FC2ブログ

毎日更新!LuckyDuckyDiary

いらっしゃいませ。毎朝6時には更新します。さっくり読んでいってください。コメントくださった方はリンクさせてください、相互リンク歓迎、リンクがダメな方は連絡お願いします。

生活費がたりない……?

4月に年度がかわってから、どうも資金不足感が抜けきらない。
髪の毛を切りに行く頻度を減らしたり(1回4000円)、季節ごとのクリーニング用に毎月積み立てている2000円から1000円拝借……というような感じにしていたのだが、やっぱりギリギリ感がある。今年の春から夏にかけて、私の下着と靴下は全く新調されなかった。

今までは4週間にわけて4つの封筒に入れていた食費を、5枚にわけることで1週間に使う量をちょっと減らして月末分にやたらと足りない感じを埋め合わせていたのだが、なんとなくまだ足りない。

 クッキーとかポテトチップ、おせんべいなんかのおやつ類を「今から買い物に行くけど、ほしいものある?」と聞いてくれる夫に頼みながら、「最近、そういうもの買うお金が残らないんだよね」とつい、言ってしまった。

 夫は、「弁当じゃない?」と。
 「別におかず作って、冷凍庫に貯めてるでしょ?」
――確かに。小分けにしてあるとは言うものの、たった今冷凍庫から出して解凍しておけば、3人がおなか一杯おかずを多分、2食分食べて余るぐらいは、冷凍庫に常にストックしてある状態だ。いや、2食分よりもっとあるかも?

 エビマヨが好きな息子のために炒めたエビとか、マグロも好きだし切り落としとか、材料費も確かにかかっている。
 安い材料でも鶏肉とか、ハンバーグとか、確かに普段食べて消費しているほかに「ストック分」というのが存在するようになったよね
 
冷凍庫に普段の食材としていろいろな材料を保存しておくのは実は苦手。
 奥の方とかに入っちゃった材料を使い忘れて味が落ちるとか、それだけならともかく「これ、まだ食べられるのかな」という状態になって発見したりするので、お弁当のおかず以外では冷凍保存されている食品はアイスクリームと、油揚げと、炒めたみじん切りタマネギと、刻んだベーコン程度になっている。アイスクリームは勝手に消費されるし、油揚げとタマネギ、刻みベーコンは使用頻度が高いからどうにかなるが、うちの料理の材料は基本、買ってからすぐ調理、長くても2、3日で消費。
 つまり弁当が本格化するまでは手元のお金=食料品ぐらいの計算でよかった。

 でも今はつまり、ストック分の金額が普段の食料品でもなく、生活費でもないところにプールされているってことで。
 「今度から振り込む分、2万円ぐらい増額しておくよ」
――とサラッと生活費増額が決まってしまった。

 えー!多分、5000円でいいのに……。
 ちょっと多すぎない?と思ったのだが、夫は「いいもの食わせてやって」と。なるほど、弁当のおかずを豪華に……それと食事のグレードを上げるってことでいいかな。

 そりゃあね、「下げる」ほうには難しい食費も「上げる」方なら全然難しくはない。ハンバーグにとろけるチーズをのせてやるとか、お弁当に厚切りのベーコンを焼いたの(息子の大好物)をいれてやるとか、なんなら胸肉の代わりにモモ肉にするとか、数千円あっという間、間違いない。

 お弁当のゼリーに使うジュースを奮発して300円のやつにしたら、「これ、めちゃくちゃおいしい!」と大喜びした。
 まあね、100円のジュース+果物100円分より簡単だからねえ。

 節約……。と考えていたら、夫が「大丈夫、このぐらいなら増額出来るよ」と言っていたので大丈夫だとは思うけど。
 このブログに書いているようなことを話していたら、「髪の毛切りにいって、下着新調しなさい」と言われてしまった。

 手取り15万ぐらいで過ごしていた一人暮らしの時代もあったし、服が破れても繕って着るような貧乏な新婚時代もあったしで、「なくてもどうにか」してしまうことが出来るから、つい増額なんて頭に浮かばなかったけど、確かに食べる量も増えてきているし増額するタイミングなのかもしれないな。

 とりあえず引き出す分は+1万円にして調子見よう。
 残りの1万円は使わなければ口座においておけばたまるんだし。

 「おかーさん、これもう多分だめ」
 半パンツからすずしくなったので履き始めた息子のジャージの長いパンツ、すごく短くなってた。うへえ、伸びたねえ。
 2枚と体育の時のがいるから、3枚で4000円ってわけにもいかない。多分5、6000円はいくだろうなー。
 
やっぱり2万円、いるかもしれない。はあ……。お金って、あればあるだけ、なくなるものなんだなあ。
スポンサーサイト



神戸市長と組体操

朝日新聞の2019年9月24日の記事から。
 神戸市の市長さんが、ツイッターで組体操でけが人が出ていることをあげて、教育関係者は組体操をやめる勇気をもってほしい、という意見を出しているという記事だった。

 小市民の感覚でいえば、例えば市長さんが組体操はけが人が出るから危ないのでやめたらどうでしょう、と言ったらいきなり中止に出来そうな気がするのだが、そうするとこういう「まあ、そうよね」と思うようなことだけじゃなくて、好き勝手に「それはないんじゃない?」というようなことでも市長さんが教育に口を出したときに止められないので、市長さんは教育現場でのいろいろには手を出せないようになっているらしい。

 神戸市では、この3年間に小中学校で123件もの骨折事故が起きていると書いてあった。「骨折事故」ということは、捻挫だとか、打ち身だとかはこの件数に入っていないのだろうな、ということを考えると多分、そういう事故も含めると件数はググっと増えると思う。多分、2倍ではきかないだろう。

  このブログに載せた写真は、朝日新聞の9月24日のもの。上の段の右側の「3」の番号のところにある、「サボテン」は私も覚えがある。けどこれ、1、2のところにあるその「サボテン完成までの過程」が!これ、昨今のお子さんたちは出来るのか?私が中学生の時出来ただろうか、と思うと、「上の役は無理」だと思う。
 私が小中学校の時にやった「サボテン」は、スタート時に一人が立って、もう一人が後ろにしゃがんで足の間に頭を突っ込み、その後立ち上がって肩車になるところからのスタートだった。
 次の号令で上の人が下の人の太ももの上に足を置き、前に立ち上がる動きを見せると同時に、下の人は足の間から頭を抜いて後ろに反り、この写真の「3」の状態にもって行って完成。

 この写真の通りにサボテンをやるとしたら、まず難易度が高い「倒立」からスタート。そのあと2番で前の人が足を押さえて後ろの人が勢いよく振り上げて腹筋力で起き上がる……?これ、運動部の子はともかく、文化系だと無理じゃない?どうにも起き上がれなかった時とかには、下の子が後ろに重さがかかりすぎて尻もち、上の子は足が上で押さえられているのでにっちもさっちもいかなくなって共倒れになるよね?頭や顔が前の子が後ろに倒れると同時に地面に激突しそう。こういうプロレス技、なかったっけ?
 失敗した時のとっさの行動で全員パッと手が付けたり、足が外せたりするわけじゃない。組体操は「全員やる」ことになっているケースが多いからねえ……。

 私が子供のころ――つまりまだ昭和50年から60年代だった時代でも、「昔より体を動かさなくなって筋力がなくなっている」と文句を言われていたけれども、さらに歩かず体を動かさず、外で遊ばない平成キッズにこれは相当無理があると思う。この写真の下の段の帆掛け船も、上の子の手が滑って下の子と頭突きになりそうな感じだし、腹抱え倒立も、安定しなさそうだ。(この2つは私はやったことがない)

 大体、体育大学ではじまって、そういう大学出身の体育の先生を通じて全国の学校に広がったという組体操。難易度が高い技は体育大学の学生には出来ても、全員には無理よね。
  手をつないで広がる「扇」とかでけが人がそうそう出るとは思わないが、神戸ではこの図にあるような技をやらせているのだとしたら、骨折だのケガだのが多くなるのも無理はないと思う。

 せめてもうちょっと難易度を下げないと……。体育の先生になろうなんて思う人は、絶対体育が得意な人だ。小さい頃から体育が大好きで、成績もよかったことだろうし、学校の体育でやることならなんでもきっと上手に出来た、そういう人が体育の先生になる。そういう人にとっては、体育が苦手で、がんばってもうまく体が動かないというような子どもが一定数いることが多分、理解できないんじゃないかなあ。練習すれば出来る!というような感じになりやすいのだと思う。

 多分練習すればある程度はうまくなる。体を動かすことは全部そうだと思う。ただ、その過程がもっと小刻みに設定されているとか、難易度が低いとかでなければ失敗が多くなって、ケガもしやすくなるのが「運動神経の悪い人たち」だということは、わかってほしい。運動神経がいい人だけ選抜してやるのでなければ、難易度を下げない限り危ないのだ。

 勉強が「やってもそれほど出来ない」人がいるのは見過ごされるのに、体育だけなぜ難しくても全員がやらなきゃいけないんだ……とため息をついていた私としては、難易度が下がるのは大歓迎。自分の子供が危ない目に遭わないのもありがたい。
 怪我までしてやることではないよね。ほんと。

 怪我が多いタイプのを調べて、それを取りやめるだけでもだいぶ違うと思う。神戸の市長さんは、自分に出来ることをして、頑張ったよね。
 こういうことって、「伝統だから」「習慣だから」で通されてしまうことも多いからね。ちなみに、うちの町では、組体操の演目に、集団でやるダンスと体操の中間みたいなマスゲームをいれて、人と組むところを減らすことにした学校が多い。中学校ではどうなんだろう、まだ見に行ったことないけど、多分小学校で減っているということは中学校でもそういう対策をしているんじゃないかなあ。


トイレでの勘違い

今まで行ったことのある外国ではまず、見たことはないけれども、日本の公衆トイレにあるのが、トイレを使用中の音を隠すために、音を出す機械。
音楽が流れるのではなくて、水が流れている音がするのが多い。

そういう機械がくっついている、百貨店のトイレに入ったときのこと。
最初に入った個室は、前の使用者が流していない状態だった。

いや、流してから使用すれば何の問題もないのだけれど、なんとなく感じが悪いものだよなあ、と思いつつ。

で、腰を掛けたら勝手に装置のスイッチがオンになるようで、大音量で水音が流れる。
用を足して、ふと、「あ……」と思った。
この機械、流れる水音が、すごく「本物っぽい」。この装置、2、30年前にはもうあったけれども、当時はそれほど本物っぽくはなかった。「水音を模しているが、機械の音」であることがよくわかったのだが、今日のこのマシン、すごく本物のトイレの水が流れる音に似ている。

 継続して流れる水音を聞きながら服を整え、トイレを流しながら思った。多分、前に使った人はもう、自分が流したのだと勘違いをしたのだろう。確かにうなずける勘違いだ。
―――私も気を付けよう。

 そう思いながらトイレを後にした。

保育園無償化って効果あったのかなあ。

 私が住んでいる町は、中規模で、割と便利なところにある。大都市圏に仕事に行く人が住む街、といったところだ。
故に、人口が増加傾向にあり、駅前にはマンションが並び、まだ新築のマンションがじわじわ増えている。市内の学校には、大型マンションが近くに建ってしまって教室が足りなくなったところがあるぐらいだ。(マンションの子は越境してちょっと遠めの小学校に通っているのだとか)

 少子化の昨今、学校の教室が足りなくなるなんてねえ。ちなみに、30年ぐらい前にいくつかの学校の統廃合があったぐらいには少子化だったらしく、「あの時に学校を壊さなかったら、今使えたのに」という笑えない話もあるらしい(今は廃校は公園になっている)。
 
 ここに引っ越してきたときに、試みに調べてみたら保育園の待ち人数は200人近かった。母子家庭か、お父さんが病気で失職というような事情があるのならもっと順番は早まりますが……というような説明はあったが、市内でも相当遠くの、隣町のほうが絶対近いからというような場所にある保育園とか、山の上の方に「こんなところに保育園あるんだ?」みたいな場所のものは数十人待ち程度。
 とてもじゃないけど入れる気がしなかった。

 認可のない保育園……というにはあまりにもせまそうな、ビルの2階と3階が保育園みたいなのとかは、ないではないみたいだったけれども、保育料がびっくりの高額、こんな額稼げないって。みたいな話だったので、結局仕事にはつかなかった。
 もちろんこの町でも、市議会選挙だのなんだのということになれば、「保育園待機児童を減らします」とか、「保育料の軽減」とかが話題になるし、この間は国でも「無償化」」とかやったのだから、もっと入りやすくなっているといいな…とは思うけれど、実情どうなんだろう。

 私の息子はもうかなり大きくなったので、保育園だの幼稚園だのに用事があるママ友さんは減ってはいるが、そういう人たちと話をする機会があった。
 「新しく保育園を作る」という話は噂で聞こえていたが、待機児童がかなり減ることを期待して作った保育園も、もちろん一瞬で埋まってしまい、(それも、開園前に)「保育園が出来るのなら、預けやすくなるわよね、私も働こうかしら」と思ったお母さんがかなりいたらしく、結局待機児童の数はかえって増えたぐらいの勢いらしい。

 「どうせ無理よねえ」と思ってあきらめていた保育園が、「一つ丸ごと増えるのなら、きっとチャンスがあるはず!」と思ってやる気をだして就活に挑むお母さんが増えるということだ。隠れ需要ってやつだね。
 今は年齢も高くなったし、この年齢で雇ってくれるかどうかはかなり厳しいから、それほどもう働くことに未練はないけれど、子どもが小さく、私も今より若かった頃は、実はちょっと働きたかった。

 でも、保育園はやっぱり足りなかったし、幼稚園のお預かり保育まで考えても、なかなか難しかった。
 夫は、「全員、入れるようにはなってないのだから、誰かが家で子育てするしかないんだよ」、と私が働けないのはしょうがないことだというスタンスだった。夫が私の稼ぎがなくても生活出来るだけ稼いでくれてよかったとは思う。

 でもこれが、夫の稼ぎが3人暮らすのにつらいぐらいしかなかったら……。フランス人と結婚している私の友達はフランス在住だが、働きたい人が全員預けられるようになっているそうだ。それはまたすごいな、と思うけど、そういうのって、どこから財源取ってるんだろう。なぜ日本では出来ないのかなあ。

 保育園が無償化して、入りたい人が増えて、みんなが働いて……。そういうことが出来るようになっているのならいいけれども、身近な人を見る限りでは、あんまりそういう風にはなっていない感じがする。
 無償化で、預けたい人が増えて、保育園や幼稚園の先生は増えなくて、結局待機。
 そうこうしているうちに子供が小学校に入れる年になってしまって、次に足りないのは学童保育。

 3年生にもなれば、学童保育はもう、この町にはないから、いきなりかぎっ子。まあ、そういう子は昔からいたけれども。
 有償の学童保育は3年生から上もあるらしいけど、月に6万円とか聞くと、うわあ、ってなる。習い事に出す?

 食料品や日用品を買いまわる手間が取れないとなると、生活費も上がる。結局専業主婦のほうが安上がりになってしまう世帯もあると思う。無償化といいつつ、この町ではいきなり全額タダになったりはしないらしく、「軽減」はするものの、やはり数万円は当然のように出すことになるらしいから、厳しいよね。

 何が足りないのか…というと多分、「子供が理由で」休める制度が少ないのと、そういう理由で休んだことで査定が下がる習慣があることなんだろうな、と見当はつくけれども、なかなかそういうところって変わらない。
 共働きでもなんとかなってますというところは、大抵親がそばにいて、病気の時にはそこに預けることが出来るというような話が多い。
 結局、そういうところは40年前と同じなんだよね。晩婚化で、そういうのに無理が来ているというのは全然計算に入ってない。
 40代で祖母になったという友達を見ていると、昔はこういうのが普通だったんだろうなー。と思うし、楽しそうだ。
 でもうちの息子が例えば、35歳で結婚したとしたら、私70近いわけよ。無理感ありありだ。

 保育園の送り迎えと思われる、布団袋2つ提げて、自転車の前後に子供を乗せたお母さんとか見ると、昼寝の布団まで毎週持って帰って洗濯を求められる習慣は、どうにかならないのかな…と思う。アメリカの保育園の昼寝マットは、保育園の備品で、ヨガマットみたいなやつだった。部屋が温度調整してあって、何もかけないでゴロ寝。ホースで流してジャバジャバ洗えるマットで十分だと思うんだけど。
 保育士さんがノート書いて渡すとかも、毎日やるのはあんまり聞いたことがない。特筆すべき問題がなければ、別に……ぐらい。保育士さんも、お母さんも負担が減るように効率化してもいいんじゃないか、と思う。

お茶碗変更

100均で買って使っていたごはん茶碗にひびが入った。
 しばらくそのまま使っていたら、なんと2個目の縁が欠けた。
 どうしようかな…と思いながら使っていたら、「あのさ、お茶碗、買ってこない?」と夫に提案された。

 「そんなに高くなくていいから、今度は100均じゃないやつで」と。
 難しいな、その注文。彼は茶碗の値段なんか多分みたことないから、簡単に言うけどー。ホームセンターの300円ぐらいのやつは、それほど100円と違いがない。柄が選べるぐらい?

 ふっと思いついて、近所のリサイクルショップに行ってみた。鍋とか、ブランド食器とか、ブランドタオルケットとかを箱の新品のまま、安くで引き取って売る店で、そこでお盆を買ったことがある。前まではゲームソフトなども投げ売りにしていたので、そのあたりはチェック済みだ。

 真っ白の有田焼のおちゃわん。蛍がはいったもので、5つ800円。箱入りの立派なのだった。四弁のお花みたいな蛍がはいった湯飲みでお茶が出たのは、確か祖母の家だ。薄い緑色が透けてきれいで、冷たくて、いい香りのするお茶だったなあ。
 そんなことを思い出しながら手に取った。

 ごはんをいれるんだから、蛍のお茶碗でも全然関係ないだろうけど、これは何のために入ってるのかなあという疑問は沸いたが、 確かに安い。隣の木箱の5つセットのお茶碗も有田焼のセットで、こっちは1780円で5つ、それは全部柄違いだった。
 ……ここまではいらないだろう。

 というわけで、有田焼の白いお茶碗が5つ、うちの台所に仲間入りとなった。
 夫みせたら、「前のより薄いね」という感想だった。まあね……。すぐ割れるかなあ。
 5つあるから(前は3つだった)そういう意味では一応長持ちするはず。


せっかく来たのに

ちょっと遠くのスーパーは卵が安い。雨の日になるとタマゴが1パック98円になったりする。
 小さめの卵を売っている時は138円。安くない時でも178円から198円で、一番近くのスーパーが278円なのに比べたら断然安いので面倒でも買いに行く価値はある。

 100円違えば、5000円分の2パーセントにあたるのだと思えば、消費税も上がった昨今、馬鹿に出来ない。
 私は卵が小さくても全然かまわないので、期待値は138円、あわよくば98円が狙いたいところだ。お弁当に入れる卵焼きは毎日だし、プリンもまたリクエストが来ているし、私の手間なし昼ご飯にたまごかけご飯もちょくちょく食べる。
 
 かにかまをいれたかに玉とか、ひき肉料理のつなぎにいれるとか、夕飯の材料にも結構使うからねえ。
 ……ってんでまだ暑い中、プラプラと出かけた。

 土曜日だったのでかなりの混みぐあい。卵売り場の前には新婚っぽいカップルが。

 「あーー!せっかく来たのに!安くない!」と女性。
 
 本日卵は残念、198円であった。私も1パックかごにいれながら、(ねー。残念だよねー)と心の中で相槌をうった。

 次のパックは平日に買おう。多分、週末のほうが高いとか、関係があると思う。

NintendoSwitch用タッチペン


最近、見られない場合は画像のリンク切れです【Tales of the Orient--The Rising Sun】をクリアしようとがんばっているのだけれど、NintendoSwitchの画面を手でタッチしているとミスタッチが出る。
 このゲーム、元はPC用だから、ちょっとゲーム機でやると画面が狭くて小さすぎる。

 携帯機、たとえば3DSの場合はタッチペンが有効。3DSのタッチペンは、感圧式といって、画面にかかる圧力を検知するタイプなので、ガラスの画面が傷つかない硬さの物なら何でもOK。つまようじ、綿棒、割りばし、なんでもござれ。売っているペンはそんなわけで、樹脂をペン型にしたものが多い。形さえ加工出来ればOKだから、かなり安い。
 
 同じくNintendoSwitchでもタッチペンを使いたい場合、「静電式」というものを使わなくては反応しない。iPhoneなどのスマホ、ipadみたいな「タブレット」も静電式が多い。電流がとおらなくてはならないので、「導電ゴム」とか、「導電繊維」とか、「導電塗料」とか……とうようなものを先端部分に使い、金属製のペンになっていて電流がとおるようになっていたり、または電池が入っていて電流を流すようになっているので、技術もいるし、仕組みもややこしいのでちょっと高い。

 iPadに使うペンを夫が面白がって買ったが、4000円ぐらいしたとか。このタイプのペンを自作する記事をネットで読んだが、一番簡単なのは、アルミホイルでペンを包んで、手でもって使う……というものだった。
 アルミでくるんだ棒に、アルミの鉛筆キャップをつけたのとか、短すぎる鉛筆を持つためのアルミのエクステンダーをくっつけたのもあった。

 自分で作ろうかな…と思ったが、その前に!と思って100均を見に行った。
 案の定100均にあった。ボールペンぐらいの大きさで、先が丸くて黒いゴムになっている。

 使って見たらばっちりだった。ちなみに4000円したという、アップル社のiPad用のペンはアップル端末専用らしく、NintendoSwitchでは使用出来なかった。
 100円の静電タッチペンよりはアップルの高いペンのほうがちょっと先が細かったけれども、そこまで細かい絵を描くとかでないなら、100円のタッチペンも十分使えた。
 ほんと、どうなってるんだろうね、こういうものの値段って。


Top|Next »

HOME

    思ったことを何でも書くゲーマーブログ。リンクはご自由にどうぞ。

    まこ

    Author:まこ
    どこをクリックしても一銭にもならない、ただの主婦の日記帳です。
    ゲーマーで、本好きで、クラフト好きです。

    09 | 2019/10 | 11
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    この人とブロともになる