LuckyDuckyDiary

いらっしゃいませ。毎朝6時には更新します。さっくり読んでいってください。コメントくださった方はリンクさせてください、相互リンク歓迎、リンクがダメな方は連絡お願いします。

将来の不安

結構いろいろなブログを読んで、50代女性あたりのテーマのブログを読むと、将来が心配、という話が結構ある。夫婦で仲良く暮らしていて、大抵ペットなんか飼って、旅行や、趣味や…そういうブログなのだが、やはりお子さんがいないというところから、将来、なにかあったとき、とふとした時に思うことがある…というような記事。

 それと同じような話で、私が思うのが、子供に兄弟を作ってやれなかった、ということ。私も若くはない。今から子供を作るとしたら、かなり「人類の限界に挑戦」みたいな話になってしまう。
 でも時々、お子さんが4人あるママ友さんと話をしたり、2人のお子さんをつれている家族連れの兄弟が仲良く遊んでいるのを見ると、将来、私たちが死んだら、息子は孤独になるんだなあ…とか思ってしまう。

 そこで、ちょっと落ち込む前に、私は毎回、思い出しておくことにしている。
 昔も一人っ子はいた、と。そしてそのフレーズさえ思い出せれば、次に思い出すのは、離婚済みの元義弟のこと。

 元義弟は、ものすごーーく借金をする人だった。それもかなり簡単に。普通の会社員だったので、何十万の借金を、右から左へ返すわけにはいかない。借金が家族に発覚するのは数百万にふくれあがってからで、数カ所のローン会社から、連絡が入るから。
 一度ならず、数度やった。

 夫婦である義妹が協力するのは、まあしょうがないとしても、義理の兄である私の夫、同居していた私、義両親、そして義弟の両親と兄弟まで、大騒ぎ。義弟の両親が数百万、出したこともある。義弟のお兄さんが出したこともある。ある程度は、裕福だったようだけれども、うなるほど金持ちではなかったらしく、彼らも困ったらしい。

 まあそれはね…1年で500万円、数回持っていかれてみろよ、と思う。老後の蓄えだっただろうに、数千万…というのには多いかもしれないが、1000万以上、パー。それも病気の治療とかなら納得もしようが、たかが飲み会でぱーーーっとおごったとか、パチンコですったとか、そういう話。

 今は、もう元義弟がどうしているのかしらないが、こういう兄弟が、こういう子供がいたとしたら、大変だろうなあ、と思う。上のお兄さんはごく普通に家庭を営んでいるのだし、もうこれは義弟の性格としかいいようがない。

 息子を見ていると分かる。どんなに一生懸命教えたとしても、耳に届いているのかいないのか、その気があるのかないのかもう、本当に本人の性格というのは出る。かなり小さいころから。子供がどう育つかは全部親の責任みたいな報道もあるけれど、私はどうもそうは思えない。

 ある程度までしか、教えられない。そういうものだと思う。

…まあ話はそれたけれども、私にもし、こういう兄弟がいて、連絡があれば毎回、お金を貸してくれ、とかよこせ系の話ばっかりだとしたら…いざ病気だなんだ、となったとき、助けてくれると期待するだろうか。多分無理だと思う。

手続きぐらいなら、してくれないかな…と思う人も多いだろうけど、多分、お金にだらしない兄弟が、そういうことをしてくれるぐらい誠実で実直で手間をかけてくれるかというと、確かに望み薄だろう。

 それなら、お金を払って雇った、シルバーセンターの人の方がまし…というものだ。でなければ、ひとりか、ふたりか、こういう非常時に、なんとかややこしいことを頼める友人がいるかどうか…のほうがずっと考える余地はある。

 私は、母親と折り合いが悪い。面倒は見るなら義母の方がましだと本気で思うし、しょうがない、今も病院とかの非常時には付き添うけれども、なるべくならかかわりたくない。姉も遠くに嫁いでいて、私よりは母と仲がいいけれども、それでも、「どうしてあんな人なんだろう」と愚痴ることがあるぐらいだから、いざとなったら実家の家でも土地でも売るなり抵当に入れるなりして、お金で人を雇いたいと本気で思ってしまうような人だ。

 親子がいつでも仲良く、なんていう話はないし、子供がそばに住んでいる時代は終わっている。子供の生活を犠牲にしてまで親の面倒を見る…というのは無理があるし、みんな行政や、民間のサービスを頼る時代になったのだ。

 みんな、将来は老人になる。不安は誰にもある。

兄弟がいない。親戚が少ない。子供がいない。村社会で、群れで暮らしていたころの本能がまだ残っているからなのか、血族が多いということを安心材料にしがちだけれど、この現代に、その安心感が実際の安心になるのかというと、これは運程度の話でしかない。

 子供が大変に親孝行(でお金に余裕がある)子になるとは限らないということ、兄弟姉妹が自分と仲良しで思いやりがあるとは限らないということを、忘れてはいけない。プラスも手に入らないが、マイナスではない。プラスマイナス、ゼロで。

 戦争で、子どもや、孫を亡くした人だってたくさんいたはずだ。戦争がない時代でも、親の方が長生きしたケースは絶対たくさんあるし、兄弟がない人だって、きっとたくさん、いたはずだから。なんとかなる。そう思って行こうと思う。結婚した相手と、友達と助け合っていければ。

 不安に思っていても、何が変わるわけじゃない。頑張ってご飯食べて、ちょっとは運動して、なるべく節約してお金を貯めて、ある程度元気でやっていけるように。
 
 不安になりやすい日もあるな、と自分でも思う。体調が悪かったり、寝不足だったり、ホルモンの関係だったり。そして多分…ちょっと更年期なんかも入っているのかなあ。
 落ち込みやすい時は、自分でも気が付いて、ちょっと、一休みできるようにしないとね。
スポンサーサイト

Top

HOME

    思ったことを何でも書くゲーマーブログ。リンクはご自由にどうぞ。

    まこ

    Author:まこ
    どこをクリックしても一銭にもならない、ただの主婦の日記帳です。
    ゲーマーで、本好きで、クラフト好きです。

    06 | 2017/07 | 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    この人とブロともになる