LuckyDuckyDiary

いらっしゃいませ。毎朝6時には更新します。さっくり読んでいってください。コメントくださった方はリンクさせてください、相互リンク歓迎、リンクがダメな方は連絡お願いします。

冷蔵庫の棚が入らないったら入らない

冷蔵庫に入れるものはなるべく少なく。
これがものの管理が下手な私のポリシー。

保存容器はもう、家に置くのはやめた。あるのは、弁当箱だけ。
じゃあ、残り物はどうするのか、というと、食器にいれて、ラップをかける。
漬物みたいな、何日かにわけて食べるものもそう。3人家族なのに4つあるようなボウルにいれるので、問題ない。

お皿で足りないような大量の時は、ステンレスのボウルに入れて、ラップ。
まあ、滅多なことでそれより大量は出ないが、出たときは鍋に入れて、突っ込む。

食器が最低限なら、こういう風には出来ないだろうけれど、たとえばラーメン鉢は、ラーメンを食べる時以外は使っていないし、丼も2つぐらいあるし、22センチの平たい皿なら、大概のものは乗る。
 
で…これでなにが困るかというと、時々、汁がたれることがあるということ。高さのないお皿をちょっと傾けちゃったりとかするとそうなる。
それに気付かないと、棚板にこびりつくとか、そういう話。

そんなわけで、今日、私は冷蔵庫の中身が少ないと、こういうことするのも楽だよね、と自画自賛しながら冷蔵庫の棚板を抜いて、洗っていた。

よしっ。とそれを拭いてからはめようとおもったら、あららら…はまらないのだね…。
うちの冷蔵庫は観音開きなくせに、片側が壁なので、開きかたが悪い。棚板をいれるとき、棚板を傾けながら押し込む…というような工夫がいるのだが、がこがこ言わせながらいれても、ななめにかしぐ。

…抜く時は抜けたんだから、はいらないわけ、ないよね?…とおもうのだが、入らないものは入らない。

そのうち、冷蔵庫をあけっぱなしにすると鳴るアラームまで鳴って、ますます焦る。

一端ドアを閉めて、アラームを止め、また開ける。
また、鳴る。

閉める、開ける、試す、鳴る (リピート)。

うわーん。余計わからなくなってきた。

 これが多分一番上(入る)
 で、これがその下?(入った)
で、一番下が、これ…のはず(入らない)。

 大体、チルドルームの扉は外しちゃったし、卵入れはもう一番使わない戸棚の一番上にしまってある状態。
 全ての棚板に特徴がなくなってしまっている。
 
 そして1段目と2段目は合ってると思ったけど、なんか棚が上すぎない?こないだ1段目は抜いたのにー。

 しょうがないので、全部抜きなおして、チルドルームのフタが付いていた場所の痕跡を探す。
 あれ?1番上だと思っていた棚にそれがついてる…ってことはこれ、一番下なの??

 そこで、やっと私は思いついた。
 きっと、説明書があるはず! (家の中にあるはずだけど見つからない。こういうときはネットに限る)

 ネットで型番を調べると、PDFが出てきた。

 ふう…。わかった。一番下と思っていたのは、下から2番目で、一番上と思っていたのが、一番下。

 夫は「あのさ…一段ずつ、抜いて洗って戻せば、いいんじゃないの?」と、みなまでいうなっ。という感じ。
 次回からはそーするけど!でもそれはもう抜いちゃった今日は役に立たないって(言わないけど)。

 次回も同じ失敗をしそうな気がするので、棚板に、1、2左、2右、3、とナンバーを振って、冷蔵庫本体の横の壁に、1、2、3と高さが合うところに番号を油性ペンで書いておいた。

 これでもう、大丈夫。
 そして、こうやってブログにかいておけば、もし、数字が消えていても大丈夫。だってPDFを見るって事が思い出せるから。

 
スポンサーサイト

« 掃除は嫌いだけど、部屋はましになってきたコツ|Top|ハンバーグを焼くのが下手 »

コメント

おはようございます!応援ぽちっと
俺の家は4人世帯サイズの冷蔵庫です。
収納とか適当でジップロックとタッパーだらけになってます。
一人暮らしでこれだから家族がいたら混沌とするでしょうね。

てかとさんへ

管理する人が一人なら、それほどは。
てかとさんがたいへんなのは、手作り系の保存食品が多いからですよね。
いつも感心しながら読んでます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Top

HOME

    思ったことを何でも書くゲーマーブログ。リンクはご自由にどうぞ。

    まこ

    Author:まこ
    どこをクリックしても一銭にもならない、ただの主婦の日記帳です。
    ゲーマーで、本好きで、クラフト好きです。

    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    この人とブロともになる