅沢したくなったらそうしよう。今は近所のスーパーの最安値の日東紅茶で大満足。

 贅沢ってし慣れると、いくらでも上を見たくなるっていうし、段階は細かく設けておいたほうがいいだろう。それと日東紅茶、リプトン紅茶(の一番安いの)って、値段の割にはおいしいと思う。

 緑茶とか、ほうじ茶とかを水で入れるのも試そうかな。
 冷たくてちょっと薄い緑茶もよさそうだ。
  

白くて四角い部品

電子工作は最近はじめたばっかりで、それも、今はやりのロボットとかじゃなくて、欲しいのはゲームのコントローラーなので、あんまり解説書が見つからない。

 割と汎用性の高い部品を集めたキットなどもあるようなので、AIがどうとか、プログラミング教育のなんとかみたいなものは割と解説書があったりする。

 でもボタンの裏側の配線に使われている部品って、なんて名前なの?なんていう質問をさて、誰にすればいいのやら…状態。
 ほかの分野、たとえば手芸なんかだと、割と私にも知識があるから、「こういう形のこういう感じの部品の正式名称は?」ときかれたときにかなりの率で正解が出せるか、大体のお値段ぐらいはわかることが多いが、電子部品系統はもう全然だめ。

 正式名称がわかれば、今の時代だもの通販もあるから買えるだろうが、まず名前と分野とサイズぐらいはわからないとどうしようもない。
 規格がJISで決まっているようなものなら標準寸法の表だとか、どこを測ってそのサイズの名前としているのかということもわかるのだろうけれど(たとえば、六角形のナットは、内側の径がサイズになっている。外側のサイズは内径によって違うだけで、商品の袋の裏には書いてある程度)名前もわからない状態ではなあ…。

 あ、でもちょっとまって?もしかしてこういう検索条件でどうだろう?

 そう思って、「白くて四角い プラ 電子部品」と検索をかけた。
 結果を画像で出して、上から見ていくと、目当ての部品があった!

おおおお、検索すごい。ちなみに私が探していたのは「PHコネクタ」という名前らしい。

 それを検索しなおしたらサイズとかもわかるサイトがあって、ちゃんとどのサイズのものか判断出来た。
 グーグルが始まったばっかりの時はこういうあいまいな感じだと検索できなかった気がするけど、令和の今なら、ばっちりってことだね!

 材質と、色、ある程度の形状と、分野がわかればいけるってことだ。
 秋葉原に電子部品を見に行きたいのはやまやまだけど、やっぱりなんとなくねえ…。
 心置きなく出かけられるまでにはもうちょっとかかりそうだ。

Wi-Fiよりも

今までリビングでパソコンを使っていたのだけれど、コロナで外出自粛になったときに反抗期の息子とずっと同じ部屋にいるとけんかになりやすいので、自分の部屋を整理してPCを使えるようにした。

 今まではリビングのWi-Fiを拾っていたのだけれども、自分の部屋だと何となくWi-Fiが入りにくい時がある。
 時々接続がタイムアウトになったりして。私の部屋はリビングの反対側だからね…。

 夫に相談したら、「壁からLAN取って有線に出来るけど、アダプタいる?」とLANをUSBに変換するアダプタを出してくれた。
 壁のLANケーブルのソケットから有線でつないだら全然違って、スイスイ転送できる。

 PCの場所が動かせなくなるが、ネットの快適さにはかなわない。20年前だったら、PCゲームをするのに回線は要らないときも多かったし、パソコンで「絵を描く」とか「文章を書く」とか、「音楽を聴く」とか…というような道具として使われることが多かった。「ネットを見る」というのはその機能のうちの1つでしかなかったのだけれど、今私のPCの主な用途は「ネットを見る」になっている。

 音楽を聴くのもいつの間にか手持ちのCDから移した音楽ファイルを整理して聞くようなことから、ネットのサービスに移行したし、映像ソフトをみるのもDVD再生からネットのサービスに移行したし、文章はブログで、ゲームはSTEAMで…となるとネットは絶対かかせなくなった。

 ネットのないパソコン「なんて」役に立たなくなった。
 80年代から90年の半ばぐらいまではネットにつながっていないパソコンが当たり前だった時代があるなんて、ね。
 いちいち電話回線を使ってつないで、情報を取ってから回線を切る時代ならともかく、つながっていて当然だものね、今は。

 Wi-Fiが普及してから、有線なんていうオプションがあることをすっかり忘れていた。
 家の中で電波をもうちょっと広げて届けてくれる装置もあるのだけれど、この有線の状態で早いし問題ないので、しばらくはこれでいこう。

 ツイッターで、ケータイキャリアの接客がお仕事の人が、「ネットなんて使ったことないのに、料金を取られている」とクレームがあった話を書いていた。
 「乗り換えとか、天気とかを調べていますか?」
 「好きなタレントさんのことを検索して情報を見たことがありますか」
 「メールを受け取ったことがありますか」
…というような質問に、全部YESだと答えたくせに、「ネットなんか見たこともない」と。

それが全部ネットにある情報を自分のところに持ってきているのだということがわかっていないと。
 自分のスマホに「全部入っている」わけがないよねー。というのがわからないってことなのか、と思うとちょっと驚き。
でもまるで魔法のように、どこかから自分が欲しい情報を出してくれるのだとしか認識していなければ、生まれてからこっち、初めて使ったデジタル端末がスマホなのだったら、こういうことになるのかもしれない。

  生まれたときからインターネットがあって当たり前という人がどんなふうにこの情報網をとらえているのか、聞いてみたいところだ。

息子の反抗期

 これが反抗期ってやつなんだろうねえ、とはっきりわかるぐらいの反抗期だ。

 なんとなく全体的に厨二病な感じもするし、ちょうどそういうお年頃だから、これでいいんだとは思う。

 何かにつけ挑戦的で、基本生意気で、そしてかなり失礼だ。
 自分のパンツ洗ってもらって、食事を毎食用意してもらい、弁当作ってもらってなんだその態度!

 更年期でイライラしやすい年齢なんだろうな、という自覚がある私だが、つまり反抗期と更年期はものすごく相性が悪い。

 朝の6時15分にはお弁当が完成していないとまずいというタイムスケジュールなので、私もあんまり余裕がないし、息子の失礼な態度にかかわりあっていると疲れてくるので淡々と弁当を作って水筒にお茶をいれて(学校の水飲み場は使用禁止だそうだ)、もう知らんぷりして掃除をしていたら、リビングから息子が「おかーさん!今日の弁当のデザートは?」

 ゼリーは今日は確かに用意してなかったけどさ。
 「あんなにお母さんに失礼な態度を取っておいてデザートとか(笑)」と夫が突っ込んでくれた。

 こういうところが、まだお子様なんだなあ。
 「冷凍庫に入ってるから、持っていきなさい」
 いつもなら、私が保冷袋に入れていて、面倒がって自分ではやらないのだが、冷凍庫から取り出して入れていく程度には、気まずかったらしい。

 お父さんにはそこまで失礼にはならないので、やっぱりお母さん「だから」なんだろうなあ。やれやれだ。

 ちょっとまだ、間抜けな感じがするところがこれはやっぱり「男の子はかわいい」ということなんだろうね。
 親業というのは、いろいろわかってきたときにはその知識はもう、役に立たないっていうけど、本当にねえ。

 小さい子を育てて、コツがわかったころにはもう、卒業していた。
 小学生の親として、大体のことが分かったころには、もう中学生に。
 思春期の子を育てるコツがわかったころにはこれもまた、卒業になるのだろう。

 頑張れ、息子。にきびというものを最近知って、髪の毛が「はねる」ことにも最近気づいたっぽい。

 ほほえましいなあ、と思ってちょっと笑っちゃったりすると、「キッ」となるので要注意。ブログは読ませてないのでセーフだ。
 

眼鏡新調

アラフィフになって、老眼が出てきた。まあ、しょうがないことなのだろうけれども、眼鏡をはずさないと近いところが見えにくいのは面倒くさい。

 もともと眼鏡をかけているので、別に老眼鏡を作るのにそれほど抵抗もない…と書きながら「老眼鏡」という文字にちょっと抵抗を感じているので、そうでもないのか…。
 2焦点眼鏡、とでも言っておこう。

 なじみの眼鏡屋さんへ行って、レンズを合わせる。
 私は上下や左右焦点のずれに問題があるので、「プリズムレンズ」というのを使わないといけないから、5000円程度の眼鏡では全然だめなのがつらいところ。

 それでもここ10年のレンズの進化は素晴らしい。
 一度試してみたことはある、下半分と上半分で焦点距離の違う当たり前の老眼鏡は、すごく境目がよくわかる(安い)ものだったのだけれど、違和感が全然ないのにはっきり遠くと近くが見える。もうなぜそんなことが出来るのか全然わからん…という感じのものだった。

 プリズムで上下の位置を合わせるのは一気にやると違和感が大きいというので、眼鏡を作り直すたびにちょっとずつ進めていたのをもう1段階、進めて大体ぴったりまですすんだからか、老眼鏡だと左右の視野が狭くなるという問題も私に感じられるほどではなかったし、今までの眼鏡との違和感のなさ、眼鏡の枠も今までのと見た感じがなるべく変わらないように作ったせいか、ブログのネタがなにかないかな…と考え込むまで眼鏡を変えたことすら頭から消えていたぐらいだ(昨日作った)。

 技術が進むっていいことだなあ。
 「割と最新のレンズなんです」と眼鏡屋さんが威張っていたが、それだけのことはある。
 念のため、ブルーライトのフィルターもついたのにしてもらったし、UVのフィルターもかけたし。

 前の眼鏡よりも念入りに表だけでなく裏もUVフィルターだそうで、うっかり日焼け止めを忘れるとスキー焼けみたいになるかもしれない。

 目がだんだん悪くなるのと、技術の進化が同時に起こってそれほど違和感なく過ごせている感じなので、このままもっと技術が進むといいなあと思う。

 いつも思うんだよね…。
 ちょっと目をしかめたり、細めたりしてがんばって見る時期が長くなってから眼鏡を作ると、目の周りに力が入っていたことがわかる。そんなことするぐらいなら毎日のことなんだから早く眼鏡を作ればよかったのに、と。

 今回もやっぱりそう思った。
 

ちょっとだけ塗りなおす

ちょっと前の日記にこのチェスのセットのことを書いたとき、「新しいのが欲しいな」と最後に書いた。

 このチェスセットのコマはプラスチックで、チェスのシンボルが盛り上がっているところに銀色の塗料が乗っているのだけれども、それがもうかなりこすれて剥げてきていたし、金属の薄い板が盤として貼ってあるのだけれど、その塗料もちょっとはがれて、銀色のところが見えていたからだ。

 これがね…。これと同じようなタイプのをネットで探してもあんまりない。ほとんどの人はもっと立体の駒を好むからだろう、こういうボタンとか、コインみたいな形のは少ない。昭和の時代のものに、一応あった、というのがわかったのはさすが、売れてしまった商品でも出品履歴の残るメルカリならではだけれど、(エポック社のブックゲームシリーズ19番、マグネットチェス)誰か持っている人がいい感じの値段で出品するまでどうしようもないので、この場合は待つしかない。

 プラス、その商品が「新品同様」ということはあんまりないだろうなあ。

 しげしげと自分のセットを眺めて、「どうなっていたらうれしいか」を考えてみた。
 まず、銀色の塗料が剥げて、下の赤とか、黒とかの地がところどころ見えているのがないといい。
 あと、さすがアメリカ製というか、真ん中の盤の切れ目のところが数ミリ、ずれている。こういうズレはないほうがいいよね…。あと版の縁の白いところが不規則に剥げているのは、多分閉じたり開いたりするときにこすれるところだったりするからか。

 マグネットのチェス、というだけなら、結構たくさん出品がある。割と出来がいいものもあるし、新品同様のものも買うことが出来そうだ。問題は、小さめの盤についているコマは、ともかく小さくて、立体の駒にしたとたんに見えにくくなること。老眼がこれからも進むだろうから、見えやすいシンボルのコマであることは大切なことだ。

 よし…盤だけ取り換えるか!コマはこれを続投で、ちょうどよさそうな盤だけ安く売っていたら買おう。
 コマは本当言えば、新しいのが欲しいところだけれど、ちょっと塗りなおすのはどうだろう?平面を塗るのは絵心がないから難しいとしても、盛り上がっているところだけ注意深く塗料を乗せ直せば、行けるのでは…?

 というわけで、100均へ行って、銀色のペイントマーカーをゲット。マーカーを浮かせ気味にして、先の細いところでちょいちょいと塗ってみたら、割とうまくいった。

 ペイントマーカーは、ちょっと塗料としてはマットな感じなので、もとのピカピカした感じはなくなったけれど、マークがきれいに見えるようになった。みすぼらしい感じがぐっと減る。
 コマの裏側には、ステッカーが貼ってあったのだけれど、経年劣化でぽろぽろと粉になって落ちていたので、はがして直径14ミリのステッカー(CAN★DOにあった)を貼りなおした。(コマの直径は15ミリ)
 
 ついでにこの盤をたたんだ時に「TRAVEL Checkers/Chess」と題名が書いてあったのも、こすれて剥げていたので、上から塗ったら、これもいい感じになった。

 …もうしばらくこのままで使ってもいい感じ。

 そうだよねえ…。いろいろな道具を修理しながら使うというのは、昨今あんまりはやらない感じもするけれども、売っていないのならこうやって手入れしながら長く使えるようにするしかないよね。
 ふと、「私もっといろいろ持ってた気がする」と思いついた。

 多分、押し入れの奥のほうとかに、もっと大きいセットとか、夫が外国に行ったときに買ってきてくれた、職人さんが作ったっぽい外国のセットとか、2ドル、3ドルで買ったいかにも子どものおもちゃ的なやつとかも持ってたはず。

 ちょうどいい盤も持ってるかも?
 「なぜこの盤に、この駒がついてるんだろう」というようなサイズ感が微妙なセットもあったから、組み合わせを考えて、いくつか断捨離してもいいな。
 
 そうだよ…。息子が小さいころ、やりたいというので最初に使わせたセットは磁石でくっつく立体コマのだったはず(多分はなやまの)。あれどうしたんだろう?

 そしていらないやつをすてたら、一つなんか面白そうなのを買ってもいいよね、メルカリとかで。
 全然知らなかった古い製品とか、「こういうのがあったらよかったのに!」な特徴をもったのがあったりするので、実はお店で新しいのを買うより面白いものが買えることが多いからね、ヤフオクとか、メルカリは。
 
 昔はちゃんとしたのを作っていたのだけれども、だんだんコスト削減になって作りが悪くなっていったとかいうものもあるから、古いのを手に入れるのはいいアイディアの時もあるしね!

 1000円ぐらいまでで、(自分にとっては)新しいものを買ったり、面白いものを見つけたりする楽しみがあるのがいい。
 自分がコレクションしているもののことを考えると、確かに、利益を上げなくてはならないお店よりも、同じ分野の商品で選び抜かれたものがあるのは、戸棚の中だものね。
 誰かのコレクションだったものが、ちょっとずつ出てくる。私のコレクションも少しずつ売って(笑)。

 チェスの問題をもう1つ、解きながらそんなことを考えた日だった。
 

初志貫徹出来たんだねえ。

 久しぶりに訪れた実家のある駅の駅前で「市会議員山田智明(仮名) 後援会」と書いた立て看板を見た。
政治家の後援会の名前だけの看板は、時々見るが、私はこの人を知っている。
 
 この人は同郷で、同級生…じゃないんだが、同窓生で、正確に言うと同級生のひとつ違いの弟だ。

 この人の兄にあたる山田義明(仮名)君は、野球少年で、近隣の強豪リトルリーグの帽子とジャンパーを制服のように着用に及んだ元気な男の子だった。お勉強よりは運動が好きで、ドッヂボールは強烈な横投げが得意で、学校は給食が一番好き…というとまあ、そんなクラスメイトは誰にも一人ぐらいはいたのでは、というタイプだった。

 田舎には珍しくはないが、農家の、それもかなりの豪農の長男だったが、おじいちゃん子で、おれはおじいちゃんの後をついで農業をやり、最高の米を作るのだ、と言っていた。
 そして「弟は頭がいいから、勉強をがんばって議員さんになるのだ」と。「おれは勉強はだめだし、嫌いだからちょうどいい」と笑っていたのを覚えている。

 ここのおうちのお母さんは「教育ママ」だという噂で、勉強が苦手だ嫌いだという長男君のほうだって、それほどひどくはなかったし、科目によっては結構いい成績も取っていたように思うが、弟君はどっちかといえば運動音痴で本が好きで、科学と学習を両方取ってもらっているような子だったから、多分お母さんの期待が弟君にあるのだろうなあ…なんていうことがなんとなくわかる感じだった。

 この駅前の看板を見るとつまり、弟君は「議員さん」になるのに成功したっぽい。
 地元から離れず、このあたりに古くからいる地主さんたちの支持があるのだろう。特に古い家がたくさんある地区の子だったし、町の神社のお祭りで、子どもに回ってくる役を学校を休んで務めていたっけ。

  多分この兄弟は私のことなんか全然覚えていないと思うけれど、子どものころに同じ小学校に通っていた子たちの今の職業がはっきりわかる、なんていうことは滅多にないので、面白かった。

Top|Next »

HOME

    思ったことを何でも書くゲーマーブログ。リンクはご自由にどうぞ。

    まこ

    Author:まこ
    どこをクリックしても一銭にもならない、ただの主婦の日記帳です。
    ゲーマーで、本好きで、クラフト好きです。

    06 | 2020/07 | 08
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    この人とブロともになる