LuckyDuckyDiary

もやもやするダウンロード販売

最近、ゲームというのは、「ダウンロード販売」が多い。
 最近はiPadやiphoneも使うことになったから、ダウンロード販売というものにも、だいぶ慣れてきたし、あとDSiウェアのあたりから、DS用のダウンロードゲームも買うようになり、3DSになってからはカートリッジを差しなおさなくていいのがうれしくて、カートリッジで買ったものまでダウンロード版が出たら買いなおしたのもあったぐらいだ(周囲には、何という無駄…とあきれられたが)。

任天堂ショップのゲームは高い。3900円、4800円、5000円越えも。面白いけど、高い。カートリッジ版と同じ値段が普通だから。小型のアプリは、200円ぐらいからあるが、これが玉石混交。200円「も」出しても、遊ばないな、と思えるものから、これは5000円分ぐらい遊んだ!というものまで。

アップルストアのアプリのダウンロード…。これは、「ゲーム内課金があります」となっていても、課金なしで遊べるのもあるし、面白いのがわかっていれば、300円ぐらい払えば、広告出さなくなってフルバージョン遊ばせてくれるものも多い。これで、気に入っていたのが、「モンテズマの秘宝2」というやつ。遊び方は、ズーキーパーとか、パズドラと同じようなもので、「マッチ3」という、3つそろえて消しましょう、というカジュアルパズル。

そういや、最近そういうのやってないな…と、あの消したものが上からしゃらしゃら落ちてくるあの感じがやりたくなって、再ダウンロードして立ち上げてみたら、だ。モードが3つあって、簡単なのと、普通のと、難しいのがあるのだけど、一度、立ち上げてまず、イージーモードを遊ぶ。そのあと、また立ち上げなおすと、どの面まで遊んだかという記録が残っていない!1-1からやりなおしになる。
えええええ?? なぜだ! しょうがないから、その画面をタブレットに残したままにして、ご飯を食べて戻ってきて、再開…と思ったら、なんと、勝手に立ち上がりなおした。そして記録は消えている。大体、ゲーム内で取ったコインを使って、パワーアップを取って、どんどんばりばり、パワーアップを使って消して連鎖ーーっ。というのが楽しいゲームなのに、記録がゼロに戻る!なんじゃそらーーーっ。一度も中断しないで、全パワーアップ取るところまで、そりゃ…私はゲーマーだからやって出来ないことはないだろうけど、そういう問題ではない。(そしてそうやって、パワーアップ全部とっても、一回やめたら、もう遊べないってどうよ)

…で、結局、最新版である「モンテズマの秘宝3」を買え、と。そういうことらしかった。えええ?あのね、このゲーム、ライト版とかじゃなかったはずよ?240円ぐらい出して、フルバージョン買ってるわけよ(一周して、そのあと、削除したから覚えてる)。それって、ずっと取って置かせてくれるもんじゃないわけ?前まではこういう動作をしなかったはず…ということは、どこかのアップデートでこういう風に「わざわざした」…ってことなのか。 240円て、そりゃ沢山じゃないよ?スターバックスで、フラペチーノ飲んだって、それよりかかるよ?でも、なんかもやもやする。モンテズマの秘宝3は絶対かってやらねえ、と心に誓った。

マッチ3ゲームの代表格、ビジュエルド3は、私はDS版を持っているのだけれど(これは北米版しかなかったので、秋葉原で買った)今回の渡米には持ってきていない。うう、残念…。でも、パズドラは、盤面が小さすぎる。あれは「勝手に連鎖してしまうんだよね。そうじゃなくて、自分でこう…。試しに、ビジュエルドも検索してみた。ビジュエルドクラシックHD。これでいいだろう、とダウンロードしてみたら、広告消すのに360円。ポーカー出すのに360円。痛いところ、ついてくるなあ(笑)。ポーカーは、DS版で遊んだからいいや…。広告は、確かにうっとおしかった。でも、モンテズマの秘宝の3買うよりは、360円だそうか…という気分になる。

 240円ならな…すぐ、出すんだけどなあ…。日本でitunesカードで足しておくのを忘れたため、私のアップルアカウントの残高があんまりない。クレジットカードを登録していないので、そうなるんだけど、アメリカでプリペイド買ったら、アメリカのアカウントにしか、足せないのだ。親に電話して、買ってもらって、番号だけ教えてもらおうかな(笑)。後で返すから、買っといてーって。

 もうちょっと考えよう。
スポンサーサイト

カジュアルゲーム日米の値段差

ダウンロード販売の話を書いてから思い出した。パソコン用ゲームのサービスの、会員になってたことがあったなあ、と。それは、子供を産んだころで、同居中で、共有のテレビしかなくて、「テレビでゲームが遊べない」時のことだった。パソコンは、自分のノートパソコンがあったから、一人で夜中に遊べる、ということで、あのころはパソコン用ソフトを遊んだ。ウィンドウズの付属のに、加えて、そこの会員サービスのカジュアルゲームを子供が昼寝をしたら、ちょこっとやるのが楽しかった。

マッチ3や、その他のパズルゲーム、ソリティアソフト、それから、「ミッケ」みたいな「ものを探す(Hideen Object Game)」ソフト。数本、ダウンロードして買って、「今日のお得な一本」とか、買ったし、「毎日ログインしたらくれるポイントをためて、チケット取ってそれで手に入れたゲームもあった!」と思い出した。あのサービス、どうなったんだろう…。
…と思って、記憶を頼りにいってみたら、まだ、あった。【GAME HOUSE】。前は「リアルアーケード」と言っていたのだけれど、途中で名前変わったんだよね。

前に使っていたメールアドレスは、多分これ、と思ったので、問い合わせしたら、クレジットカード情報をもとに(住所と、最後の4桁)アカウントを探し出してくれて、なんと、そのころ買ったゲームは再ダウンロード可、まだ遊ばせてくれるって。古いのは、7年前なのに!これぞ、いいサービスというものよ…。
再ログオンできるように、ログインパスを再設定してくれて、知らせてくれた。

ちなみに、「モンテズマの秘宝」とかなり似ているゲームを私は持っていた。「Alchemist's Apprentice」というゲームで、記録を見ると、2ドル99セント。多分「今日のお得な一本」で、値下げになっていたやつだと思う。当時、普通のゲームは1本、5ドル99セントだったはずだ。今は、「月会員」か「年間会員」になっていなければ、ゲームは「6ドル99セント」らしい。

再ダウンロードして、心ゆくまで遊んでしまった。パソコンだと、画面が大きいのがいいなあ(中年っぽい感想だ…)。

英語で手続きは、出来ないわけでもないけど、日本語で手続きできるほうがいいかなあ…と思って調べてみたら、ヤフーゲームとか、リアルアーケード日本版(なぜ、こっちではリアルアーケードの名前が残ってるんだろう?)とかは、あったんだけど、アメリカのゲームハウスでつまり、6ドルで買えるゲームが、1800円とか、2,100円とかする!えええ?ローカライズにお金がかかってるからか?とか画面みたら、英語だったりして。そりゃ、こんなゲームに言葉がいるわけもなく…というようなパズルゲームもだ。みんな、テトリスとかズーキーパーやるのに、日本語いらないよね?Start pause exitぐらいなら、みんなわかるし。

この値段差、なに…。いや、1本ね?600円なら毎月1本、いや、2本。でも、2100円となるとなあ。こんなカジュアルパズル、一週間もあれば終わっちゃうものなあ…。アメリカのサービスにしておこう。

夫に、この話をしたら、「サービスがなくなるのが心配なら、ディスク版を探せば?」というので、近所のパソコン屋をのぞきにいったら、バーゲンコーナーに、ゲームハウスではまだ1本6ドルで売っているソフトが4本入っているディスクが2ドル。箱はボロボロだが、そんなことはかまやしない。中のディスクは無事だった。おどろおどろしい絵柄のなぞ解きをして進んでいくアドベンチャーゲーム4本セットにいたっては、1ドル。大丈夫かこれ…と思ったけれども、買って帰ったらちゃんと動いた。フルバージョンで、お試し版とかじゃなかった。すごい。 500円以下で、ゲーム8本。まあ…遊ばないのも、半分はあるとしてもだ。これは、あれだ。ファミコンカセットを輪ゴムでとめて、5本200円で売っていた、あの感じだ…。私は、スぺランカーとか、マインドシーカーとか、ウィローとか、膝が抜けそうな迷作をそうやって手に入れたことがある。

アマゾンであたるを幸い、ゲームの題名で検索かけたら、古いのは古いけれども、安いディスク版がいろいろと買えることが分かった。中古でよければ、送料程度でたたき売りだ。今の私のシステムで動くか、動かないかは「賭け」といったところだろう。

ゲームハウスのダウンロード版のいいところは、「すぐあそべるところ」。最近のゲームは、もうディスク版は存在せず、ダウンロードのみ、というものもあるようだから、最新のものが遊べることか…。あとは、最初の60分はタダで遊ばせてくれるので、「自分のパソコンで動くのか?」というチェックは出来るから、買ったけど動かなかったー。という悲劇は避けられる。

日本のアマゾンでも、日本にローカライズされているディスクは少なかった。「輸入版」を売っている業者もあった(数千円。ものすごく高い。アメリカの新品価格の3倍とかも)…これは、つまり、アメリカで買って帰れってことか…。アメリカには、自分が買いたいものがないと思っていたけど、実はここにあったかも。

カジュアルパズルゲーム、好きなんだよねえ…。ビジュエルドと並ぶ、人気作「ジュエルクエスト」(マッチ3が6本、カードソリティアが3本、ミッケ系が3本出ている)を調べてみたら、ディスク版がなくて、マッチ3のダウンロード版が1本2000円ちょい。最新の1本じゃなくて、オリジナルとかの古い奴でもだ。アメリカでは、マッチ3が2本と、ソリティアが2本入ったディスクが6ドル…。ゲームハウスのスペシャルパックだと、マッチ3が6本セットで、会員じゃなくても20ドル。ダウンロード版とはいえ…。アメリカと日本で値段の差6倍はひどいな。

昔、ゲームハウスで、オリジナルが広告を見ればタダで遊べたので繰り返し遊んだ「ローマの建国」は、2138円だった。英語版題名はCradle of Rome。これの1と2、それからペルシャの建国とエジプトの建国の4本が入ったディスクが近所の店で4ドルで、バーゲンコーナーにあったのに。面白いゲームだけど、1本2000円はなあ…。
アメリカのアマゾンで、同じゲームのダウンロード版は6ドル99セント。1と2の2本が入ったパソコン用CDは新品で10ドル。このゲームは、マッチ3の草分けといってよくて、遊びそうな人はもう、みんな遊んじゃってる…というようなものなんだろう、ディスクはどれもこれも、中古は1セント。送料のみだな、という感じだった。

アメリカで、買って帰るほうがいいな…。好きなゲームは選定して、買って帰ろう。

麻雀ゲーム日米差

麻雀という言葉は、「まーじゃん」と打って変換すると、一回でちゃんと変換するぐらい…ということは、これは割とポピュラーな言葉で、大人だったら、どんなものかということを知っている人が多いということだ。ポンジャンとか、ドンジャラとか、子供のときに遊んだことがあるけれど、つまりは、同じマークや、数字を組んで出して、その組み合わせによって点数が違って、点数が高い人が勝ち!というゲーム。 トランプより、ぐっと枚数が多いので(たしか100枚以上ある?)戦略には幅があるらしいけれども、大体、そういう感じ…ということは、わかる。

日本では、お金を賭けて遊ぶ人が多いので、イメージとしては「賭け事」という感じで、「大人がやるゲーム」で、ファミリーゲームとは認識されていないと思う。これが、日本での麻雀。

アメリカにも60年代には、日本式のマージャンがポーカーや、ブラックジャックのように流行ったことがあるらしいが、(中国式というべき?)今、アメリカのカジュアルゲームの世界で、「まじゃーん」と発音されるそれは、まったく違うもの。
それは…「上海」。日本だとこう呼ばれる。積み上げた麻雀牌を、上に牌が乗っていない+左右の少なくともどちらかが隣とくっついていない…と選べる。という条件に従って、2枚ずつセットにして取り除いていくゲームで、最後までなくなったら、勝ち。

最初からてっぺんがどんな牌なのか、見えている状態でスタートするものが多いのだけれど、同じ牌が、上下に重なってしまうと、「場にあるのに」取れないので、運もからむ。(そういうことが起きないように調整されているソフトもある)パソコンのパワーがなくても遊べるので、昔はマックにも、ウィンドウズにも、フリーソフトだの、売っているソフトだのが多かった。

アメリカのカジュアルゲームでは、あの中国から来た麻雀牌を使っているものもあるけれども、あの柄が見慣れないというので、動物柄になっていたり、花柄になっていたり、トランプの柄になっていたりしても、立体に積まれた牌を条件に従って2枚そろえるソフトは、「マジャーンソリティア」または「マジャーン」と呼んでいる。ゲームの分野わけに、「マジャーン」のコーナーがあるのを見て、パソコン相手に、麻雀やるゲームが1ジャンルとして成立するほど、人気あるっけ?と思って、「Flower Mahjong」という名前のものを1本、ダウンロードして遊んでみて発覚。神経衰弱?と思ったら、つまり上海。とてもきれいな絵柄だったし、見やすかった。そのあと、2,3本、プレイ画像を見てみたけど、何種類か柄は選べるようになっているのが多くて、中国式麻雀の柄も選べるソフトが多いようだった。

これは、なんとなくやってしまう…。いつまでもポチポチ遊んでしまう感じがする…私はこれのゲームボーイ版を持っていた。白黒のゲームボーイで、あの弁当箱みたいなやつで…。そのあと買ったゲームボーイポケットで、遊んだなあ…。

これとちょっと違うのも持っていた。「四川省」というやつで、ネットで調べたら、一般名称は「二角取り」というらしい。線が、ぴーーっって出て、それが2回以下しか曲がらなければとれる…という、200円ぐらいで、裸のゲームボーイソフトで…。きれいなグラフィックじゃなくても、アクション性はなくても、はまるゲームってあるよね…。私はつまり、昔からカジュアルゲームが好きだったんだなあ…。

しかし、アメリカでは二角取りはあるんだろうか。一本一本、調べるのもなんだけど、2つ合わせるゲーム、つまり「マッチング」ゲームとしてしまうと、上海の説明と被るからなあ。なんと検索すれば、上海が排除できるのか…。

調べていくと、わかってきた。3linesというのが、キーワードっぽい。なるほど、3回曲がったら、線は4本だもんね。2回以下だと、3本以下の線で結べればいいのか。パソコンソフトに、そういうの、あるといいなあ…安いディスクが。

上海も、四川省も、両方遊べるの、ないかな! 買い物が、ちょっと楽しくなってきた。ほしいものがあるって、いいなと思う。「次におこづかいもらったら、何を買おうかな」と思っていた子供のころみたいで。「別に…今は大してほしいものないな」じゃなくて、ほしいものがあって、そしてそれが時々買えるぐらいお金があるのって、いい。千円で2本買えたら、言うことない。

そして、眠れない夜に、せっせと2枚そろえてたら、絶対眠くなりそうだ…DSでもいいのか、じゃあ。調べてみたら、「ああ!二角取り」というDSi ウェアが。なんという名前。絶対、あいうえお順で並べ替えをしたとき、頭に来るように狙ってるよね(笑)。

結局、3本ラインで結ぶのほかに、二角取りは90度のライン2つ以下で結ぶという説明がついているときあるみたいだとわかった。それでさがすと、【オンラインでタダで遊べる子供用のゲーム】があった。やってたら、眠たくなった。おお…これは、上海より、眠くなる…。
ってことは面白くないのか(笑)。でも、こういうゲームもちょっとあるといいんだよね…。

上海にあたるゲームはものすごくたくさんあった。そういや、DSのゲームのどこかにあった…と思って手持ちのソフトを探したら、【マッチ3が3本セットになったゲーム】の中の1本が、「Mahjong Quest」だった。なぜこれを今回の荷物にいれて、ビジュエルドの3を持ってこなかったんだ…。と思ったけど、この、上海ゲーム、やるかな。

l33tって、まだあるんだ。

私がオンラインゲーム、それもアメリカのを遊んでいた2000年前後。【L33t】こういわれるしゃべり方が流行っていた。この書き方は、「えりーと」と呼ばれ、、たとえば、「えい」と発音するところは、「8」(英語の発音、エイトから)とか、「О(文字のオー)」を数字のゼロで置き換えるとか、決まったつづりの入れ替え方があって、つまり「音声チャット」なんかデータが大きすぎて、ゲームプレイに含まれなかったころ、キーボードで文字を打つコミュニケーションに使われていた。

もともとは、というと、ハッカーたちが、情報交換するのに、見つかりたくないことを、検索がよけられるように考案されたのが始まりらしい。

ゲーム内には、下品だとか、放送禁止用語に当たる言葉をフィルターして見えないようにするシステムもあったし、あまりののしりまくると、運営側に通報されたりして、怒られるので、それにひっかからないように、相手をののしったり見下げたりするのに、この方式を使う人もいた。ちなみに、スペイン語などの発音も取り入れられていたりして、「YOU」という単語は「U」のほかにも、「J00」(Jは、スペイン語では日本語のやゆよ、のYの音になる。「ウー」とのばす発音は、つづりに関係なく「EW」か「OO」とつづるのがl33t流ということになっていた)となることもあって、正直読みなれないと、何を言われているのか、さっぱり…ということに。

ついでに、このl33t、「大文字と小文字を交互に打つ」というのがデフォルトになっていたために、読みにくさもMAX。時々、よくぞこんなものを、この速度で打てるな(シフトキーを押さえたり、離したりしているわけだから)という人もいた。多分だけど、変換ソフトなんかもあったのかもしれない。

Jo0 R KewL これで、You are cool 、とこうなるわけで、慣れなきゃあ、打てない読めない話せない。要は、No0B(Newbie= 初心者)と言われる、「ゲームに不慣れな人」をからかうための道具にもなっていた。「俺たち、ゲームのエリート御用達」というわけだ。

何年か前に、日本の女子高生が、メールで、こういう組み合わせ文字を使ういうニュースを読んだ時は面白かった。例えば、「カゝ」これが、「か」だとか、一定の文字を、記号で入れ替えるようなもので、L8r(later)や、M4X(Max) みたいな、l33t,と同じ、自然発生的な、「自分たちだけのやり方」の発想って、言語が英語でも日本語でも、あんまり変わらないなあ…と思ったっけ。

でも、最近はあまり使われなくなっていると聞いていたのだけど、こんなページがまだ、あることを思うと、まだどこかで、これで、"Jo, KewL D00d, U RoxXeRs" …と打っている人が、いるってことか…と思うとちょっと笑えた。

今でも、私はそういうのを読めるだろうか。そして、時々はそういうのを混ぜながら、しゃべることが今でもできるだろうか。

道端で、皮鎧を作るための皮を取ろうってんで、鹿を仕留めていたら、初心者と間違われて、いきなり襲われて(初心者狩り。割とよく起きた)私のキャラは、皮をなるべくたくさん運ぶために、一番軽い服装(死に装束のローブ。死亡したら、荷物が死体に残ってしまうため、すっぱだかで蘇生…するのもなんなので、システムが勝手によこす服)を着て、かなり軽い武器(鹿を狩るのには、それで十分。初心者が店で買う武器と同じに見えた言えば同じだったが、実は自分の鍛冶屋キャラの手作りで品質はよかった)を持っていたからだろうけれども、スキル的には、かなり強かったので、そいつをガンガン圧倒して、返り討ちに(笑)。アドレナリンラッシュで、ものすごく気分が高ぶって、目がさえた。

そいつが蘇生場所でl33tでののしりまくったのを、覚えている。だから…誰でも動物を狩っていたら弱いわけじゃないから…。後で、それを見ていた友達に、私がl33tであんなに早く打てると思わなかった、と笑っていたのを思い出した。 結構な言葉でののしり返したので、あとでギルドマスターに「女の子なんだから」と絞られた覚えもある。 あのころのキーボード打鍵速度は、本当に鍛えられていた。 

いつか…また手が空いたら、オンラインゲームも遊ぼうかな…。でも最近のゲームは、プレイヤー同士の殺し合いとかは出来なくなっているらしい。あれは正直、いやなものだけれど、でも、「いいプレイヤー同士」の結束が固まるものでもあった。誰が、いい人か。覚えて、見分けて、そして助け合って。正義の味方を名乗るギルドのタグは頼もしく、そして、その人たちは本当に強かった。襲われているときに、助けてもらうのは、本当にありがたかった。 「有名人」というのが、あったものだ。そのゲームのサーバーでだけ、有名な人。殺し屋として有名な人、殺し屋を殺す人として有名な人の両方あった。

襲われたときに、うまく逃げられた時のあのドキドキする感じは、プレイヤー同士の殺し合いがない世界には、ないものだったと思う。ちなみに、私は戦うのが下手で、強い相手に襲われたらたいてい逃げるほうを選んだ。返り討ちにした時は、単に、その時の持ち物に、なくなって困るものが一つもなかったからだ。今でも…。楽しかった思い出がいっぱいある。

もう、あんなゲームは、遊べないだろうな…と思う。今、やってもシステム的に古くなっているしあの時ほどは盛り上がらないだろうというのは、わかる。誰と遊ぶか…ということも、大切なのだ。 当時、ゲーム内で知り合った一番年上の人は70代。最初は、その人の息子さん(50代)と知り合った後、紹介された。その70代のプレイヤーは、「こういうの着てると、男の子たち、やさしいのよねえ」と笑いながらものすごく露出度の高い鎧を着用して街を闊歩していた。ちなみに、大体の女性プレイヤーは、その鎧の上から、服を着ていたのだけれど。

そうか…70代になったら、そういう楽しみ方も、ありか…と思った覚えがある。私もそんな年齢まで、ゲームが楽しいと思えますように…。 私の手が、l33tの打ち方を忘れませんように。 ポケモンが、今、スマホで中年向けに出ているように、いつか、「老年向け」のゲームがノスタルジックな「あのころ遊んだ人向け」にまた開発されたらいいなあ。音声チャットなんかないの。キーボードだけ(笑)。コツコツ稼がないとだめで、1日12時間プレイも珍しくない…のは、さすがに年取ったら無理か。



古いデジタルピンボール

昨日の日記で、ピンボールのことを書いたものだから、どうしても気になって、100秒しか遊べないのでもいいや、と思って【デモバージョンをダウンロード】してみた。

画面の解像度が昔より高くなっているので、ちっさ!がめんちっさ!あそべねえ…という感じになるものがいくつか。「互換モード」ってあったなあ、と思って、プロパティから設定。大体1993年、なんていうクレジットのものが混ざっているのだから、640x480以上推奨とかになっている。そりゃ、横幅が、1440ではなあ…。互換プログラムツールが起動したら、ウィンドウズXP(サービスパック3)というところまではどうにかしてくれるけれど、画面の解像度とかは、全然だめ。

のっそりした動き具合に、きぃいいっとなって、自分で、アプリケーションのアイコンを右クリック、プロパティから、互換性のタブを見に行ってみた。なーんだ、640x480で動かすというオプションがあるじゃないか…ついでにXPじゃなくて、ビスタだとか、98だとか、95で動かすというのも選べる。
カラーを256色に制限するというのもあったし、65536色にする、というオプションもちゃんとあった。それで、カラーに制限いれたり、解像度を変えたりしたら、1本残して全部サクサク動くようになった。

やったね、また遊べる。100秒とはいえ、はまってしょっちゅう遊んでいたころと違ってすごくへたくそになっていたから、100秒が来る前にボールが1個落ちるなんてしょっちゅう。案外これでも遊べるかもしれないな。日本に帰ったら、どこかにライセンスキーがおいてあるはずなのでそれでフルバージョンにすればいいよね。

で、だ。動かないのは「モンスターフェア」。いや、一応立ち上がるんだよ?でも、ボールがものすごいスローモーションになる。

…ボールが、すごく落ちにくい。だって、どこを通りそうか、ゆっくりだったらわかるんだもん…。
チケット取り放題、的もうまく狙えるし、ナッジでちょっと通路を選びなおさせてランプ点灯も、ボールが早い時より、ずっとうまく…いくけどこれ、気分は複雑だ。ピンボールというのは、間違いなく、「慣れてくればうまくなる」ゲーム。フリッパーのどのあたりにあてれば、どこへ飛ぶか、勢いをどうやって殺すか、ボールを止めておいて狙ったところへ放り込めるようになったら、うまく並んだスイッチを狙って、全部あてたら、ボーナスが稼げるとか、決まった通路を、ランプが指す順番に通れたら点数が高くなるとか、そういうことをやるわけだ。

問題は、ボールが転がる物理的な速さに目がついていかないので、フリッパーの間をすり抜けておちてしまうのが、防げないことにある。台をゆすって、うまく復帰させるのも、リトルウィング社のピンボールにはどうやって台をゆすって戻すか、とかのテクニックも説明書には書いてあるから、なれれば案外、復帰もできる。ちなみに、この会社のデジタルピンボールに限って言えば、このデジタル台で覚えたことは実機にも有効。私はここのデジタルピンボールをいやというほど遊んでから、初めて実機を打った。実機の横っ面をバン!とたたいて揺さぶるのは、壊したらまずいのでやらなかったけれど、フリッパーのテクニックは、実機にも有効で、初めて実機を打ったのにエクストラボールがいくつか取れて、びっくりしたぐらい「本物っぽかった」。

ま、そりゃスローモーションになったら、ピンボールは本物っぽくなくなるし(物理的にボールが動く速度は、決まってるものね)、落ちないようにする技術はいらなくなるし…。ギミックがさっさと全部見られていいわな…。なかなか、「このスイッチを連続で何回入れるとみられます」みたいなのは、見られていないんだよね…。

今は99秒で終了だけど、家に帰ってフルバージョンになったら、ちょっとこのゆっくりしたやつも遊ぼうかな…。

ソリティアが好き(1)

【パソコンゲームの販売サイト】には、いろんなジャンル分けがしてあるのだけれど、その中でも「カードゲーム」カテゴリで、「ソリティア」ゲームが大好き。

どのぐらい好きか…というと、【紙の本】(たぶん今、なんとか手に入るのは、これだけだと思う)を持っていて、パソコンなんか、どこにもない時代から遊んでいたぐらい、好きだ。ゲームボーイもなかった時代に。実は、子供のころ使っていた本は、これではなくて、トランプの遊び方を書いた本だったけれど、その中に、「時計」、「ピラミッド」「モンテカルロ」「クロンダイク」「計算」などが入っていた。

トランプというのは、昔の子供にも、手に入ったものだった。「小学三年生」なんていう雑誌の、1月号(12月に出る)の付録には、トランプやすごろくがつくことが多かったのもあったし、おじいちゃんや、おばあちゃんが孫が遊びに来たとき出してくれるものの中には、かるたや、着せ替え、折り紙や、塗り絵のほかに、トランプもあった。これでいとこ同士で「七並べ」とか、「神経衰弱」とかをやるわけだ。

私が持っていたのを覚えているのは、ごく普通の(たぶん、任天堂の)大人用が家にあったのに加えて、姉が買っていた漫画雑誌の付録のトランプだった。割と見分けやすい絵柄で、肩のところの数字を除いて、全部絵札?みたいなかわいいトランプだった。

私が持っていた本は子供向けの、それも女の子向けだったのだろうか、トランプ遊び、つまり「ラミー」「七並べ」「ポーカー」「神経衰弱」といったようなゲームのほかに、「トランプ占い」が載っていた。ソリティアの「モンテカルロ」にあたるものは、「残ったカードの種類によって今日の運勢を占う」ものだったし、「時計」ソリティアは、1月から12月、または1時から12時に当てはめて、「どれがラッキーか」などを占うものだった。「アコーディオン」は、「願ったことが叶うか」だった覚えがある。それの亜種「王様の結婚」はもちろん、「好きな人と結ばれるか」であった(滅多に上がらない)。

どうにもこじつけが出来なかったと思しきソリティアゲームは、「一人でも遊べるゲーム」として紹介されていた。図書館で借りてきた本で覚えたゲームもいくつかあっただろうか。暗いな(笑)。暗いけれども、あんまり友達が多いほうでもなかったし、一人で遊ぶのが好きな子供だったからね。

おもちゃはそんなに持っていなかったが、トランプは、そういえば何組かあった。付録のかわいいもののほかに、地域の子供会がやるクリスマス会とかのプレゼントに入っていたこともあったと思う。それも、「森永」とかのマークがついた販促用らしいトランプの柄が、頭に浮かんだところを見れば、多分、提供者は地域の雑貨屋のおばちゃんだろう。

しょっちゅう成功するものと、滅多に成功しないものがあるのは、知っていた。「11」になるのをペアにしてそろえるやつは、結構あがったが、クロンダイクはめったに上がらない。ゴルフソリティアは、かなり上がるのが好きで、馬鹿…というぐらい遊んだ。「パン屋の1ダース」(これは直訳。Bakers dozenというゲーム)だの、「アラビアのじゅうたん」だの、古臭い図書館の倉庫の本から出してもらったトランプの本から持ってきた覚えがある。上のリンクの本は88選と書いてあるが、さすがにそこまでは知らなかった。でも、多分20種類ぐらいは知っていたのではないだろうか。

機械的にせっせと並べ替えれば終わるものも、頭を使わなくてはいけないものもあったし、全部を広げてからスタートするものや、山が2つだけのものまで、レイアウトもいろいろ。寝る前に1ゲーム…みたいなプレイも多かった。リラックスして眠るために遊んでいた。うまくいくと、うれしくて目が覚めちゃったり、もうちょっとだと悔しくて寝るのが遅くなったり。

パソコンを使い始めたとき(マッキントッシュだった)、フリーウェアにソリティアがあるとわかった時には、大喜びしたものだ。フロッピーがなくなって、CDになったころ、確かソリティア全集みたいなソフトも買った(500種類と書いてあったけれど、亜種が多くて実は、150種類ぐらい?)。

ウィンドウズに乗り換えてからは、ソリティアと言えば、クロンダイク(ただだったし)。これは番号を入力して、一個ずつやるという「ばっかじゃないの?(ば、にアクセント)」というのもやった。ちなみに、ウィンドウズ8からは、クロンダイクは標準装備じゃなくなって、マイクロソフトのサイトから、無料ダウンロードになっている。クロンダイクはソリティアの中では「あがりにくい」タイプ。1枚ずつめくるルールにすると、もちろん「上がる」率はかなり高くなるけれども、「わーい!あがった!」という気分をしょっちゅう味わうのには、向かないかな、と思う。スパイダーソリティア、これもウィンドウズについていたけど、これもあんまり「よく上がる」タイプじゃないわけで。

パソコン版の、なにがいいって、「もう一回」と思った時、すぐ、はじめられること。手動でピラミッドとか、時計とか、アラビアのじゅうたんとかを並べなおす手間を考えると、パソコン版のソリティアは、偉大だと思う。

…語ってきてしまったけど、今日この日記に書こうと思ったのは、てっぺんのリンクのゲームサイトの、ソリティアが、微妙だったから。その名も「seven seas solitaire」割と、いいソリティアに見えたんだけどなあ。ストーリーモードの、ストーリーが読みたいから、やってるけど(割と面白い)、途中から、「んんん?」となることが増えた。このマークがついているものは、「二度使わないとどかせない」というのは、いいとしよう。でも、トランプ「一組分」でも「二組分」でもない、枚数が出てくるのは、なぜだ…。K5枚とか、12枚とか平気で出てくるから…。1組のトランプには4枚しかないはずのK。2組あっても8枚。「ええ??さっきKは使い切ったはず…?」

どんな法則を使っているのかは謎だけれど、でてくるカードの合計枚数は52枚でもなく、104枚でもなく。そりゃないよ、邪道だよーーー。トランプに、特殊カードが混ざっているタイプのソリティアは、いい。つまり、トランプ1組(または2組)+特殊カード何枚、と把握できるから。でも、「全部で何枚あるかわかんない」なんてソリティアは、ダメな気がする。

ゴルフタイプ、つまり、出ている数字から1大きいか、1小さい数字を上に置いていくタイプのソリティアは多いけど、「確か、9は3枚は出てたから、この8の上に乗せるのは9じゃなくて、7にしておこう、まだ10が、1枚しか出てない」とか、そういう戦略をたてるのに困る。

 ぼーっと何も考えずにプレイするのにいいのかなあ…。でもその割には面クリアに「10回セットのうち、少なくとも3回はパーフェクトをとれ」とか条件出すんだよなあ。

ほかのソリティアもいっぱいあったし、これにこだわらずに遊ぼう…。絵がきれいで、音もかっこよくて、割と好みだったのに、無制限?みたいなカード構成になっているのが、残念。
ストーリーが最後まで知りたいので、もうちょっと遊ぶか…って、結局好きなんだね、ってことだけど。

で、今やるならこれがおすすめ、とか書いて、リンクでも貼っとこうかと思ったのだけど、アマゾンで調べて見たら、日本で買えるやつはどれも高い。3000円も出さない…よねえ?私が持っているDSのダウンロード版のソリティアは、2、3本買ったけど可もなく、不可もなく…じゃあないわ。1個だけ、すごくいいのがあった。【ソリティ馬】これは500円したけど、5000円したソフトより遊んだと思う。これはソリティアとしてより、ミニゲームとしてかわいいところがある。ゴルフタイプだけれども、早さが要求される。上がりやすい、パーフェクトが出やすいソリティアで、爽快感があると思う。
(同じタイプのソリティアを探すときのキーワードは「Tripeaks solitaire」か、「golf solitaire」)

そういやあ、川島教授の脳トレソフトにも「赤黒赤黒」という名前でスパイダーソリティアが入っていたなあ。「だれでも遊び大全」とかにもクロンダイクはあったっけ…。でも実はスパイダーはあんまり好きではない。(単に、慣れてないから上がらないだけ?)クロンダイクは、パソコンでやりすぎて飽きたというのは、ある。

今日私が書いた「カード無制限?Seven Seas Solitaire」のオンライン版で、タダで(ただし画面小さ目、広告を見ないと遊べない)遊べるのは、【ここ】

アナログのソリティアはもう絶対遊ぶ気にならないし、お気に入りを見つけるのはいいアイディアかもしれない。

ソリティアが好き(2)クロンダイク系

ソリティアが好きだ。昨日の日記にも書いたけど。特殊カードを使うソリティアの中で、特にいい出来だと思うのは【Solitaire Kingdom Supreme】だと思う。パソコン版を買ったあと、iPad版を買ったぐらい好きだ。

遊び方はウィンドウズ標準に昔ついていた定番ソリティア、つまりはクロンダイクなのだけれども、仕掛けがある。
まず、最初は特殊カードはあんまり入っていない。このカードが出てきたら、「お宝カードで点数プラス」とか、「ヒミツのカギ」カードを出すと、ボーナスが取れるとか、その程度。

それで何ゲームか遊んで、「☆」を貯めると、特殊カードが使えるようになる。ただし、特殊カードスロットは、最初は2つぐらいしかない。

グリフォンをいれると、最初配られたときのカードがにっちもさっちもいかない…とはならないように、「最低1枚は、「A」にしてくれる」とか、ドラゴンを入れると、どの山の一番下にも、「お宝」カードが埋まっていて、点数が底上げできるとか、「お坊さん」というおじさんカードをいれると、そのおじさんが出てから、カードの山が一度なくなるまで、3枚でなく、1まいずつめくれるとか、吟遊詩人をいれると、山札を置く場所が空いたとき、「K」ではないカードも、一番下に置けるようになる、とか「ああ、こういうことできたら、もうちょっとあがるのになー」と、思ったことがあるような機能がカードに割り振られていて、それを自分で選んでいくことで、難易度調整が出来るのが、ミソ。

一応、「ランダムで「キングダムカード」(<つまり、特殊カードをこう呼ぶ)をいれる」というようなオプションもあるのだけれども、自分でストイックに遊びたいときは一枚もキングダムカードを入れなければそこまでで、普通のクロンダイクが遊べるし、しょっちゅう上がりたいときは、どっさり(スロットを開放しなくてはいけないので、ある程度遊んでからになるけど)キングダムカードを入れれば、半分…は言いすぎか?でも3度に1度は上がる感じになる。

Kingdom solitaire Questという、課題をクリアするタイプと、Kingdom solitaire Supremeというのがあって、実は最初は【パズルクエスト】が面白かったので検索して、この「クエスト」のほうを購入したあと、「こういう条件をクリア」とか言われないで、ゆっくりプレイできるバージョンを発見して悔しかった覚えがある。

キングダムカードスロットは今、見てみたら8個だったけれども、「同じキングダムカードを2枚いれる」というのが後のほうから可能になるので、キングダムカードの枚数は、多分1ダース前後。

クロンダイクソリティアは嫌いじゃないけど、「もっと上がれるといいのになあ」と思ったことがある人におすすめ。カードの組み合わせによって、大量得点が狙える。(ゲームサイトのほかに、アップルショップでも。iphone版99セントってことは、多分日本版は150円)あと、広告を見れば、タダで遊べる(画面小さ目)は、【これ】

開発元のサイトは【これ】で、TRYと書いてあるボタンから、試用版がダウンロードできる。

一応ここにカードの解説をしておく。
G グリフォン。一番最初に配られたカードのうち、何枚かを「いいカードに変更」してくれる。
D ドラゴン。各山札の一番下に点数が取れる「お宝カード」が入る。
H ヒーロー。このカードを乗せると、その位置に来るはずのカードが飛び出してくる。
T シーフ。このカードが出たら、Aを全部出してくれる。(Aが4枚とも出ていたら効果なし)
L レディ このカードが出たら、動かせるカードの周りが光ってわかりやすくなる。
U ユニコーン カードのうち6枚をゴールドカードに(1枚千点)。ゴールドカード全部出せたら25000点。
M モンク このおじさんが出た後、最後の手札がなくなるまでの間3枚ずつでなく1枚ずつめくれる。
B バード このカードが出てから最後の手札がなくなるまでの間、「空き」におけるカードがK以外でもOKに。
W ウィザード このカードが出たら、山札の一番上の裏返しのカードが、何だかわかるようになる。
E エビルナイト。勝負を挑んでくる。賭けて、上がったら点数倍、負けたら半分に(賭けなければ効果なし)
R ローグ。 全部手札を消費してどうにもならなくなったとき、捨て札(もう一周する時に)順番を一度いれかえてくれる。
S スティード。 このカードが出ると、場に1つ、カードを置けるスペースが増設される。
F フェアリー。 これを出すと、どの位置にキングダムカードがあるか、ハイライトされる。
+のついたオオカミのカードは、出せたカードに足される点数アップのカード。
X3、X5などの人間のグループのカードは、出せたカード1枚当たりの点数が掛け算になる。


危険安全ピンボール

ウィンドウズ付属のゲームに、昔ピンボールがあったのを覚えている人はあるだろうか。あれは製品版もあって、Full Tilt! Pinballというソフトの中の1本をちょっと劣化版にしたようなものだった。今も、アメリカのアマゾンには取り扱いがあって、Full Tilt Piball 2は投げ売りだが、この「Space Cadet」ピンボールが入っていることが知られているFull Tilt! Pinballだけは、30ドル40ドルという値段を付けている人がいる。

 どこかで、「そういや、昔ついてたのになあ…」と思い出したとき、みんながグーグルで調べて、製品版はこれ!という情報を出すので、それがほしい人が出る(のを想定している)から、高いんだろうな。

検索語は「windows space cadet pinball download」にしてみた。ちなみに、出てきたサイトは【ここ】で、ノートン(PCのウィルスチェッカー出してる会社)のサイトで一応チェックかけたら「OK」と出たので、まあいいだろう、とダウンロード(もしこれを見てダウンロードされる方は自己責任でお願いします)。 

遊べた。うーむ、懐かしすぎる。「こういうのダウンロードしたら遊べた」という話を夫にしたら、「ウィルスとか、チェックは?」とちょっと叱られたが、私より、シマンテックを信じてほしいものだ。家にはファイルもある(私は昔のウィンドウズCDから、ファイルを抜いて、自分の家のパソコンにインストールして遊べるようにしたことがある。製品版を持っているのに、なぜそれ?と夫にはあきれられたが、コレクターというのは、どんなソフトも遊べるようにしておきたいものなのだ。それがたとえDOSベースのピンボールゲームであっても、ボールがただの丸…みたいなソフトでも。

ふと、危なくないサイトで、パソコン用ダウンロード販売は、ないわけ?…と思って、マイクロソフトのサイトを見に行ってみた。つまり、立ち上げ画面から、「ゲーム」のアイコンをクリックして見に行ったら、なんだ…あったよ。マイクロソフトが用意している「Pinball FX」ってのがあった。ダウンロードしてみたら、なんとZEN STUDIO。ピンボールゲームの老舗で、ここが作ったソフトはボールの動き方には定評がある。そりゃ、出来がいいに決まってるわな…。広告付きだとかいてあったが、タダで遊べた.(遊べないのもあった。でもタダで遊べる分だけでも十分ある)

シンプルなSpace Cadetも捨てがたいけど、Pinball FXもいいなあ…と思いながら、遊んでいたら一部のテーブルに、すごい見覚えがある。これ、どこかで遊んだぞ?

…うん。私のiPadに入っていた。なるほど、見覚えがあるわけだよ…。でも、パソコンで遊べるのはいい。マイクロソフトのサイトからダウンロードするんだから、マルウェアの心配もないし。今、ウィンドウズで遊ぶならFXかな、と思う。グラフィックが、とても派手なので、ちょっと疲れやすいかなあ…。とは思うけれど、「安全で無料」(少なくとも一部のテーブルは)というのは、なかなかあるものではない。テーブルごとで150円か…と思うと微妙だけど、実機を打つこと考えたら、アメリカのでも1プレイ25セント、5クレジットで1回おまけだとしても…。私の腕では30分とプレイできないのだから。日本では1クレジット100円もめずらしくないもんね。

今ちょっと、持っているピンボールアプリと、ソフトと…を頭の中で反芻してみたら、相当あった。しばらく買わなくていいぐらいあった。
コレクションってそういうものだよね、でも。これは、多分、実機を家に置くのでなければ、これも、あれも、と買ってしまいそうな気がする。ピンボールマシン(本物)、ってすごく高い上にメンテナンスが難しいらしいので、一生買えないけど…。

マイクロソフトアカウントなんて、全然使ってなかったけど、タダのゲームがあることもわかったし、ちょっと見にいこうかな。

ソリティアが好き(3)タダで安全に。

ソリティアというと、一番有名なのは、ウィンドウズ付属だった「クロンダイク」。ゲームがウィンドウズ付属になっていたころは、「フリーセル」と「スパイダー」もあったと思う。クロンダイクは、相当運もからむ。フリーセルは、実は、「フリーセルにどのカードを動かすか」ということで全く上がり具合が違ってくるので、わけがわからず何となく動かしている時はほとんど上がらないが、慣れてくると「あがり」になる率はぐっと伸びると思う…というのは、まあ、クロンダイクとスパイダーも同じだけど。

次に有名なのは、多分形からいっても、誰にでも「ああ、あれな」とわかりやすい【ピラミッド】。文字通りカードの初期配置が、ピラミッドの形をしている。そこからは、そういうのを本でわざわざ見るか、人に教えてもらうか、パソコンやゲーム機の「ソリティアソフト」で遊ぶか…したことがない人は、まず、知らないはず。

一つ、「最近のもの」つまり「トラディショナル」なものではないという条件を入れたら、すごく有名なのが、【Tri-Peaks Solitaire】これはゴルフソリティアと呼ばれる、台札から1つ大きいか、1つ小さいものを台札の上にのせて取り除いていって、全部の場札がどかせたら勝ち、というものの亜種で、最初から表になっているカードが多い上に、山が小さめで、どんどん表に出来るカードが増えやすい形をしているため、上がりやすいゲームでクロンダイクより、ずっと、ずっと頻繁に達成感が味わえるのが売りで、気に入って遊ぶ人が増えて、爆発的に知名度があがった。DSにもソリティアとして入っていることが多い。ただこれは、「1989年に、Robert Hogueさんという人が作ったことがわかっている」ところが、ほかのソリティアとは違う。ほかの「トラディショナル」なソリティアは、たいてい「大体この国で、このぐらいの年に有名になった」ぐらいのことはわかっていても、ルール設定をした人の名前なんか、残っていない。

 最近は、デジタルの「ソリティア」と言えばこのトライピークスと同じルールで、最初の配置が違うだけ、というものも増えている。「ゴルフ」には、KとAはつなげない上に(つまりAの上に出せるのは2だけ)「Kを出したらどんづまりルール(Qには戻れるというルールと、戻れないルールの2種類ある)」も存在して、どんづまりルール採用の場合は、かなりあがりづらい。、トライピークスは基本、AからKまでは輪のようにつながっていて、A-K間は行き来自由なのが上がる率が高い理由。お金をかけなくても、【こういうサイト】へいけば、ネットにつながっているパソコンだったら、いつだって遊べる。画面小さいけどね。

いや、今日は何を書こうと思ったんだっけ。そうだ、マイクロソフトのゲームの話。
今はウィンドウズについてこなくなったけど、「クロンダイク、フリーセル、スパイダー、ピンボール、マインスイーパー」が、「前みたいに遊べるようになるか…(それもただで、なおかつウィルスの危険なしで)出来るか…」というのをやってみようと思っていたのだった。

ウィンドウズ8で、スタートアップ画面から、「ゲーム」というのをクリックして、行ってみた。「マイクロソフトアカウントを作ってね」というのも、しぶしぶ対応。メールアドレスは、フリーメールだったけれど、ちゃんと通った。メールアドレスと、パスワード決めたら、「これを、ウィンドウズにログオンするときのにします」と言われてしまう。うーむ…まあ、いいだろ…。

一度再起動しなおしてから、もう一回いったら、今度は「X-Boxアカウントを作れ」と。えーーー。X-box、買う予定ないんだけど。地域を「アメリカ」にして作ったら、ウィンドウズと地域が違いますとか出たけど、とりあえずそれでいいっぽい?問題なく進めてしまった。
ただし、「ゲーム」のアイコンをクリックして進むやり方だと、X-BOXのゲームを持っていないので、「Windowsゲームストア」という案内は出るものの、1画面分しか出ない。もっとゲームを見ようと思ったら、「ゲーム」ではなくて「ストア」に行って、「人気トップ(無料)」を見るほうがいい感じ。

 ショップへ行って、無料ゲームのランキングをチェック。一位に来ているのは、【マイクロソフトソリティア】。ま、みんなこれがやっぱりほしいわな…。クロンダイク、フリーセル、スパイダー、ピラミッド、トライピークス。やっぱり、この5つか。【マイクロソフトマインスイーパー】もあった。あとは、この前日記に書いた【ピンボールFX】を入れれば、「ソリティア、マインスイーパー、ピンボール」は完成だ。
 簡単だったな…。

まあ、マイクロソフトは多分、誰がどんなゲームをどのぐらい遊んでいて、どんなアプリを使っていて、いくらぐらいお金を払って買う…というような情報を集めるのだと思う。これを、どのぐらい「個人情報だから、絶対知らせたくない」と思うかどうかが、この方法の問題点。そういう時はやっぱり、まずネットにつなぐかどうかから考えなくてはならないし、どんなメールをやりとりするか、どんなサイトを読みに行くか、ファイルのやり取りをするか…

ダウンロード販売をしないで、パッケージ版を買い(それでも、ネットで買った時登録させるソフトはある)…クレジットカードの情報なんてどこにも足さず、ネットでお買い物しないことにしたら、多分安全だと思う。ネットからは、どんなファイルもダウンロードしない。

でもなー。正直もう、私には、それは無理だと思う。もちろん、クレジットカードを悪用されたくはないし、ゲームに偏った趣味があるのは認めよう。でも、クレジットカードの明細はこまめにチェックしておくことにして(なるべく支払いはプリペイドカードという手もある)、X-BOXゲームの設定は「友達と個人情報をシェアする」状態にはなっているけれど、「フレンド設定をしない」状態にしておけばいいだけ、例えば私が1日3時間ソリティアをプレイして、ゲームサイトを1時間眺めて、最近買ったものはオンラインゲームサイトのPCゲーム「ジェムクラッシュ」だとしたところで、「こういうデータを集めている人は、私個人に興味があるわけではないし、私のブラウザに出てくる広告がゲーム関連、それも、カジュアルゲームの広告ばっかりになってもいいや」と割り切って、押し売りに遭わないように、怪しいサイトからは買わないようにという注意をしておけばいいだけ。

店まで行って、その場にあるだけの中から選んで、パッケージ版ソフトが数千円したころのことを考えると(そしてそれがつまらなかったことだってあるし)レビューを読んだり、サイトで紹介記事を読んで、ダウンロードして試しに遊んでみてから、ゲームが500円で買える…。性別や、居住地、年齢の大体の幅、クレジットカード情報と引き換えに。受け入れていくことなんだろうな、と思う。

人間、便利さになれるのは、早い。洗濯機や、電子レンジや、冷蔵庫と同じように、ネットショッピングや、クレジットカードや、ダウンロード販売は、もっともっと、当たり前になっていくと思う。

そして、【ストアにある無料ゲーム】の多いこと!1000本ぐらいあった。まあ、試用版とか、無料と見せかけて、ゲーム内課金とかあるだろうけど、時々試して、またこの日記に書こう。

ソリティアが好き(4)こうなってたのか…。

結局、無料ゲームのコーナーを見歩いているだけで、ずいぶん時間がかかってしまった。1つ、ダウンロードして、「ビジュエルド3」みたいな見かけのやつを遊んでみたけど、下のほうにずーっと広告が出ている。消したいと思っても、「無料」にしかなってなくて、例えば150円払えば消える、とかじゃないみたいだった。つまり、コマーシャルを見ましょう、ということだけど、これを作っている会社は、ダウンロード総数で、広告主からお金とってるとか、そういうことになっているものとみた。

そして、このゲームをインストールすると「このアプリにはプライバシーに影響する可能性のあるPCの機能を使う許可が与えられています」という注意書きがある。ほかのゲームを見ても、たいていのゲームにある。うーん。そりゃ、昨日には「ある程度はそういう情報と引き換えに」と書いたけど、毎回この注意書きを見ると、うーん、ってなる。もちろん、こんなことをユーザーに知らせずに、黙ってネットに情報を送ってしまうようなアプリもあってもおかしくない。こういうことを「はっきりと言っておくだけ、まし」ということなんだろうけどね。

しかし、千本近く無料ゲームはあったから、ものすごく見ごたえがある。普段私が使っているゲームサイトで扱っているのと同じようなものもあった。

リソースを集めて、商売を広げていくような、「タイムマネジメント」
探偵ものや、脱出ものとかの、「アドベンチャー」
隠れた物体を見つけてストーリーを追う「アイテム探し」
戦略を練って、街や国を作り上げるような「シミュレーション」
それからもちろん、単純なのから複雑なのまで「パズル」
カード(ソリティアとか)や、麻雀牌を使う「カード、ボードゲーム」

…うーん、これ全部タダで遊んじゃっていいわけか…。というぐらいあった。
けれども全部に、あの注意書きがあるんだよね。一応ネットで調べて見たところによると、ウィンドウズを使い始めるときに登録した、住所、郵便番号、名前、性別、生年月日などが「情報として使われる可能性がある」のだということが分かった。

まあ、そんなもの、ネットショッピングしていれば、ばらまいているも同然だし、そういうお店の名簿なんて、知らないだけであっちこっちに漏えいしてるだろう…と言ってしまえばそれまでだけど、なんとなく、毎回その注意書きを読むと、微妙…。

さすがに、ウィンドウズショップから、買ったものに「マルウェアが入っていた」となれば、マイクロソフトが黙っちゃいないだろうから、そういう危険はないとしても。マイクロソフトには、もう知られてるだろうからなー。今更だなー。という気がするので、「マイクロソフト」とくっついているものは遊ぼうかな、という気分になった。

それと、正直今、遊びに行っているゲームサイトに、こういうゲームはどっさりあるんだよね。なにも、今まで見たことないところに情報撒かなくても。このゲームサイトには、私の名前も住所も、クレジットカード番号まできれいさっぱりばらしてある。そうしないと買えないのでそうなってるわけで。

 私が、ゲームを買えるお金が全然なくて、クレジットカードも持てなくって、プリペイドカードさえ、買えないぐらいならば、確かにこの、タダのゲームは、いいものだと思う。でも一応「実害はないにしろ」、なんとなく、気分的に情報を撒きたくない時には、こっちからわざわざやらなくてもいいなあ…という気がしてきた。

 なんせ、私のパソコンの中には、7年かけて買いためた数十ドル分のゲームが入っているのだからねえ。…いや、100ドルぐらい行ってるかもしれないな…。定価のことを考えたら、もっと行っているはず(1ドルとか2ドルとかで投げ売られていたゲームCDの定価は多分20ドル前後)。

 そうだ…面白そうだと思ったゲームは、類似品を探すのはどうだろうか。ネットのレビューとか読んで。で、いつものゲームサイトにあったら、それを遊ぶか、オンライン版があったら、タダだしね?
実際のところ、マイクロソフトの【マイクロソフトマージャン】は、ゲームサイトの有料版に負けないぐらい、遊びやすいソフトだった。「今使える牌をハイライト」なんていう機能もついていたし、見やすい牌に変えるオプションも、ヒントのオンオフ、背景のアニメのオンオフ、ついでにタイマーまで見えなくする機能もついていて、のんびりプレイするのにもってこいで、ついでに盤面も豊富…と思って、一面遊び終わったところで広告を見ながら「アップグレードする」というのをクリックしてみたら、なんと、「一か月アップグレード150円」「一年アップグレード1000円」って、一度買ったら、ずっと遊べる、じゃないんだ…。ゲームサイトのやつは、7ドル出して買えば、ずっと遊ばせてくれる。7年前のでもだ。千円で、ずっと遊ばせてくれる…というのならなあ。確かに、ちょっと買おうかと思うぐらい、出来がいいんだけど。 ずっと、なんて贅沢言わないとしても…せめて、3年ぐらい、だめ?

ソリティアも同じ1年だけだった。1000円払って、1年で、また更新しなきゃいけないのなら、広告見たほうがいいな(笑)。まあ、マイクロソフトだってどこかでお金儲けなきゃダメなんだろうというのはわかるけど、それならウィンドウズ10に、あんな無理矢理なアップグレードけしかけないで、ちゃんとお金とってアップグレードしたい人にさせて、こういう細かいものをタダで配ってくれたほうがいいのにー(ダメか(笑))。5000円出したら、買い切りとかあったらいいのになー…という前に、私はどこかから、ずっと前に買った、ソリティアソフトを発掘したほうが多分、いい。

Top|Next »

HOME

    思ったことを何でも書くゲーマーブログ。リンクはご自由にどうぞ。

    まこ

    Author:まこ
    どこをクリックしても一銭にもならない、ただの主婦の日記帳です。
    ゲーマーで、本好きで、クラフト好きです。

    03 | 2017/04 | 05
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    この人とブロともになる