LuckyDuckyDiary

いらっしゃいませ。毎朝6時には更新します。さっくり読んでいってください。コメントくださった方はリンクさせてください、相互リンク歓迎、リンクがダメな方は連絡お願いします。

花火大会の思い出

夏…。花火大会に行った時のことを【OKKANABIKKURING】のぢょんさんが書いていらして、それがまるで映画のワンシーンみたいで素敵だったので、私もちょっと書いてみようかな、と思った。

電車でいくつか、乗ったところの町はずれの川で、花火大会があった。
これは毎年行われているもので、この時期になると、高校生や、中学生ぐらいでも早い子は男女連れだって、またはグループで出かけるのが素敵…ということになっていた。
浴衣を着るとか、髪を結うとか、そういうことをしていく子が多く、その花火大会に一緒に行きたいと告白する子もあったり、花火大会を機に付き合い始める子がいたり…まあ、近隣にそれほどたくさんあった行事でもないので、夏のイベントだった。

私はそういう色気が全然なかった。が、お付き合いをして最初の夏、彼のほうが私を誘ってくれた。最初、それほど色よい返事を出さなかった私だが、それはつまり、私は浴衣を着て、お化粧して…。ともかくそういうことをやるのが嫌だったということで。なんだか、私らしくない、不自然なことのような気がして。

 彼は、「なあんだ、そんなこと。いつもの恰好でいいじゃない、動きやすいし」と、「何をいまさら」みたいな顔をして言った。
そうだよね、おしゃれな子がいいなら、私と付き合っているはずはない。

「川べりは蚊が出るから、長袖長ズボンだな」…ということで話はまとまり、私は薄いパーカーと、オーバーオールでその日は出かけた。

確か、このあたりに公園があったから、と彼は私をそこへ連れていった。

 公園のジャングルジムに上って、てっぺんに座る。

「まこ?この場所、取っておいて?僕のリュック、隣においてね」

彼はジャングルジムから飛び降りて、走って行ってしまった。

ずいぶん待って、薄暗くなってきたころ、彼が戻ってきた。
まだ熱い、焼きそばのパック、紙袋に入ったベビーカステラ、ペットボトルのお茶、そしてイチゴのかき氷と、フローズンパイナップル。

「ごめんね、待たせて」そういって、器用に足だけでジャングルジムをのぼり、私の隣に座りなおした彼。私はちょっと圧倒されて黙った。
これ…いくらするんだろう…。私はあまりお金を持っていなかった。彼は当時、社会人だったので、私に何でも買ってくれようとしたのだが、私はあんまり、おごられなれていなかったのだ。

「私も、出すから!」と焦っていると、「ほら、まこ、氷食べないと溶けるよ」そういって、スプーンを渡された。
 そうだけどーーーー!膝の上にしか、何を置く場所もないジャングルジムの上で、食べる氷イチゴ。おいしいけど…おいしいけど…。
「ほら、焼きそばも、冷めるから」
氷イチゴの残りを彼は飲み干し、焼きそばも半分こ。パイナップルも。
おいしいね…と顔を見合わせながら食べて、ちょっとべとべとした手をペットボトルの結露と、私のタオルハンカチで始末したころ、花火の最初のが打ち上げられた。

ごみをリュックに片づけてしまった彼は、膝の上にカステラの袋を置いて、私を肩によりかからせて、花火を見た。
「浴衣、着てたらココは、無理だからねえ。動きやすい格好で来て、よかったね」
「うん♪」
「きれい…」
「まこもね?」
うわ、きっざーーーー!と思ったのだが、悪い気はしなかった。

空がちらちらと光を落とし、彼の横顔が光に浮かぶ。二人と同じ高さに、ほかの人がいなかったからか、とても別世界な感じがした。公園には、かなりたくさん人がいたはずなのに、混んだ感じがした覚えはない。

「空飛ぶ絨毯から、花火をみるとしたらこんな感じなのかな…」
そう言う私に、「氷イチゴは、買えなかっただろうねえ…」と言ってくれたあの人は、今、どうしているのだろうか。
スポンサーサイト

私にとっての新作?鬼平。

父親のプレゼントとして買った「鬼平犯科帳」を読み始めた。実は、「剣客商売」のほうは、何度も何度も読んだことがあった。中学生ぐらいからだろうか。でも鬼平犯科帳のほうは、そのあと同じ作者だから、と読みだしたのだけれど、すぐ投げ出していた。

理由は、まず剣客商売は、それほど人が死なないのだが、鬼平犯科帳のほうは、手足、指ぐらいなら、もうあっという間に「切り飛ばされ」るし、結構流血と殺人が…おまけに、「岡場所の女たち」が出てくることも多く、18禁の場面描写も多くて、中学生にはちょっと刺激が強すぎだった。

だめだ、大人になってから読もう。というわけで、私は鬼平犯科帳は封印しておいたのだった。
池波正太郎さんは、ほかにエッセイなんかもずいぶんあって、それは読んだのだけれど、もうお亡くなりになっていて、新作を読めないというのも後で知った。

新しいのが読めないのだから、今あるのを読もう、と思って、剣客商売と、藤枝梅安は読んだけれど、鬼平犯科帳は全部まとめて置いてあった。
でも今回、ついに電子版にしたことだし、と読み始めた。
いやー、面白い。これはつまり、長谷川平蔵が、いかにかっこいいか、強いか、素敵か…ということを書きまくった小説なんだね…。遠山の金さん、という時代劇があったけど、あれだ。市井に交じって事件をさぐり、お白洲へ登場した金さんが、弱いものを陥れようとする悪者を「この桜吹雪が目にはいらねえか」と伝法な調子で見得をきって、町人だと思っていたのが、このお殿様だった…ということを知らせるというのがお約束の、あの時代劇。あれと似ている。

町人とか、浪人とかの恰好をしている平蔵が、事件の糸口を見つけて解決し、最後に「俺はな…」と正体をばらすというパターン。割と同じパターンが多い…多いんだけど、これがいいんだな…。毎回印籠だして終了する水戸黄門が、私は好きだ。何回見ても強いねえ…というヒーローものも好きだ。

剣術の達人で、どんなのがかかってきても、証言を取らなきゃいけないから峰打ちで一人は生かしておくとか、手下に様々な心配りをするとか、貧しい人にも分け隔てなく、人情味にあふれる扱いをするとか…いかにいい人で、強いか、そして時々はおやじギャグみたいなお茶目なところがあったりして、それが、若者じゃなくて、中高年ってとこが、いいんだなあ…。
24巻あるので、なかなか読み終わらない。さすが、ライトノベルとは違う。
これを読んだら、もう「新作」は読めないんだな…と思っていたら、なんだか【謎の短編集】がアマゾンに出てきた。おお?これは有名になる前に書いたのとか、雑誌に載って、今までは単行本になっていなかったのをかき集めて出版したものらしい。なんでもいいから、この人の書いた本が読みたい!という人が多いので出したものなんだろうな。まだまだ読めそうでうれしい。

まあ、この池波正太郎さんの本は、とても好みなので、読んだことがあるものを読み返すので全く構わないのだけれど、やっぱり読んだことのないものはいいなあ…。大事に読もう。一度目は、当たり前だけれど一度っきりだものね。

ブログがだめになるときは。

もう、8月半ばの記事になっているけれども、今年の夏は本当にいろいろあった。ブログは、時間がうっかりずれているときもあるけれど、たいてい朝に自動で更新する。大体二週間ぐらいは予約投稿にしてあるのだけれど、実は7月の終わりから、8月の頭にかけて、ちょっと入院していた。

病院で、当たり前の大部屋にいると、実はWi-Fiなんてなくて(特別室へお金を払って入ればあるんだけど)、おまけに盗難の危険があるということで、パソコンは持ち込み禁止。とはいえ、ケータイは禁止ではないので、この昨今、ネットぐらいなら(通信料はかかるが)画面が小さいのさえ我慢すれば、見られないことはない。スマホは便利だった。

そんなわけで、ほかの人のサイトへ訪問があまりできなかった。コメント返しも遅くなったり飛んだり。ランキングも、あっというまに何百番も下がった。なかなか、維持は難しいなあ、とおもった。

ふと、私が何かあって死んだら、このブログに来ている人に、多分なにかあったな…とわかるのは、ずいぶん後だな、と思った。まず、コメント返しがなくなる。それから、題名が「4ケタの数字」で、中身がない記事が、何回か自動更新する。

これは、私が「何月何日の分」というのを題名につけて、記事そのものは後で書くことにして、予約投稿の日時を先に入れておくから。その場で投稿してすぐ反映させるのならこれは必要ないのだけれども、「自分で指定して更新時間を投稿」にすると、現在時刻が入っているところへ、何月何日、何時何分、と数字を入れなおさなくてはならない。
半角でいれること、と決まっているので、文章を打ち込んでから半角に切り替えて…というのが面倒なので、一気に2週間分ぐらい、その作業だけやってしまうことにしている。
だから、題名に数字だけ、そして更新時間がその日の朝の6時前後のものがずらっとならんでいる。それを「編集」して、記事をいれ、更新前に読み直して誤字脱字変換ミスを直すようにしている。
だから、このブログを読みに来てくれる人は、そういう記事があったら、「あ、なんかあったな」と思ってください。そうなったら、それはその日に更新できなかったのではなく、2週間以上前に何かが起きた…ということなのだと。

…ちょっと深刻めいてしまったが、私の入院は、本当に大したことはなく、今はもう全然大丈夫になったので、心配ご無用。ネットも、パソコンのゲームもなく、ケータイのみ、とかいうルールのせいでゲームまで出来なかったので(ただし、小児病棟では、ゲーム機は禁止ではないそう!大人でもやらせてくれればいいのにねえ)、とても暇だったので、つまんないことをたくさん考える暇があったのだった。

ドラクエ11クリアネタバレなし感想

多分クリアしたと思う。このあいまいな記述はなぜかというと、終わった後にもいろいろあって、まだまだこれからか…という感じがするから。

しかし、ネタバレは嫌な人がいると困るので、書かないけど、終わったときの感想としては、シナリオ2本分はたっぷりあったな…ということ。ドラクエ1から、3、ファミコン版4ぐらいのころとは全く違うこのボリューム。
大体の流れとして、「仲間をあつめる」「アイテムを集める」「ボスを倒す」とまあ、こういう風になっているのがドラクエなんだけど、これが、大体こうなるだろうねえ?という予想はしていたつもりだった。

そりゃもうドラクエ遊んで20年になろうかという「れきせん」プレイヤーではあることだし、ほとんどのRPGというのは、都合ボスを倒せば終わりになっているから、よし、あとラストダンジョンを最後まで歩いて、ボスの前まで行ったら戦って終了だ、今晩で終りねっ。大体11時ぐらいには終わるだろうから、そうしたら寝よう!と思って、準備を整えた。

つまり、ボスの直前でHPとMPの全回復があるかどうか不明だったので、MPを自動回復する装備をするか、MP回復薬(店売りなし)をモンスターから盗んでためておいたのが足りるか確認、今の時点で手に入る材料で、なるべく強い武器防具アクセサリを購入、鍛冶で作成して、armed to the teeth と英語では表現するのだが、ガッチガチに武装して、スキルチェックと連携攻撃で大体の計画を練ってからボス戦に挑んだ。

ボス戦後、2時間たっても、私は起きていた。シナリオが、これで万々歳終了でなかったことだけは、書いておく。
えええ!!!こうなるの?マジで??これは見届けなければ!…と思って、つい…。(<こういう感じ)

予想外だったけど、大体一息入れるところまで行って、はあ…寝よう…。となったときには、今日は盛りだくさんだったなあ…と思った。
 9のシナリオよりは絶対、納得がいく終わり方だ。SF小説ではこういう展開はよく聞くが、まさか剣と魔法の中世的設定でこうくるとは。とてもうまく収束させてあった。
例えるとしたら、いろいろな要素がぎゅーーーーっっと詰めてある感じ。よくぞここまで、うまく入れ込んだなあ、まさかここまで入っているとはぱっと見にはわからなかったねえ、と感心した。

一つだけ、興ざめだったことがあるとすれば、メカっぽいモンスターに、ミサイル撃つのがいるところ。

 火を吹くとか、吹雪を吹くモンスターはいてもいいけど、ミサイルはないだろうよ…。大砲はあるけど、ハンドガンはない世界なのに。吐くならミサイルではなくて火の玉にしてほしい…こう、サイバーパンクっぽく。

まあ、ちょっとしたことだし、気になったのはそのぐらいで、あとは面白かった。実は7、8、9よりも11のほうがお気に入りだ。
6…よりもいいかな。一番好きな3より、凝ったところも多いし、これからドラクエを遊びたいときは3をやり直すのではなくて、これを最初からやってもいいかも、と思うぐらいには。

そして今回のドラクエは、クリア後要素がこれでもかというぐらいある。終わるのか、これ…。
クエストがまだ半分ぐらいそのままだし、鍛冶にも作ってないものが多い。大体この材料はどこで?というものが結構ある。複数のモンスターが落とすものは、ああ、これどこかで取ってた、とわかるのだけれども、一度も見たことも聞いたこともないものが、「これが必要です」というリストに出てくる。

絶対どのモンスターでも一度は「ぬすむ」が成功するように心がけて進んでいるので、相当数のものが、手に入っているはずなのに。ちなみに、今回は中ボス戦、ボス戦、イベント戦などのボスは、アイテムを持っていない。一応念のためにどのイベント戦でも一度は試したけど全員持っていなかった。ちなみにボスのお供は持っていることがあった。(呼び出されたザコも)ボスドロップでしかでないというアイテムがないのは、実はリセット祭りにならないので楽。

ドラクエゲーム内のミニゲーム(アクション系)で勝たないと手に入らないものが必要な鍛冶アイテムは、あきらめざるを得ないけれど、(私はそういうゲームが死ぬほど下手)それ以外は飽きるまでやる。

ちなみに、ドラクエ3にあった、すごろくはなかった。残念。小さいメダルは、なんとモンスターが落とす、またはモンスターから盗めるので、取り放題…とまではいかないが、かなり集めるのが楽。前までは「レミラーマ」は必須のじゅもんだったけれど、今は目的のモンスターが出るところへ行って盗みまくるという技が使える。

それと、レベル上げも、わざわざゲーム内に「試練」という、いうなれば「訓練場」みたいなのが用意してあって、ちょっと頑張ればガンガンレベルが上がること。はぐれメタルとかも狩りたいと思っていたのに、そんなことするまでもなく、今の私=ゆうしゃのレベルは、75。これだけあれば、めったなことでは死なない。

気が付いたら、余裕でボス戦に挑めるレベルに上がってました…って感じ。
死にまくったドラクエ1、2、それからはぐれメタルとメタルスライムをどくばりで刺しまくってレベル上げをした、3からあとのドラクエより、クリアは簡単だと思う。

ああ、ドラクエだった…。おいしかった。
クリア後に、余韻を楽しみつつ、世界を冒険する楽しみがいっぱいなのもいい。

そういえば、「最後の扉」のカギも手にはいったことだし…きっと、まだ宝箱が残っているよね。
まだまだ、あそべそうだ。

ごほうびナッツ

うちでは、アルコール飲料を買ってくるのは夫の役目。私はほとんど飲まないのもあるし、アルコール飲料というのは基本、高い。調味料に使う分を除けば、ワインであろうが、ビールであろうが、そのほかのものであろうが、飲む人=夫が買うことになっている。

だが、この日に限っては…。
夫が、とても疲れて帰ってきた。なんだか長い会議と、面倒な作業をやらなきゃいけないのとが重なったらしく、食事を盛りつけてさあ、出したぞ…というぐらいで、息子に、「お使いする気ある?」と声をかけていた。

「あ、だめだよ、子供にはお使いでも、売ってくれないよ」と声をかけた。そう…夫は知らないかもしれないが、スーパーだのコンビニだのには、たばことアルコールは、どんな理由だろうと、未成年(と思われる人)には売りません、とはっきり注意書きがある。うちの息子は小学生。どうやっても年齢制限を突破できるとも思えない。

私が行くよ、と立候補した。近所のコンビニまで5分、たいしたことはない。
「もう、今日オレ疲れて、買ってくる気がしなかったんだよ、これ、好きなものかっていいよ」と夫が1000円くれた。
缶ビールは200円ぐらい…となると、そりゃもう、面倒くさいなんていっていられない。800円あれば、いろいろ買える。

息子はアイスがいいだろうし…と思いながら自転車でコンビニへ。
でもなあ。この感じから行くと、よっぽど疲れていたんだろう…。毎日頑張ってくれているんだよね。うちはお金を稼いでくるのは彼だけだからね…。

ビールは2本。それから、息子が好きなアイスの箱入り。うーんあと一つ、何買おうかな…と思ったとき、スナックのコーナーに「ごほうびナッツ」という袋があるのに目が行った。

クルミと、カシューナッツの2種類。クルミの方が好きだ。クルミに、ベリーがちょっとからめてあって、そこにメープル味の衣がかかっているのと、干したリンゴの小さいのが入っているらしい。好きな組み合わせだ…。

でも267円もした。こんなの、自分じゃ絶対買わない高いお菓子だ。

これにしよっ。と買って帰った。(赤い袋はカシューナッツ、黄色いのがクルミだった)
夫はありがとう、とニコニコ喜んでくれ、息子も、わーい、アイス―!と喜び、私は麦茶をいれて、クルミを食べることにした。
甘い…な、うん、甘い。でも、ちょっとしょっぱい?リンゴは普通の味だったけれど、クルミはやっぱりちょっとこってりしていて、あんまり大きい袋じゃないけどちょっと、ボリュームがあった。

 うーん、しばらく食べていると、甘みより塩味が勝つような…おいしいけどさあ、と思ったら、原材料に、クリームチーズとか書いてある。なるほど、この味はそれでか!

 これは一袋一気に食べるものではなくて、一つ、二つとつまんで、またあとにとって置くのにいいかな。
あと、267円というお値段も結構する。これなら、100均の「黒糖くるみ」でいいかもしれない(貧乏性)。おいしいんだけど…問題は値段だけ。いい材料使えば、このぐらいしょうがないよね。キャンディより、ずっと「おいしいものたべておやつにした」という感じがするものだった。


クラシエの、おべんとうつくろう!の作り方、コツ

お菓子売り場の、おもちゃが入っている食玩とはまた別に、特別飛び切りに高い、作って遊ぶお菓子。
ねるねるねるねは安いし単純だが、お寿司とか、ケーキやアイス、それからこのお弁当はかなり高額で、子供にも買ってやらなかったのだが、スーパーの見切り品コーナーに4割引きで入っていたので、二人でチャレンジ。

いやー、かなり悲惨なことに(笑)。これ、1回じゃ無理かも…と思った。

 これから作ってみようと思う人のために、感想を書く。

ブロッコリーとタコサンウィンナー。これは、水をトレイに入れておいて、上から粉をいれ、かき混ぜるという作り方をするのだけれども、粉が端のほう、とくにタコの手足に回らず、「薄い」ままになりやすい。混ぜるときには、付属のフォークではなくて、竹串のようなものを使い、真ん中に粉が偏らないように、真ん中から端に、あとから細いもので寄せるほうがいい。

卵焼き、これは、あとから「巻く」という作業が入るのだけれど、これも均一に混ぜて平らに敷き詰めるのが意外と難しい。水が多めだと、巻いたときに崩れてくるので、水のはかり方が特に重要?付属のプラカップに少なくならないように水を入れましょう、と注意があるので、少なくはならないようにしたのだけれど、表面張力で盛り上がるほど…は、入れないほうがよさげ。

唐揚げは難しくない。

ナポリタンは、かなり袋の口を細く切るほうがいい。書いてあるよりちょっと控えめに。細すぎた切り口を大きくするのは難しくはないが、太すぎるのを細くするのは出来ないので、ちょっと細すぎ?ぐらいでいい。

そして、このおべんとうの肝である、パンダおにぎり。これが難しい!
まず、混ぜるのがうまくいかないと、ごはんパーツがうまくまとまらず、ひび割れが。一滴ずつ水を足しながら、まとめる…のだけれども、ごはんパートは割と多めに用意してあるので、トレイに描いてあるパンダの顔より大きくなりやすい。丸ではなくて、俵型に近い横長にまとめたほうがよかったなあ…と思った。

 あと、パンダの耳パーツは、あとから一緒に置くだけでくっつかないので、まん丸になってしまうとパンダっぽくならない。形が耳の形に、どちらかといえばかまぼこの断面みたいな形になるほうがいいかも。

 ごましおの粉をパンダの顔の形の穴に入れるときは、ぎりぎりいっぱいまで入れないこと。散って、そこら中にくっついて、薄汚れた感じになる。ごはんパーツの粘着力で、薄く表面につくだけなので、量は少な目でも、ぎゅっと押し付ければOK。

 ごま塩はこぼれたら、くぼみのほうへ払って入れろ、と書いてあるのだけれど、手で払うと、パンダの顔パーツにいれたごま塩が、ゆれて余計ひどいことになったりして。なので、トレイをしっかり押さえて、道具を使って払ったほうがいい感じがした。私は筆がほしい…と思ったけど、小さい刷毛があったら、もっといいかな…。

 もう一回作ったら絶対もっときれいに出来ると思うのだけれども、このお菓子、味的には、それほど…。
 こうやって作って遊んだものが食べられる、というだけ(こなぷんとはそこが違う)で、食べてしまうと残らないので後始末が楽という点では評価出来ても、味目当てで買うものではないということはわかった。

 ので、これはもう、作らないと思う、思うけど。もうちょっと何とかならなかったのかなあ…という悔しさの残った体験だった。


日本語にない単語

procrastinator。この単語は、多分日本語には、1語では存在しない。
これは、物事を先延ばしにする人、それも、「しなきゃいけないことを先延ばしにする人」のこと。

動詞はprocrastinate。プロクラスティネイト、というのがカタカナで書いた発音。


身近な例でいうと、うちの息子。帰ってから、まずおやつを食べ、「宿題、やっておこうね」と一応水は向けてみるのだが、それを、「もうちょっと休んでから」とテレビを見て、「宿題、やらないと後で面倒だよ?」というアドバイスを、「だいじょうぶだからー」…と先延ばしにして、結局習い事だの、家でのお勉強だのをやる時間直前になって、「時間なーい」となってしまうという、ぎりぎりまで延ばしてしまう癖がある人が、つまりprocrastinateする人=Procrastinator、というわけだ。

自分にそういう癖があるというのは、I'm a procrastinator、というわけだが、これはちょっと自虐的というか、あんまり美徳とはされず、どっちかというと欠点ということになっているので、あんまり威張れることではない。

Don't procrastinate!というのを意訳するとしたら、「ぐずぐずするな」であろうか。

名詞はprocrastination。先延ばしにすること。

今日これを書こうと思ったのは、息子が夫に、「先延ばしにしない!」と叱られていたから。
そういやあ、英語だと、Don't procrastinate、だろうなあ…と思って、これとピッタリ同じ意味の言葉が、日本語にはないなあ、と思ったから。

どこの国にも、締め切りぎりぎりまで先延ばしにして、大あわてというか、間に合わなくてどうしようもなくなる人というのは、いるんだろうね。
割とアメリカではよく使われる言葉だったけど、日本の中高では習わなかったと思う。

Top|Next »

HOME

    思ったことを何でも書くゲーマーブログ。リンクはご自由にどうぞ。

    まこ

    Author:まこ
    どこをクリックしても一銭にもならない、ただの主婦の日記帳です。
    ゲーマーで、本好きで、クラフト好きです。

    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    この人とブロともになる