LuckyDuckyDiary

いらっしゃいませ。毎朝6時には更新します。さっくり読んでいってください。コメントくださった方はリンクさせてください、相互リンク歓迎、リンクがダメな方は連絡お願いします。

たぶん。

いんふる。治りかけ。体は痛いし微熱さがんないし、やになってきた。

ねてるだけで、なんもしてない、夫息子は外食…😩。
スポンサーサイト

たおれちゅー

インフルエンザ治って、解熱から一週間もたつのに、だるくて。息子はインフルエンザ、今日スッキリ治って登校オッケー。でも、私はもう全然、今日は、また医者に行った。


経緯。24日。びみょ~に風邪気味。
25日、健康診断に。ルーチンの、血液検査、尿検査、胸部レントゲンとかのあれ。かなり、風邪っぽかった。
26から、体いたい、発熱、ねこむ。ここで病院行きゃ良かったよなあ。
27 寝込んだまま。
28 同じく
29 おなじく。
熱が下がったのが、1・2・3で、この日に病院へ一度いって、インフルエンザ陰性。もし、インフルエンザだったとしても、治ってますね、と。だるーーいの。
4・5・6と、ごはんだけ作って(鍋とか)寝てて微熱気味。
今日、微熱で病院、やっぱりインフルエンザは陰性で、喉が赤くて、いがらっぽい。
抗生物質もらった。ビタミン剤も飲んだ。

ついでに、今日は、夫が鍋作ってくれた。料理できないひとなのにすごい。
お医者さんは、七度代でも解熱鎮痛剤飲んでいいとかいってるし。
カフェイン入ってないドリンク剤まで飲んだらちょっと元気でた。
病後の滋養強壮とかってかいてあるけど、ほんとにきくんだねえ。

渡米前にランチ会してくれるっていわれてたけど、断った。ピアノの稽古も。
頑張って直そう。そして、今度日本で冬を迎える時は、インフルエンザの予防接種、うつ。

割と回復

した。。。はず。っていうか、しないとまずい。三月末には一年の渡米がある。買って持って行って準備したいものがいっぱいあるんだから。

と思ってたらここしばらく、獅子奮迅の働きだった、夫が、俺、熱あるかも?と。
そして、ウギャーなことに、実際低いけどあった。

ここ金曜日とか、月曜日に、息子は七度きっかりぐらいの微熱で、休んで、昼から結局六度半に下がるみたいな、咳の出る風邪をやってたし(私も)それならいいんだけど、最悪のケースだとインフル、それも息子も私も、やってないB型で全員寝込むってやつだけど、それはさすがにないか。。。

買うもの。滑り止めのついた靴下。そでのない下着、息子の靴下で、変な英語とかがかいてないやつ。
私と息子の歯磨き粉、自分の歯ブラシと日焼け止め、鉛筆2ダース、安全ピン、刺繍糸のdmcの赤。。。
耳かき、アロマオイルの極小サイズ、手縫い用針3-2、縫い糸の小さめのやつ

ふりかけ、だしの素、すりごま、浅漬けのもと、乾物各種。

考えてると、わーーーーっってなるけど、どれも、まあ日焼け止めと歯磨き粉以外はなくても何とかならないわけではないしな。。。。アメリカ人二億五千万人はそれなしで元気に生きてるわけだしさ。。。
白くなる上に、めちゃくちゃ伸びの悪い日焼け止めなら、あるしな。。。
変に作りが悪い靴下だって、履けないことはないよ、うん。。。

まあ、アメリカは、都合三度目。慣れてるといえばそーだ。
納豆はむりでも、最近は、アメリカ人もふつーに豆腐食べるからヘルシーフード売ってるとこにいけばあるし、醤油はキッコーマンならまず、買えるし。

今回はたった一年。何とかなるよな。。。
今日は実家に、マンションの鍵を預けに行く。
ご飯つくって、体調落ちないようにする。<本日のミッション

まだまだこんな日もある

毎回、アメリカに来るたびにかかる、耳の感染症。どんなものかというと、耳の、平衡感覚とか、方向とかを司るあたりが腫れて、水が溜まって、ちょっと顔を振っただけで、ぶーん!と遊園地の乗り物の動きの速い奴に360度振り回されたような感覚がする…という症状が出る。

これをアメリカに初めて滞在したときにやった時は、日本で、聞いたことも、もちろんかかったこともなかったものなので、夫が大慌てで、留学生のお世話をしてくれていた老婦人のところへ飛び込んだっけ。ちなみに、その症状を聞いたその人はこともなげに、「耳の感染症で、よくあること」だと教えてくれ、2,3日寝ていれば、大丈夫になるし、抗生剤を病院でもらえば、直りが早くなる、と言っていたらしい。

ちなみに動くたびにくらくらふらふらするので、医者まで出かけるのが嫌で、家で寝ていたら、3日目には元通りになった。
で、だ。私はこれに、アメリカに長期滞在するたんびにかかる。一日で終わるときもあったが、「あ、これは…」となるのだ。

今回は、やたら「眠い」感じが去らないなー。となって、馬鹿か?というぐらい眠って、もうこれ以上どうやっても眠れない状態になっているのに、まだくらくらする…となってから気が付いた。

次の日には、息子が、寝ぼけて起きてきて(朝の5時)ふらふらする…といいながら朝ごはんを要求。ワッフル食べるの、と。
ワッフル食べて、またパタン、とベッドで寝てしまった。

学校、いきたくない…。というので、あー。これは学校にいってからそろそろ二週間、疲れが出てきたのかねえ…。ということで話を聞いてみると、確かに、調子が悪そう。

学校が休めるとなったとたん、ちょっと元気になったところが現金だったけれど、昼食後に、ものも言わずに2時間以上眠りこけたところを見ると、やっぱり本調子じゃなかったっぽい。

あつい、といって、シーツ1枚で毎日寝ているので心配でしょうがない。この家は朝方にすごく冷えるのだ。気候が冷えるのと、家の断熱がよくないのと…のコンボ。私も寒くて目が覚めるタイミングで、毎回子供を見に行く。

「ママ…寒い…いっしょにねて」

寝ぼけてるなあ…。しょうがない、ぎゅっと抱きしめておいたら、からみついてくる。体が冷えてる。
ふわん、と笑った寝顔がかわいくて、ちょっと眺めて。ああ、こんなこと、もう近いうちにやらせてくれなくなるんだろうなあ…。そう思って、私も眠ってしまった。5歳ぐらいまでは一緒に寝てたのだれど、体のサイズが大きくなって、寝相が悪いのに耐えきれなくなったんだよね…。

夢を見た。 1歳、2歳ぐらいの息子を抱っこして、歩いている夢。「あっちー」と体を乗り出して、おっとっと、となりながら、「ほら、ちゃんとママにくっついておいて」と声をかけて、歩いている夢。子供がこのぐらいだったころは、毎日毎日、抱っこして歩いた。ベビーカーが楽なのは確かだけれど、乗るのが嫌いな頃もあったし、ベビーカーというのはどこでも持ち込める…ことになってはいても、邪魔になることもあったから、抱っこバンド大活躍。

腰骨のどこかが、子供とくっついているのではないか…というほどずーっと母子密着。たまに夫に預けたときなんか、なにか忘れ物をしたような気分がして落ち着かないぐらいだった。 子供の、頭のにおい。温かい体の温度、ぷくぷくした、小さい手と、丸いひじ。

目が覚めたら、息子も、起きた。目を至近距離で合わせて、にっこり笑ったところが、かわいかった。

「ママのおかげで、よく眠れたーー」

わ、「おかげ」って、ちゃんと使えてるなあ。前まで「おかげ」と「せい」の使い分けが出来なかったのに。

「元気になった?まだ、ふらふらする?」

立ち上がって、ちょっと、自分を点検して。
「ううん、しない」

「よくねた。ママとだっこしたら、よくねれる」
まだまだ…かわいいなあ。夫に報告しているところは、なんだかまだ幼稚園ぐらいのときと変わらなくて。

そうだよね…。アメリカ生活で、一番生活環境の変化が多いのは息子。アメリカの学校は、日本のとかなり違うっぽいし、4年生の後半にいきなり飛び込んだのだから、一応夫が勉強させていたからなんとかなったものの、半年分、足りないはずだものね。
時々「こわいゆめをみた」と起きてくる時があるのに気付いている。

ママパパと、一緒に寝たら、怖い夢をみない…というより、見ても、またすぐ眠れる…ということだし、しばらくそういうことも考えてやらないといけないかなあ。

メラミンスポンジを使い捨て

子どもが使う鉛筆削りの下とか、シャーペンの芯が落ちたのとかがこすれて出来る薄黒い汚れ。
これは、水拭きでは落ちない。もっと小さいころなら、色鉛筆とか、クレヨンのはみ出しとか落書きとかがテーブルについたのも。
水に濡らしたメラミンスポンジで、あっという間に取れるのがいいところ。

もちろん、こすりすぎるとニスだってはげちゃうのだけれども、うちにははげて困るような高級なものはないので、しょっちゅう使っている。

水道の白い水あか汚れも、流し台の汚れも、およそ固くてつるつるした表面の、日常の汚れでこれが通用しないものはかなり少ない。というわけで、私は3cm角の立方体のメラミンスポンジ(100均)を愛用している。

アメリカでは、なぜかあんまり見かけなかったのだけれども、日本ではどのスーパー、ホームセンターにもあるので便利。こすっているうちに、メラミンスポンジも小さくなっていくので、消耗品なんだけど、ちょっと使っただけで、取っておくとき置き場所に困る。水でぬらさないと効果が出ないので、濡れても大丈夫なところにおかないといけない=引き出しとか、戸棚の中はだめ、ということもあって、薄黒くなって、ちょっとヨレたメラミンスポンジがぽん、とおいてあるとなんとなく、片付いてない感じがする。

かといって、3cm角で大体3-5円となると、使い捨てはもったいないんだな…。

母の病院に付き添う時に降りる駅前に、全然知らない100均があった。ちょっと待っていてもらって、ぐるっと中を見て回る。
すると、「お徳用メラミンスポンジ」という袋が目に付いた。

でっかい袋だった。「端材なので、不ぞろいです」というのと、「端なので、粉が出ることがあります」とかいてあったが、これはつまり、端っこだけのカステラが安いとか、切り落としのお肉が安いのと同じ理由っぽいのね…というわけで興味深く買ってきた。

普通百均で買えるメラミンスポンジというのは、はがきぐらいのサイズで、厚み4cmぐらいのものか、3cm角キューブ30個か、4cm角20個ぐらいか…というようなのが多い。今日買ってきたお徳用パックは、長さ20cm、幅7-8cm、厚み3cmのものが11本も入っていた。お徳用きわまりないな…。試しにちょっと切り落として使ってみたが、私には、前まで使っていたものとの区別はつかない。

ちょっと問題になることがあるとしたら、これは「アンカット版」であること。自分で切らなきゃいけないのだ。

3cmキューブに切ろうか…と思ったけど、「これ、使い捨てサイズに切れないかな?」と思った。
羊羹みたいな形なので、たててから、薄くスライスしてみた。厚み5mm、高さ7-8cm、幅3cm。一番下は適当に切ったらつながったままになった。これを袋に入れておいて、一枚ずつちぎって使えばいいんでないか…。(袋には粉が出ると書いてあったけど、それほどは気にならなかった)

洗面所掃除につかったら、半分ぐらいになって破れたので、終了と同時に廃棄。うむ…計画通り。

スーパーで定価で売っているもので、これをやったらちょっともったいないかなあとか思っただろうけど、このお徳用袋ならではのいいアイディアだった。

…こんな安いメラミンスポンジ、あっていいのか…ほんと置き場所に困るぐらい、お徳用。こういうものが買えただけで、かなり幸せ度アップ。108円にしちゃ、とってもいい効果だと思う。
母の通院の付き添いも、悪いことばっかりじゃないな、とふっと思えた午後だった。

Top

HOME

    思ったことを何でも書くゲーマーブログ。リンクはご自由にどうぞ。

    まこ

    Author:まこ
    どこをクリックしても一銭にもならない、ただの主婦の日記帳です。
    ゲーマーで、本好きで、クラフト好きです。

    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    この人とブロともになる