LuckyDuckyDiary

当たった

…といっても、宝くじでも、懸賞でもない。
子供の参観日があったのだが、その後に、役員決めがあって、くじ引きに当たってしまったのだった。

こども1人につき、一度は、PTA役員か、クラス役員か、スポーツ委員か、広報委員か、地域役員か、のどれかをやらなくてはならない…というシステムになっているのだが、もちろん、人数の関係で、やらなくてもいい人も出る。やらないのを「逃げ切った」と表現するのを見てもわかるとおり、やりたい、という人は、あまりいない。

 大概がくじ引きとか、じゃんけんとか、そういう手段によって決まるのだが、6年生になってからやると、イベントが多いのと、卒業式関連が大変という話があるので、「子供が小さいうちにさっさと」やってしまう…という選択をする人もいるため、割と低学年のうちはクラス委員なんかに立候補が多い。

1度目の参観日にこれがある…というのは周知の事実だが、参観日に欠席したらどうなるかというと、前の年の役員さんが役員決めの司会をやるのだけれど、その司会者さんが、役員未経験の欠席者のくじを引くという話になっている。…となると、その場に自分がいないが、厳正な抽選できまりました、と封筒が届くという仕組みになっていて、もし、それが自分で引き受けられない場合には、引き受けてくれる人を自分で探さなくてはならない、というルールまであって、ともかく大変。それならもう、その場にいるほうが気分的にマシ…。

 というわけで、春は憂鬱なシーズン。
 学校に行っても、にこやかに挨拶できる人が数人いるかどうかぐらい(幼稚園が同じだった人)。挨拶したら、もうぽつーん。という感じなので、ちょっと困ったね、という居心地の悪さがある。

 子供の習い事が、前に一緒だった人が(今この習い事を息子はやっていない)「あら、帰ってきてたの?」とフレンドリーに声をかけてくれたのはとてもうれしかった。メールアドレスの交換もした。

 あと、幼稚園で1学年上の学年だったママさんがが、「今度、XX委員をやろうと思っているんだけど、もしよかったら、いっしょに」と声をかけてくれたのもあった。
 2年ぐらい会っていない人だったのでびっくりしたが、話をちょっと聞いてみると、システムを変えようと思っているらしい。
多分、出来るだろうな。彼女は、ものすごく敏腕なんだよね…。幼稚園の時もそう思った。なにをやらせてもばっちりだし、人当たりはいいし、話していても頭がいいのがよくわかるし話は面白いし…。
 でも、だ。そのXX委員は、確か、人脈がものを言うんだったか、それとも、顔が広いほうがいいんだったか…と聞いたことがあった。むーりー。でもなー。誘ってもらったのは確かにうれしい。迷うところだ。
 「もし、誰も立候補者がいないなら、やる」と返事しておいたのだが、残念、その委員は『私やります』と他の人が立候補してしまったので、さすがにその人を押しのけるほど…でもなかったから、やめておいた。

 くじを引くことになって、教室に残った人が6人。「高学年になると、減りますねえ…」と顔を見合わせて愚痴りながらスタート。欠席者は2人だったので合計8人。
 まず、学年に1人のスポーツ委員と、広報委員。スポーツ系イベント担当のスポーツ委員と、その他の学年便りとか、文科系行事担当広報委員。くじを引いて当たった人が、廊下に出て、他のクラスの「あたり」の人と、じゃんけんぽん。

 ここで負けたので私は広報決定。
 スポーツ委員は隣のクラスの人だった。

 じゃんけんに勝って、広報とスポーツが当たらなかった人は、教室に戻って、クラスに1人ずつの地域委員のくじを引き、それに外れた人がまたクラス委員を引き…。

 毎年、立候補すべきか、それとも逃げ切れるかどうかやってみるべきか…とすごーーーく悩んでいたので、もう当たっちゃったらそれはそれで、「来年は悩まなくていい」と思ってすっきりした。

 XX委員に誘ってくれた人には、「立候補した人があったから、誘ってくれたのにごめんね」と言っておいたが、この人は広報委員もやったことがあるらしく、「学校で6人しかいないからね、仲良くしておいた方がいいよ」とアドバイスをくれた。

 気をつけるよ…。
 ついでに1学年上の広報委員の人も、紹介してくれた。
 
 なるべく余計なこと言わないように、当たり障りのないように、がんばらないとね…。

 気が重いが、しょうがない。パソコンで文書作るのと、イベントの写真撮るのが主な仕事のようだし、写真はともかくも、パソコンなら、どうにかなるでしょう…。

 子供が幼稚園の時は毎日のように話していた人も同じクラスに珍しく2人もいたのに、一言ずつ、挨拶交わしただけで、後は目すらあわなかった。ちょっとさびしいな。きれいなお母さんたちだし、多分、私と仲がいいということをあまり見せたくないのかなあ、とか思うとちょっとね…
 特に、手芸が趣味の人もいたのに、もう全然話せなくなったんだな…って思うと悲しい。でも…そういうものなんだね、きっと。
 
でも、そういうこと気にしない人は、クラスは別だったけどちょっと、雑談も出来たし…小学校は違うけど、同じ時期に知り合った、幼稚園の時のママ友さんで、まだランチにいこうね、とか、お茶のもうとか、言える人も、数人いるし。そういうことが出来るだけでも、いいと思わないとね。

 家に帰って、子供と生クリーム入りロールケーキ食べて元気出した。
スポンサーサイト

Top

HOME

    思ったことを何でも書くゲーマーブログ。リンクはご自由にどうぞ。

    まこ

    Author:まこ
    どこをクリックしても一銭にもならない、ただの主婦の日記帳です。
    ゲーマーで、本好きで、クラフト好きです。

    03 | 2017/04 | 05
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    この人とブロともになる